--.

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログを移転しました。新しいブログは下記になります☆
わたしの日常



--/--/-- --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --
今更ですが・・・ニコライ・モロゾフ著の『キス・アンド・クライ』を読了。今だからこそ面白い部分も多々あり、非常に興味深く読みました。

20130421_キスアンドクライ

このブログでもニコライ・モロゾフを以下のように取り上げました。

■高橋大輔、ニコライ・モロゾフともう一度・・・
■興味深い、モロゾフの頭の中を覗きたい。

また、一時期、安藤選手とのコイバナでもワイドショーを騒がせましたね・・・あの時も何考えてんだ、モロゾフ!と叫びそうになりましたが・・・。

その頭の中をこの著書の中で少しだけ覗いたような気がします。

そして思ったこと、モロゾフは自己顕示欲の強い、ナルシストだな、と。ま、そんなこと前から思っていましたが・・・でも、情熱的なコーチというものはすべからくそうなのでしょう。

何せサブタイトルの一つに「生まれながらのコーチ」とあるぐらいですから。。。

そして、色々なところで「?」と思う箇所がありました。そんな話だったっけ?みたいな。amazonのレビューでもそのあたるはやはりつかれていますね。『キス・アンド・クライ』同じくレビューにも書かれているように話半分に読むのが正しい読み方かもしれません。

とはいえ、概ね楽しく読みました。

特に日本人選手の特質、コーチ論、モロゾフとタチアナの関わり等は非常に興味深く眺めました。

http://www.morozov-team.com/ ニコライ・モロゾフのロシア語のページに飛びます☆ちょっとこわひ・・・


話は変わりますが、フィギュアスケートで一番、好きな選手は誰?と聞かれたら、わたしはアレクセイ・ヤグディンと答えます。

アレクセイ・コンスタンティーノヴィチ・ヤグディン(ロシア語: Алексе́й Константи́нович Ягу́дин、ラテン翻字: Alexei Konstantinovich Yagudin、1980年3月18日 - )は、ロシアのプロフィギュアスケーター。愛称はアリョーシャ。ロシア語発音としては「アリクスィェーイ・カンスタンチーナヴィチュ・ヤグーヂン」が近い。
2002年ソルトレイクシティオリンピック男子シングル金メダリスト。世界選手権3連覇を含む優勝4回。


ニコライ・モロゾフはタチアナ・タラソワのアシスタントとして共に働き、ヤグディンにも『Winter』、『仮面の男』などの振り付けを行なっている。そのため、同著ではヤグディンも折にふれて登場するのだが、その箇所が非常に興味深い。

ある段階で私たちが理解したのは、スケーターとしてのアレクセイの本当の目標は、オリンピックで勝つことではないということだった。彼はただたんに、最大のライバルであるエフゲニー・プルシェンコを打ち負かしたかったのだ。ロシアのスケート連盟はつねにプルシェンコを最優先に支援しており、アレクセイはいつも二番手だった。アレクセイはプルシェンコに勝つことで、連盟に自分のほうが上であることを証明したかったのだ。


ヤグディンとプルシェンコの確執。そして、それが競技にもたらす緊張感。痺れたな~それゆえかわたしは今尚、プルシェンコがあんまり好きじゃなかったりするなー・・・すごい天才スケーターだとは思いますが。。。


Alexei Yagudin 2002 Olympics sp "Winter"




関連記事

ブログを移転しました。新しいブログは下記になります☆
わたしの日常



2013/04/21 20:03 [edit]

category: スポーツ。

thread: フィギュアスケート - janre: スポーツ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://30overmylife.blog114.fc2.com/tb.php/967-95663bc2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログを移転しました。

プロフィール

検索フォーム

意識して生活したい。

記事カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

リンク

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。