--.

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログを移転しました。新しいブログは下記になります☆
わたしの日常



--/--/-- --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

Sat.

■言葉、その難しさ。  

ちょっと毒っぽい内容になります。。。


そういえば、昨夜の■友との話。でもチラット触れたこと。


正直、それぞれのライフスタイルの違い、価値観の違い、興味関心の違いにズレが出てきているんだけれど、それでも共に過ごした学生時代の思い出がある限り、一緒に歩いていけそうな気がします。



とかなんとか書きましたが、やはりライフスタイルの違い、価値観の違い、興味関心の違いは大きなズレですね。

わたしと友人の間には長年の付き合いの仲でなんだかなぁなぁで済まされている感じなところがあります。まぁ、少々のズレとか「?」はまぁ、この子はこんな子だから・・・みたいなノリというか慣れた感覚というか、なぁなぁ感覚というか。

そして、互いに相手の境界線を知り尽くしている感じがあります。


しかーし、しかし、学生時代の友人と久しぶりに再会したら?


みたいな話になりました。

友人は最近、その状況に遭遇しました。そして、話を通していく中で「カチン」、「ムカッ」とくることが多かった様子。。。そして、結論として。



「幸せで満ち足りた専業主婦というのはなんだかねー・・・」


という話に。。。

そう、その「カチン」、「ムカッ」と友人はいずれも子供3~4人いる専業主婦の友人。

一人で子供を育てている友人に「すごいね!」「えらい!」「格好いい~」「わたしたちできないよね」と褒めているのか、尊敬しているのか、それとも・・・なんだか微妙なセリフの連発だった様子。

友人は好き好んで一人になったわけじゃない。。。

お互いに声に出さないでため息を付き合った瞬間なのでした。



ふと思い出したのが、田辺聖子さんの小説、『九時まで待って』の一文を思い出しました。


そして、にやりと笑って、
「幸せなオクサンは、鈍いはずですがねえ」
という。彼にいわせると、女というものは幸福であればあるほど、奉職した人のようにどんよりとして、何も見えず、何も聞こえない、半睡半眠というか、眠ったようなさめているような、目の前で手を振っても気がつかない、霞のかかったような不可解な表情で、
「口もとは、だらしなく、いつもほほえみを浮べてる、という格好でしてね」
と尾瀬がいうものだから、わたしは笑わずにはいられなかった。



読んだその時もなんだか妙に納得したものですが、昨夜も妙にリアルに納得しました。。。


つくづく立場が異なると女の関係は難しい。



関連記事

ブログを移転しました。新しいブログは下記になります☆
わたしの日常



2013/04/20 20:55 [edit]

category: 女友達。

thread: 頑張れ!主婦!! - janre: 結婚・家庭生活

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://30overmylife.blog114.fc2.com/tb.php/966-a6ef937a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログを移転しました。

プロフィール

検索フォーム

意識して生活したい。

記事カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

リンク

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。