--.

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログを移転しました。新しいブログは下記になります☆
わたしの日常



--/--/-- --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

Sat.

■身も蓋もない。  

結婚すれば情がわく。


らしい。


お見合い相手と抜き差しならぬところまで追い込まれようとしている友人。

とっとと断ることをオススメしているのだが、ご母堂との戦いがなかなか激しく、厳しいらしい。お見合いはすべからく母上経由のもの。

今まではそれをノラリクラリとかわしていたが、いい加減、ご母堂は痺れを切らし、今のお見合い相手を猛烈にプッシュしてくるそう。

話を聞いていると悪い男ではない、と思うが・・・いくら、わたしがそう思っても本人が気に入らないと進むものも進まない。で、彼女は進めたくない。が、ご母堂は進めたい。そして、お見合い相手も進めたい。


この絶妙なタッグ。

彼女は息切れを起こし、「好きでもない男と結婚できるか!」と叫んでみると、ご母堂は「わたしはしたわよ!」と強烈なパンチを繰り出してきたらしい・・・汗。

曰く、



あんたの父さんのこと、好きでもなかったけれど、婿養子に入ってくれる、と言ったから結婚したわよ。好きだけでは結婚できない。ちゃんとした仕事があり、ちゃんとした生活をやっていけるだけの経済力のある男なら何の文句もない。結婚したらイヤでもがわく、情が。



素晴らしい。

いっさいの反撃を許さない、その鉄壁の理論。そう、昔はそうだったんだよなーと友人と二人してしみじみ。


考えてみれば、わたしの両親も祖父母もお見合い結婚だったわ。

とはいえ、若き日の祖父は絶世の美男(写真みたらびっくらこくほどハンサムだったwww)で祖母はその姿にイチコロになったらしいし。

我が母は元々、父の上司の見合い相手であり、父はその見合いの場で運転手を務めていたのだ。それがどう巡り巡ったのか、母は見合い相手よりも父を選んだ、というロマンティックな(?)エピソードがある。もちろん、父は絶世の美男であった祖父の遺伝子をちょこっとだけ引きついでいましたが・・・残念ながら外見はいたってフツーの男。父と母が互いにどこにひかれあったのかわたしには甚だ不明であるwww


でも、当時はお見合いをして深く知ることなくインスピレーションと流れで結婚した。それがよかったのか悪かったのかどうかは分からないが、悩む間もなく結婚できたのだ。

しかし、現在は違う。

ひとたびお見合いをすれば、メール交換やら電話やらデートやらでやたらと相手のことを考察する機会が山ほどある。

ええ、認めます、友人は考えすぎているのであろう。

でも、わたしも彼女というフィルターを通して、お見合い相手の男を生理的に受け付けない・・・悪い人だとは思わないけれど、生涯を共にしたくなひorz


それにしても今回の話で衝撃的だったのは、ご母堂の口からはっきりと明確に「夫のことが好きでなかった」と告げられたこと。

いや、もう、友人と二人してほんま「なんだかなぁ・・・」と辟易しちゃいました。娘の立場からするとそんな真実、知りたくないよなぁ・・・でも、そんな真実を口にしてしまったほどご母堂は一人娘の結婚話にせっぱ詰まっているのであろうか。。。


結婚はロマンスじゃない、恋愛じゃない、生活だ。

ええ、もちろん、分かっています。分かっています、とも。

でも、ご母堂の指南に従えば、すなわち、結婚生活にほんの少しのロマンスを求めることも許されないのか、とグルグルと考え込んでしまいました。




関連記事

ブログを移転しました。新しいブログは下記になります☆
わたしの日常



2013/03/23 15:16 [edit]

category: 女友達。

thread: つぶやき。独り言・・。 - janre: 結婚・家庭生活

tb: 0   cm: 2

コメント

最近ねぇ、やたらと耳にする言葉があるの。。。

「誰と結婚しても同じ。」

仲良くしてもらってるマダムにはいつも言われてますが
先日は再婚を経験された人にもしみじみ言われ
今日は母に言われました。
それほど愚痴ってるつもりはないんですけどねぇ。
むしろ、うちの旦那は扱いやすいほうだと思ってますw

こんなこと言うと、それこそ身も蓋もないですけど
ダメ元でいっぺん結婚してみたらどうでしょう。。
逆に親の反対を押し切ってした結婚なら
泣き言いって帰るわけにはいきませんが
親が勝手にすすめた結婚なら・・・・・
いやいや、ダメになることを前提なんて間違ってますよねぇ。。
しかし、結婚って誰のために何のためにするんでしょうね。

URL | おりーぶ #L4MO9RpY | 2013/03/24 18:25 | edit

おりーぶさん

わたしもそう思います。
一度、結婚しちゃえばこんなもんか、と思うよねーきっと。

「誰と結婚しても同じ。」

かどうかは分からないけれど、結婚生活を楽しめるかどうか基本的には自分の気持ちの受け止め方の問題ですよね。
そういう意味では相手が誰でも同じなのかなー・・・

ほんま結婚って誰のためにするんでしょうか。
親のためではないはずなんだけれど、結果として親が喜ぶ部分もあるわけで。。。少なからず親のためというのもあるのかなー

おりーぶさんの旦那さんは優しい、おおらかな人というイメージです。料理もうまいし、ちょっと憧れておりますのよwww

URL | snowwhite #- | 2013/03/24 19:13 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://30overmylife.blog114.fc2.com/tb.php/923-d8adbe76
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログを移転しました。

プロフィール

検索フォーム

意識して生活したい。

記事カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

リンク

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。