--.

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログを移転しました。新しいブログは下記になります☆
わたしの日常



--/--/-- --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --
年始、amazonのマーケットプレイスで注文をしていた『煩悩リセット稽古帖』が到着しました。早速、かぶりつくようにして読んでいますが、この本はちょっとわたしには難しいかも。なかなか頭の中にはいってきません・・・

基本的に文章は平易。

でも、頭にすんなりと入ってこない、何故?と思っていると一つ一つの言葉の意味を理解してからだな、と気づきました。

そもそも煩悩とは何なのか?という基本的なことから躓いています。

年末にかけて■煩悩断捨離。をやっていたのに、煩悩のなんたるかを理解していないとは!こはいかほどに!!笑

家出空間より拝借

この右のマンガは家出空間より拝借しました。

煩悩リセット稽古帖』はこのようなマンガと共に著者の小池龍之介さん流煩脳との向き合い方が綴られています。

妙に身につまされます。

人間の心とはいかにたやすく煩悩に支配されるのか、と。




業(カルマ)と煩悩

業(カルマ) 心の中に蓄えられたエネルギー。波及力がある。
 

誰かに嫉妬するネガティブな煩悩エネルギーをつくりますとき、そこに働いていますのは、他人の成功を拒否しようとするいかりの業(カルマ)です。そのエネルギーはそのまま消えることは決してなく、潜在意識にぐーっとこびりついて蓄えられることになります。


わたしたちを裏から操っている潜在力、それが業(カルマ)。

 snowwhiteメモ 同じものを見ても反応が違うのは何故か?それはその人によって業が異なるから。これからはポジティブ、ないしは平明な心でモノゴトを受け止められるようになりたいと思う・・・


煩悩 業(カルマ)のうち負の業をつくるもので、最も強力なのが煩悩の中の根本煩悩、欲望・いかり・愚痴(まよい)。欲望・いかり・愚痴(まよい)、この3つは心を汚染してストレス源になるということから仏道において三毒と名づけられている。

煩悩とは「煩」わせ「悩」ませると書きますように、まさにわたくしたちの心身にダメージを与え、ストレス源になる毒素です。欲望がないと頑張れないじゃないか、とお思いでしょうか。いえ、欲望と意欲は、別物です。
(一部省略)
煩悩とはすべて、心が頭でつくり出す幻のようなものです。すなわちそれらは、現実の目の前にあるリアルな感覚を離れて、脳内で欲・怒・迷をクルクルと回転させる、脳内自慰のようなものとも申せましょう。


そして、誰もが自分の脳内に引きこもって煩悩にふけるのが好きだ、とも。。。

 snowwhiteメモ つくづく同感する、というかグサリと突きつけられた感じがします。確かにわたしは自分の頭にひきこもるのが好きだわ。そして、昔に比べると他人への寛容性がなく、すぐになんでも攻撃や怒りをぶつけられたと感じるかもしれない。事実はどうであれ、自分がそう思った、ということが重要な感じがあるかもしれません。

 本当に自分の心は意のままにならないもの。でも、自分で自分を攻撃している、疲れさせている、というその事実は認識したいと思う。目の前のものを事実として受け止め、そして、自分の煩悩を少しでも理解したい。それは結果として心の安寧に繋がるような気がします。


いみじくもamazonのレビューにある一文が煩悩を分かりやすく説いてくれています。

煩悩というのは、なにも、出世したいとか、金もうけがしたいとか、長生きしたいとかいうことばかりではなく、日常のそのへんにも転がっているもののようです。「ケーキをもう1個食べたい」(貪欲)とか、「店員の対応が悪いからブログで糾弾してやる!」(瞋恚)とか、「腹が立つことがあってケーキを食べてもおいしくない」(愚痴)とか、私たちは、ちょっとしたことで怒ったり悩んだりして、勝手に気分を不愉快にしています(上記の例は、本書をもとに私が考えたもの)。本書は、そうした日常の煩悩から解放されるための方法を、仏道の考え方に基づいて説いています。


ええ、実に些細なことで・・・!

だからこそ、煩悩は厄介なものなのかもしれません。


すべき
ひょっとして読者の中には、「善や道徳なんかには興味ないもんッ」と思っていらっしゃる方も多いかと思いますが、ほとんどの場合、それは嘘・・・ッ。
とんでもない嘘・・・ッ。
誰もが毎日のごとく、実はこっそり道徳を使っています。ただし、自分を麗しく育てあげるためにではなく、他人に押し付けるために。


痛・・・ッ。

わたくしたちは、知らず知らずのうちに相手に「~すべき」との義務を押し付けています。そして、その義務を果たしていると思えない相手を非難するわけです。


痛・・・ッ。


この本を読んでいると、つくづく怒りも悲しみも屈辱も自分の脳内自慰の結果であることをまざまざと見せ付けられている気分に陥ります。


わたしは宗教にはなんら興味はありません。仏教徒のはずですが、それは習慣としての仏教徒であり、信心なるものは全くないように感じます。

でも、最近、小池さんの本を読んで仏道は勉強してみようかな、と思います。

それも欲に基づいた結果ですが。苦や怒といった感情と向き合い、自分で自分の心を処する術を知ることが出来たら、と思うのです。ま、凡人のわたしにはなかなか難しいと思いますが。心の整理につながればいいと思います。


子供のころ、大人になれば心が平静になるのだ、と思っていました。大人になれば全てが分かり、全てをコントロールできる、と。

でも、いざ、大人になってみると迷いも悩みも苦も色濃くなっていくばかり。そして、わたしはそれらに立ち向かわず、現実逃避をするばかり、ええ、脳内自慰ですね。


巻末の附録として掲載されていた「仏道超入門ミニ講座」が意外と面白かったです。ここでは以下のように記載されています。

今の日本では、すっかり忘れられてしまった本来の仏道とは、煩悩(ストレス)の仕組みを知り尽くして、それをリセットするためのレシピ集のようなものです。


と。

仏道とは精神トレーニングメソッドだそう。

ウダウダと悩み多きわたしにはいいかもしれないなーと笑。


小池さんの本を読むといつも思うのですが、淡々と生きる、ことの難しさ。表面上は生きているようでも内面は・・・とか考えます。


心は淡々と。そして、顔には穏やかな笑み。


これが今のわたしのささやかな、といいますか、難しい望みです。


【楽天】 【送料無料】煩悩リセット稽古帖 [ 小池 龍之介 ]
【amazon】 煩悩リセット稽古帖
関連記事

ブログを移転しました。新しいブログは下記になります☆
わたしの日常



2013/01/06 09:11 [edit]

category: ■心の整理。

thread: 頑張れ自分! - janre: 結婚・家庭生活

tb: 0   cm: 2

コメント

こんにちは☆

遅ればせながら、新年あけましておめでとうございます!!

ブログを通じて、snowwhiteさんと交流できるようになったことに感謝です(*^^*)
2013年もどうぞよろしくお願いします。
ブロとも申請もありがとうございました♪

今日気付いたんですが、snowwhiteさんはいくつかブログを運営されているんですね!
その上に、いつも内容の濃い記事でスゴイです。
知らないことがたくさんあるので、勉強させていただいております。
「煩悩」は、私も詳しいことを知らずに口にしていました(汗)
今回の記事を読みましたが、深く理解するのは難しいですね(^_^;)
できることからボチボチやっていきたいと思います!

URL | くるみもち #- | 2013/01/06 15:43 | edit

くるみもちさん

こちらこそ今年も宜しくお願いします。
煩悩断捨離は色々と考えるきっかけになり、こちらこそ感謝しまくりです。

そう、色々と運営をしております笑
気の迷いが多いもので・・・
くるみもちの一つの目的に邁進する、計画をたてる精神は大いに見習いたいところです。

URL | snowwhite #- | 2013/01/06 19:31 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://30overmylife.blog114.fc2.com/tb.php/822-9df77bcb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログを移転しました。

プロフィール

検索フォーム

意識して生活したい。

記事カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

リンク

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。