--.

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログを移転しました。新しいブログは下記になります☆
わたしの日常



--/--/-- --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

Mon.

■天香久山にはいりました。  

日曜日、歩く・ならに掲載されていました「大和三山に見守られし藤原宮へ」コースを歩きました。コースの詳細は下記。PDFで表示されます。

http://www.pref.nara.jp/miryoku/aruku/kikimanyo/route_manyo/m03/map_m03.pdf




香具山といえば、やはり、コレ、持統天皇が詠まれた・・・

春過ぎて 夏来るらし 白栲の 衣干したり 天の香具山 



藤原宮から見えた景色なのでしょうか。一度、見てみたいものです、わたしも。

香具山2

香具山1

こんな道を歩きます。基本的には整備されていますので歩きやすい道です。普通のウォーキングシューズでなんら問題はありません。

香具山の頂上から見た畝傍山。

香具山

香具山3

大和三山の一つである香久山(『古事記』『日本書紀』『万葉集』では「香具山」などと表記)は、標高約152mで、三山の中でもっともなだらかな稜線を描く。古代から「天」をつけて呼称されるほど、神聖視されてきた。
国をほめたたえ、豊作を祈念する「国見」を香久山で行った歌が万葉集に残る。香久山の上からは大和の国が広く見渡せたであろう。
舒明天皇は、②「大和には山が連なっているけれど、とりわけて立派な香具山に登り、その頂に立って国見をすると、広い平原には一面に炊煙が立っている。広い水面には鷗が多く飛び立っている。美しい国よ、蜻蛉島大和の国は」。ここから海は見えないが、天皇は香久山に立ち、大和だけではなく、日本全体を見ていたのかもしれない。
ところで、香久山と耳成山、畝傍山はそれぞれ男女に例えられることがある。万葉集には、大和三山が神代に恋争いをしたという歌があるが、これは中大兄皇子と弟の大海人皇子との額田王をめぐる恋争いを、大和三山に託したもの、という説もある。


山中では本当に誰とも出会いませんでした。静か、本当に静かでした。

普段から人の姿は少ないのでしょうか。そのためかやや虫が多くて、それにやたらと気をとられました汗。とはいえ、それほど長い距離を歩くわけではありませんし、整備もきちんとされていますので、それほど苦にならず歩けます。


余談になりますが、わたしは額田王が大好きです。彼女と大海人皇子(後の天武天皇)の恋歌がステキすぎます。

茜指す 紫野行き 標野行き 野守は見ずや 君が袖振る



それに対して大海人皇子は・・・

紫の匂へる 妹を憎くあらば 人妻ゆゑに 我恋ひめやも



時の権力者、天智天皇の寵愛を受けていたとされる額田王と政治的に微妙な立ち位置にいたとされる大海人皇子の間で交わされた思い。想像するだけでドラマティックですね!


ともあれ、これで大和三山制覇だわ!

香具山4

藤原宮跡から眺める香具山。



奈良県橿原市南浦町
拝観料等 無し。誰でも自由に参拝ができます。




こちらも参考に。
かしはら探訪ナビ 香具山



【送料無料】天上の虹(1) [ 里中満智子 ]

【送料無料】天上の虹(1) [ 里中満智子 ]
価格:662円(税込、送料別)




関連記事

ブログを移転しました。新しいブログは下記になります☆
わたしの日常



2012/10/08 17:14 [edit]

category: 奈良。

thread: 奈良 - janre: 地域情報

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://30overmylife.blog114.fc2.com/tb.php/730-154a64dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログを移転しました。

プロフィール

検索フォーム

意識して生活したい。

記事カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

リンク

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。