--.

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログを移転しました。新しいブログは下記になります☆
わたしの日常



--/--/-- --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --
与謝野晶子訳『源氏物語』を読んでおります。





kindle本です。

電子ブックには懐疑的だったわたしですが、最近はよく電子ブックを読んでいます。そのきっかけはこの与謝野晶子訳の『源氏物語』にあったように感じます。



『源氏物語』とは。


『源氏物語』は11世紀初め、平安時代半ばに書かれた全五十四帖からなる長篇小説です。
紫式部という女性が書いたこの物語は、王朝物語の名作として後の作品に大きな影響を与え、現代に至るまで多くの人に愛されてきました。

物語は三部構成になっており、第一部は「光源氏(ひかるげんじ)が誕生し、栄華を極める」までの三十三帖、第二部は「その光源氏が、苦悩のうちに生涯を終えようとする」までの八帖、第三部は「その子の薫(かおる)の半生を、悲恋とともに描いた」十三帖です。
特に最後の十帖は、宇治が主な舞台となっているため、「宇治十帖」と呼ばれています。

http://www.uji-genji.jp/genji/


全五十四帖。

これだけではピンっときませんが、文庫本を目の前にすると愕然とします。『源氏物語』がこんなにボリュームがあるのか!と。

例えば・・・現在、わたしが読んでいる与謝野晶子訳。文庫本にすると、上(462p)中(479p)下(462p)とあります。単純に考えても1500p以上!どうしても分厚く、重たくなります。

それが電子本になると・・・



そこに登場した電子本。


わたしはnexus5かkindleで読んでいます。

電子書籍になると本当に軽く、スムーズに読むことが出来ます。目次も章も容易く把握し、かつ、訪問したいページもすぐに分かります。

何よりもその軽さ、軽快さはステキですね。

そして、47円で購入できる喜び!

もちろん、kindleでは無料版もありますが、1章ずつ入手する手間と煩わしさ。それを思うと、長大な『源氏物語』をここまで綺麗にまとめてくれていることを思えば、47円ぐらい出します。

本ではどうしても嵩張る宿命だった『源氏物語』が電子書籍になると本当に軽くなるんだな、と妙に感動したものです。



『源氏物語』、どの訳がお好き?


訳者によって雰囲気に多少違うところがあります。

その中で自分好みの訳を見つけるのもまた楽しみの一つですね。


 → Amazonで『源氏物語』を読む。
 

わたしは『源氏物語』を基にした漫画の『あさきゆめみし』から入りました。なので、わたしの中で『源氏物語』の世界観は『あさきゆめみし』と同じなんですよねー

小説では田辺聖子さんの訳が読みやすくて好きですね。現在、読んでいる与謝野晶子さんの訳も非常に現代的で読みやすいです。個人的なイメージとして原作に忠実な印象を受けます。いつか円地文子さんの訳に触れてみたいなぁ、と夢を描いております。


 → Amazonで『あさきゆめみし』をチェックする。


関連記事

ブログを移転しました。新しいブログは下記になります☆
わたしの日常



2014/09/20 22:00 [edit]

category: 読書。

thread: 読書感想 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://30overmylife.blog114.fc2.com/tb.php/1765-3825300e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログを移転しました。

プロフィール

検索フォーム

意識して生活したい。

記事カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

リンク

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。