さて、湯シャン(シャワーの湯だけで髪を洗う)は順調に続いております。

 → ■軽い気持ちで湯シャン → 意外とイケる。

それに関連して、無印良品にて木柄ブラッシングブラシ・大 (新)全長約21cmを購入しました。


20140715_獣毛ブラシ


で、早速使ってみましたが新鮮な感触ですね。髪に艶が出そうだな、と思いました。口コミなどを拝見しているとそういう効果もあるんですね~

 → @コスメ  無印良品 木柄ブラッシングブラシ

で、使いながら思ったこと。


これってどうやってお手入れをするの?


・・・今更?


googleさんに聞いてみる。


獣毛ブラシ、お手入れで検索をかけるといろいろとヒットしました。

第322号 どうしてますか。ヘアブラシの洗い方によりますと・・・

■基本の洗い方は 
 1.ぬるま湯に浸し、ブラシの毛を手ぬぐいや綿手袋、ペーパータオルでぬぐうように洗います。石けんなどの洗浄剤は使用しないでください。
 2.ブラシに付着している汚れや髪の毛が気になるときは、歯ブラシや汚れ落とし専用のブラシを使って、お湯の中で毛をとかすようにしましょう。
 3.洗った後は水分をよく拭き取り、日陰で毛先を下にして乾かしてください。
  ※汚れがひどい場合は、抗菌剤、柔軟剤不使用のサウンドスタイルの中性洗剤を溶かしたぬるま湯で洗ってください。

 以上は獣毛ブラシを前提としています。
 柄の部分が木製のものは毎日洗っていると割れてしまいます。
 注意しましょう。 


と記載されています。概ね、想像通りなので、柄の部分が木製のものは割れてしまいます、という表現。わたしが購入したものは木製・・・汗。

また、こちらのサイトに記載されている内容も参考になりました。獣毛ブラシはやはり洗わない前提なんですよねwww

ちなみに獣毛系のヘアブラシは水洗いしないことが原則です。

水分によりカビが発生したり毛が抜けてしまったりハンドル部分にヒビ割れが起こる可能性があります。あと動物独特の臭いがしてしまいます。


それでも洗わないのは不潔感があり嫌だ!と思う方もいらっしゃると思うので水洗いの方法もあわせてご紹介しておきます。

まず自分の髪と同様にシャンプーをつけます。(シャンプーはなるべく刺激の少ないアミノ酸系にしましょう)

そして洗面器に溜めた水かぬるま湯で振り洗いします。
ゴシゴシこすると毛が痛むので注意。

次に泡立てたシャンプーを小さなブラシクリーナーにつけ植毛部を丁寧に掃除していきます。細かな埃は爪楊枝などで取り除きましょう。

終わったら水でしっかりすすぎ、綺麗なタオルで水気を吸い取ります。

最後にタオルの上にブラシをおいて乾かします。

植毛部に水分がたまらないよう必ず毛先を「下」にして置きましょう。

そして直射日光やドライヤーで乾かすとヒビ割れの原因になってしまいますので
日陰において自然乾燥させてください。


なるほど、毛先を「下」に置くのがポイントなのね。

また、湯シャンでは獣毛ブラシは何種類か用意して使い分けたほうが賢明かも、と思いました。毎日、使うものなので・・・小さい方、というか安いものをもう一本追加で購入しようかな~と思うわたしなのでした。



湯シャンについて。


当初に比べると頭皮部分の髪の毛がつやつやに・・・

これって頭皮の油汚れが落ちていないってことかなぁ~とちょっとびびっております。今夜は洗う前にこのブラシで3分ぐらいブラッシングをします・・・はい、頑張ります。


個人的メモ 第208号 ツヤが出る?『獣毛ブラシ活用術』の秘密 洗い方がかなり参考になる。




関連記事

ブログを移転しました。新しいブログは下記になります☆
わたしの日常



2014/07/18 17:53 [edit]

category: 美容。

thread: 頑張れ自分! - janre: 結婚・家庭生活

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://30overmylife.blog114.fc2.com/tb.php/1686-df4e0b0f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログを移転しました。

プロフィール

検索フォーム

意識して生活したい。

記事カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

リンク

▲Page top