--.

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログを移転しました。新しいブログは下記になります☆
わたしの日常



--/--/-- --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --
電子書籍。

登場した当初は「ええ、端末で本を読む・・・ちょっと雰囲気がないよね~」と抵抗感を感じていましたが、現実にはわたしも電子書籍を愛用しています。わたしの端末はKindleとNexusですが。




Nexus5ではやはり画面が小さいですが、外出先でも気軽に読めるという点が気に入っています。また、電子書籍は思い立った時に本が購入でき、すぐに読むことができる、というメリットも大きいですね。

が、個人的に本はやはり紙ベースで購入をしますね・・・その紙ベースの本も書店での購入よりもネット通販が中心です。わたしのベースがインターネットにあるんでしょうね~汗。



その電子書籍を店頭販売!?


その電子書籍を店頭で販売する様子。

電子書籍を店頭で販売???

下記の記事にも書かれているように電子書籍の売りの一つは、どこでも本が買えること。なぜわざわざリアル書店で販売するのだろうか?本当に何故でしょうか?

電子書籍、わざわざ店頭販売…出版業界の狙いは
 書店で電子書籍のカードを陳列販売する実証事業が、東京・秋葉原など4か所で行われている。実際の書店と、インターネット配信で電子書籍を販売する複数の電子書店とが共同で行う初の試みという。だが、電子書籍の売りの一つは、どこでも本が買えること。なぜわざわざリアル書店で販売するのだろうか?(小林佑基)

 有隣堂ヨドバシAKIBA店。文庫本サイズの電子書籍販売用カード「BooCa(ブッカ)」が約2100タイトル分も並んでいて壮観だ。33の出版社が参加して漫画や新刊小説などを出し、池井戸潤さんや山崎豊子さんらの人気作品も多い。ブッカの表面は本の表紙が印刷され、裏面にはバーコードや価格などが記されている。客は購入後、電子書店「楽天kobo」と「BookLive!(ブックライブ)」のうち、好きな方を選んでダウンロードできる。

 この事業は、出版業界の団体で作る「日本出版インフラセンター(JPO)」が、書店活性化のために作った「フューチャー・ブックストア・フォーラム」が行う取り組みの一つ。ほかに、三省堂書店神保町本店(東京都)、豊川堂カルミア店(愛知県)、今井書店本の学校今井ブックセンター(鳥取県)も参加する。

 6月16日から11月21日までの事業だが、JPOは終了後も続け、参加するリアル書店や電子書店を募る方針だ。この事業に合わせ、講談社は7月から、月に数点ずつの電子書籍を楽天とブックライブで先行販売。PHP研究所も、紙の本が存在しない電子書籍(ボーンデジタル)を両電子書店で先行販売する。

 だが、どうして電子書籍をリアル書店で販売するのだろうか。JPOの永井祥一専務理事は、「(現在の)電子書籍の選び方は読書の幅を狭める一面がある」と説明する。つまり、自分で本を検索する電子書籍の場合、たまたま見かけて購入するということが起こりにくいというのだ。こうした予期せぬ発見を、カードの陳列販売によって演出するのが今回の狙いだ。

 また、電子書籍の未利用者らに書店員が使い方を教えたり、利用を勧めたりする目的もある。さらに、紙の書籍と割引した電子書籍のセット販売など、新たな販売方法の確立も視野に入れている。

 だが、事業の基礎となる2012年の調査報告書には、厳しい現実も。読書好きの約1000人に対するアンケートでは、「書店で本を見た上で、電子書籍を店頭でダウンロードできたらどう感じるか」との質問に対し、最多の回答は「書店に行ってまでダウンロードしようとは思わない」(34・1%)。「ぜひ利用したい」は5・6%にとどまった。「電子書籍を利用したいと思わない」(28・4%)「分からない」(21・1%)と答えた人々へのアピールが、成功の鍵となりそうだ。

 それでも関係者は強気だ。楽天の舟木徹・上級執行役員は「電子商取引には、パソコンなどの画面に表示の限界があるが、ブッカの陳列棚を見ると、選ぶ楽しみが体験できる。書籍の販売はまだ伸ばせる」と強調。有隣堂の松信健太郎常務も「物理的な問題で、店頭に置きたくても置けない紙の書籍も、ブッカでなら補完できる」と語る。

 有隣堂を訪れた利用客に意見を聞いた。妻が電子書籍を使うという会社員男性(44)は、「最初は『なんで本屋に?』と思ったが、店頭にはない古い本もあって良い」と話す。また、電子書籍を利用している会社員男性(29)も「書店で実物を見てから電子書籍を買う人も多いので、こういう売り方もありかな」と好意的だ。一方で、「慣れているので紙の本が好き。電子書籍は使わない」と話す大学生の女性(23)もいた。

 JPOによれば、これまでの売り上げは予想以上で、書店からは「店頭で電子書籍に興味を持つ客が多く、新たな顧客層開拓の可能性に確信が持てた」との声が寄せられているという。

 電子書籍に詳しい植村八潮・専修大教授は「システム上このままの事業化は難しいが、読者に認知してもらうことが必要。本をよく読む人たちに電子書籍の面白さを知ってもらわなければ」と指摘する。この事業は、出版社や書店の将来を占う重要なテストケースといえそうだ。

2014年07月11日 09時45分


出版社業界、書店業界は今、軒並み苦しい状況にあるようですが、こういう工夫も必要なんでしょうね・・・ま、でも、わたしは書店で電子書籍を購入することはないかなぁ・・・ネットで済ませてしまいますね。



電子書籍のシェア。


ちなみに電子書籍のシェアの割合にもちょっと興味が出て調べてみました。

電子書籍シェアはKindleとiBooksで利用率70%超!

やはり、kindleのシェアが高いですね・・・その次がiBookStore。これiPhoneユーザーが購入しているということでしょうか。iPadかな?

意外だったのはKoboが4位であり、わたしの想像していたよりもシェアがないこと。マルチデバイス対応もしているようですし、楽天ポイントも貯まるんだけれどね~←そういいながらも自分も利用していないwww

でも、日本経済の活性化のために(?)チャレンジをしてみようかな!?


関連記事

ブログを移転しました。新しいブログは下記になります☆
わたしの日常



2014/07/13 15:30 [edit]

category: 読書。

thread: 頑張れ自分! - janre: 結婚・家庭生活

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://30overmylife.blog114.fc2.com/tb.php/1679-ae7e689a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログを移転しました。

プロフィール

検索フォーム

意識して生活したい。

記事カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

リンク

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。