--.

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログを移転しました。新しいブログは下記になります☆
わたしの日常



--/--/-- --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --
昨日、先週の家計をチェックしました。そして、5月の家計状況を確認しました。

はい、そこで誓いました。

今月はもう買い物へ行かない、ということに。

はい、予算オーバーしております・・・遠い目。


20140526_108縁


一応、予定もありますし、既に予約購入しているものもあります。

まぁ、痛いけれど、それらの出費は仕方がないとして、それ以外は使わないことに。それでどこまで乗り越えられるか甚だ怪しいですが・・・6日もありますしね、メインのおかずが足りないかも・・・汗。でも、副菜副菜で乗り越えることを検討したいと思います。実家へ行って、なんかかっぱらってこようと思います!



何故、予算オーバーしたのか?


はぁ、家計簿を振り返るとため息の連続よ。。。


思い付きで購入したサプリメント 5,000円飛んだ → でも、結局返品した。なので0円だがまだ返金されていないので・・・。
外食の機会が多かった → 1回1回は大した金額ではなくてもねぇ・・・重なると痛い
ユニクロや無印良品での洋服購入 → 1回1回は大した金額ではなくてももねぇ・・・重なると痛い
その他の店舗での洋服購入 → ちょっと大物を購入しております・・・痛かったorz
母の日プレゼント → 3,000円×2 痛い


またノー外食の習慣を復活させないといかんね・・・

あと、洋服や衣服関係の購入も真剣にどげんかせんと!これに関しては思い付きではどうにもならんので、対処方法をじっくりと考えたいと思います。

マジで■意識して、財布を開く回数を減らそう。だわ・・・

ちょっと落ち込んだ夜なのでした・・・

・・・と殊勝なことを書きながらも(?)、なでしこジャパン、おめでとー!!!



なでしこジャパン、おでとー!


そう、昨日、なでしこVSオーストラリアの試合を見てハイテンションになり、家計簿でうじうじ悩んでいたのが一気に浮上してしまいました。あかんねーこれ。笑

なでしこ初アジア女王 岩清水決勝弾
<女子アジア杯兼女子W杯アジア予選:日本1-0オーストラリア>◇25日◇決勝◇ベトナム・ホーチミン

 なでしこジャパンが、ついにアジアの頂点に立った。日本(FIFAランク3位)は前回大会覇者のオーストラリア(同11位)を下し、14回目の出場で初優勝を飾った。前半28分にDF岩清水梓(27=日テレ)のヘディングで奪った1点を死守した。攻守で躍動した主将のMF宮間あや(29=岡山湯郷)が大会最優秀選手に選ばれた。日本は来年6月開幕のW杯カナダ大会で2連覇を目指す。

 宮間が銀色のアジア杯を夜空に突き上げると、仲間も笑顔一色となった。日本が81年大会に初出場してから33年。5度目の決勝の舞台で、ついにアジアの壁を打ち破った。宮間は「1人でも欠けたら優勝できなかった。本当にみんなの勝利だと思う」と振り返った。

 2トップ右とトップ下の中間地点で先発した宮間が先制点を生んだ。前半28分、自らのセンタリングで得た左CK。ショートコーナーのDF宇津木に短いパスを出すと、宇津木がクロスを上げ、岩清水が頭で2戦連発の先制弾を決めた。後半20分からは交代のMF澤に代わってボランチに下がり、守りに集中。2アシストの準決勝に続く活躍で大会MVPを手にした。

 12年3月のアルガルベ杯から澤に代わって主将に就任した。13年夏の東アジア杯で韓国に敗れ3連覇を逃すと「自分も含めて代表のあるべき姿を見直すべき。ごまかしが利かなくなってきている」と泣いて言った。仲間を叱咤(しった)すると同時に、リーダーとしての力不足を痛感した。

 MF猶本ら5人が初招集された今大会は、主力がオフの日もサブ組の練習に顔を出し、準備や後片付けを手伝った。準決勝翌日の23日は休養を命じられたが、練習に向かう控え組の水分補給用ペットボトル1つ1つに激励メッセージを書き込み、送り出した。前日24日は佐々木監督の56歳の誕生日。選手は誕生日ケーキを用意し、FW丸山の一発芸で笑いに包まれるなど、雰囲気も最高潮だった。

 「優勝は目標だったけど、私たちはW杯で優勝している。来年に向けてやるべきことはまだまだ多い」と宮間。強敵ぞろいのアジアを制して7大会連続のW杯に出場する。あと1年。ベテランと若手の融合という課題と向き合いながら日本は再び世界に挑む。

 ◆女子アジア杯 前身の女子アジア選手権は75年に創設。86年にアジアサッカー連盟(AFC)が主催し、06年から現在の大会名に。10年まで基本は2年に1度の開催が、今回から4年に変更。最多優勝は中国の8回。

 ◆女子W杯カナダ大会 15年6月6日から7月5日にかけて、カナダの6都市で開催される。24カ国が出場し、6組4カ国に分かれ1次リーグを行い各組2位以上が決勝トーナメントに進出する。開催国カナダ以外の各地域の出場枠は欧州8、アジア5、北中米カリブ海3・5、アフリカ3、南米2・5、オセアニア1。アジアは日本、オーストラリア、韓国、中国、タイが出場する。すでに予選が始まったアジアと欧州以外の地域は今秋に行われる。

 [2014年5月26日7時11分 紙面から]


いやー互いに際どいシーンを作りながらも、決定打を決められない展開で・・・前半の終盤、ようやく動いたものの、その後も際どいシーンの連続ばっかり。

ハラハラさせられましたなぁ。

でも、初優勝の瞬間を見ることが出来てよかったです!


おめでとう、なでしこジャパン!


関連記事

ブログを移転しました。新しいブログは下記になります☆
わたしの日常



2014/05/26 10:49 [edit]

category: 節約。

thread: 頑張れ!主婦!! - janre: 結婚・家庭生活

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://30overmylife.blog114.fc2.com/tb.php/1623-520e4ee9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログを移転しました。

プロフィール

検索フォーム

意識して生活したい。

記事カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

リンク

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。