--.

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログを移転しました。新しいブログは下記になります☆
わたしの日常



--/--/-- --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

Sun.

■節約のためには美を捨てよ。  

表題通り。

いつ頃か忘れたのですが、とある節約ブロガーさんのところで読んだ内容が非常にインパクトありました。彼女のブログは現在も愛読しておりますが、愛読のきっかけが表題のような内容を描いた記事でした。

曰く、


 節約道の前に美はない。美の前に節約はない。


みたいな概念でしょうか。

化粧品なるものは化粧品会社の戦略による無駄であり、ファッションは最低限(冬はトレーナー1枚!?、1年中1本のジーンズをはきまわす)、靴は履きつぶすまで、美容院はノー!となんていうか当時のわたしにはカルチャーショックを受けるような内容でした。

現在もカルチャーショックを受ける内容ですが。


そう、基本的に彼女はブログを通して・・・


 節約のためにはこだわりを捨てて、生活のレベルを落とす。そうしないと貯まるものも貯まらない。


という強烈なメッセージを訴えております。

そう、「ちょっと高価でも本当に欲しいものを手に入れよう」という少数精鋭型の節約とは一家言異なります。はっきりと「節約の前にそんなくだらないこだわりを捨てよ」と大々的に打ち出してきています。それが何気にわたしには新鮮かも・・・

そして、わたしは緩みがちな財布を戒めるために、彼女のブログを拝見し、胸に釘をうち、へたれ、そして起き上がる、ということを繰り返しております。笑。ちょっとしたハイアンドローを味わうことが出来ます。宗教がかっておる。

特に冬はトレーナー1枚でよい、は強烈だったな~。



彼女の考えは理解できる、が。


ええ、彼女の考えは大いに理解できます。

素晴らしい信念と1本筋が通った理屈にただただもうひれ伏すしかありません。これだけ節約をしているんだから、ここで自分にご褒美♪なんてものは一切なく、生活のすべてが節約。素晴らしい。

そして、思うのです。

わたしには出来ない。

と。

彼女のように生きることはわたしには出来ない。彼女の信念には胸震えるけれど、わたしには出来ない。ええ、何度でも書きます、わたしには出来ません。


20140420_コイン


「節約、それがわたし」「節約、それはわたしの生きがい」「節約、それがわたしの人生」

スローガンを唱えることはできても・・情けないことに、白旗を掲げます。ハイ。


だからこそ、わたしは彼女のブログをチェックせずにはいられない。

「ああ、彼女はこんなに節約が出来て、何故、わたしには出来ないんだろう・・・」と胸に釘をグサリグサリと突き刺しながら、彼女のブログをチェックしてしまいます。すごい刺激を感じます。いい意味でも悪い意味でも。



そして、表題、「節約のために美を捨てよ」。


とか書きながらも、彼女も「白髪染めはやめられないんだよねぇ・・・」と書かれており、なんだか人間味を感じたりすのですが。笑

先日、■小林製薬さんのヒフミド使用3か月目に入ります!と書きましたが、このヒフミドを注文するたびに「節約のために美を捨てよ」スローガンが頭の中で華々しいファンファーレと共に過ります。だって、ヒフミドを買わないと1万円弱が節約できるのよ!と。

この春、帽子を3個購入すると、「冬はトレーナー1枚で過ごせよ」というスローガンが頭の中を過りました。。。帽子3個で1万円弱が消えていっているのよ!と。


そう、節約するうえで、美容やファッションは大いなる障害になる可能性は多大にあると思います。

己を振り返って考えてもそれをしみじみと実感します。美容やファッション、そこにはある種のわたしのかってな見栄と浪費、そして満足感があります。

見栄と浪費、満足感。

それが財布を開かせてしまうもの。。。


以前までのわたしなら・・・

お金は私たちに豊かさを与えてくれます。貯めることに重きを置いてしまうと、このような自己を豊かにすることや向上につながること、経験値を高めることから離れてしまい、豊かな人生を送れなくなってしまいます。


というような、甘い誘惑を含んだ言葉に大いに頷いていたでしょう。そうよ、これは浪費じゃない、投資だわ、と。でも、今のわたしは非常に揺らいでいることを感じます。

毎週末、家計簿をチェックしながら、投資と浪費など色分けをしているのですが、その境目が自分の中で少しずつ変わってきています。



そして、節約のためにはこだわりを捨てよ。


表題では「美を捨てよ」と書きましたが、基本的には美だけに限らず生活における「こだわりを捨てよ」、ということを示しているのだと思っています。


こだわりを捨てる。


でも、よく考えると彼女は「こだわりを捨てる」というこだわりを持っているんでしょうね。


個人的には「こだわりを捨てる」というこだわりは難しいかもしれませんが、でも、こだわりを取捨選択することはできるかな、と思います。

生活の中におけるこだわり。気づかない間に身に着けてしまっているこだわり。それを見直すこと。そして、その中で手放すことのできるこだわり、手放すことのできないこだわり、そんなものを見直そう、そんなことをツラツラと考えました。

わたしにとって、美へのこだわりはなかなか捨てることができそうにない。でも、一方で捨てられるこだわりもあることを家計簿を振り返りながらしみじみと感じいります。


節約のために捨てるこだわり。そして、節約のためのこだわり。



※申し訳ありませんが、今回とり上げたブログタイトルやURLは紹介しません。あしからず。


関連記事

ブログを移転しました。新しいブログは下記になります☆
わたしの日常



2014/04/20 16:00 [edit]

category: ■心の整理。

thread: 頑張れ!主婦!! - janre: 結婚・家庭生活

tb: 0   cm: 2

コメント

相互リンク、こちらこそお願いしますm(__)m

実はこれでもかなり人見知りで・・・なかなか自分から
言い出せない方なのでありがとうございました。

URL | ZUN #NkOZRVVI | 2014/04/20 23:04 | edit

ZUNさん

緊張しますよね~
こちらこそこれからもよろしくお願いします♪

URL | snowwhite #- | 2014/04/21 06:17 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://30overmylife.blog114.fc2.com/tb.php/1564-5f844014
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログを移転しました。

プロフィール

検索フォーム

意識して生活したい。

記事カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

リンク

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。