--.

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログを移転しました。新しいブログは下記になります☆
わたしの日常



--/--/-- --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --
先日、書店で衝動買いした『年収300万円でも絶対貯まる! 脳タイプ別ハッピー貯金生活』によると、右脳×男脳タイプは・・・

好奇心が強く、おもしろそうなことやモノが大好きです。気持ちのおもむくままに行動し、「ほしい」と思ったらガマンできなくて衝動買いをしてしまいます。こうしたいわば子どものような性格が「右脳×男脳タイプ」と言えるでしょう。


この箇所以外にも思い当たるところが多々あり、胸がアタタ・・・と悲鳴をあげております。



タイプ別に分類する。


まずは男脳か女脳タイプか。

そして、右脳か左脳タイプか。

そして、それぞれのタイプ別の節約に対するアプローチ方法が提案されています。

そのタイプ別による貯金生活がなかなか頷けるものがありました。ということはわたしのタイプに関してなかなか当たってる感じだった、ということなんですが・・・



わたしは右脳×男脳タイプ。


はい、わたしは右脳×男脳タイプに分類されました。で、これが痛かった・・・orz

〔家計の傾向〕
ブランドや嗜好にお金をかけ、自分にうっとりとするクジャクタイプ。


(゚∀。)アヒャ ・・・なんかデジャブが・・・遠い目。

人と同じが嫌いで、自分の個性や感性にこだわります。グループで周囲に合わせて行動するより、ひとりで好きなことをしている方が好き。周囲から「変わっているね」と言われると落ち込むより嬉しくなります。
このタイプの行動を決めるのは、直観。趣味でも嗜好品でも、いったん気に入ると、一直線につき進みます。男性ならカメラ、パソコンやパソコンの周辺機器、工具、カーアクセサリーなど。女性なら、ブランドの服やファショングッズなどを次々に買い集めたり、エステやスポーツジムに熱心に通ったり。特にエステやジムのように効果が見えるものは、変わっていく自分が楽しくてますますのめりこみます。
当然貯金はできないのですあ、「わたしにとってこれは投資」と信じているので、気になりません。買い集めたカメラのレンズを磨いている自分、好きなブランドで着飾った自分にうっとりするナルシストの一面もあります。


(゚∀。)アヒャ ・・・なんか胸にグサリグサリと何かが・・・「投資」と信じられる時期は通り過ぎました。

ふだんの買い物でも、好き・嫌いがモノサシになりがち。例えば、せっかく冷蔵庫の在庫をチェックして、「豚肉と白菜、ネギがあるから、今夜はお鍋にしよう」と決めて買い物に出かけても、スーパーでおいしそうな刺身を見つけると「食べたい!」とすぐに路線変更。


┐(-д-`;)┌ ヤレヤレ

・・・ってか、まんまこれと同じことをわたしはした記憶があるわ・・・(ノД`)アイター

わたしは鍋にお刺身を追加したけれどね・・・

自分でもお金の使い方のバランスが悪いのは薄々気がついていますが、それを家族や友人などに指摘されると反発して、直そうとしません。反面、おだてに弱く、パートナーに「お金の使い方が上手」などと言われると、すっかりその気になって気分よくやりくりにはげみます。


il||li (つω-`*)il||li

趣味のグッズ収集やスポーツジム、化粧品、エステ、ダイエット、旅行、好きなブランドの服など、趣味や嗜好品にお金をかけすぎるのがいちばんの欠点。本来ならこづかいでまかなうべきものですが、こづかいではとうていたりなくて、家計から引き出すので貯金ができません。ボーナスも支給される前から「今度は何に買おうか」と楽しみにしていて、あっというまになくなります。
特にお金のかかる趣味を持っていなくても、「やっぱり野菜は有機野菜よね」「もう若くないんだから、少しいい洋服を選ばなくては」など、ちょっとだけぜいたくなものを買ってしまうのがこのタイプの買い物グセ。「食べ物に気をつけないと病気になってかえってお金がかかる」「いい洋服は長持ちするから、結局はお得」と考えているので、自分では節約しているつもりです。
自分のポリシーにこどわるのは悪いことではありませんが、それが原因で食費も衣服費もレジャー費も子供の教育費まで、出費は軒並みアップ。


とにかく、とにかく、胸にグサグサと突き刺さります。

ああ、ごめんなさい、右脳×男脳タイプでごめんなさい!!!と叫びそうになりました、とさ。



右脳×男脳タイプの節約。


さて、そんな残念な右脳×男脳タイプが節約すると・・・

基本的に思い付きで、散発的。高価な洋服をセールで少し買っただけで節約した気になったり(はい、わたしです・・・)、買いすぎた食品を小分けに冷凍しただけで「わたしっていい主婦よね」と自画自賛したり(はい、わたしです・・・)。継続して行うわけではないので、効果はほとんどなく、「自分は節約に向いていない」と思い込んでいます。


そう、そうです!よくわかっているねーと叫びそうになりましたとさ。。。

なので、そんな右脳×男脳タイプは以下の要領で貯蓄に励むべし。

買いたいものを具体的に設定する。
漠然とした目標だと、目先の楽しみに走ってしまいがちです。「3か月で5万円」と目標額を数字にしたり、「8月の旅行までに、一眼レフ代4万円」など買いたいものの価格を調べて具体的な目標をたてましょう。実現期間が長すぎるのは、今期が続きにくいのでNG。3か月~半年の短期目標がベストです。


また、この右脳×男脳タイプは貯金が趣味になれば、超優秀になれるが、きっかけがつかめず貯金生活に飽きるとダメ、と両極端に走りがちだそう・・・

ああ、神様、わたしにきっかけをください・・・遠い目。




今後3か月。


現状の家計簿をゆるゆるにしたいと思います。←オイ

とりあえず、B5ノートにレシートをひたすらはりまくり、週単位で「消費」「浪費」「投資」に振り分けて考えてみたいと思います。

ここで重要なのは1円単位で出費をチェックするのではなく、使った金額にため息をつくことではなく、買ったものに思いを馳せるのではなく、ただ単に冷静に自分のお金の使い方を見つめること。

そう、これがわたしに欠けている!!!

お金の使い方、癖、何に投資をしているのか、実際にそれは浪費なのではないか、と分析することが欠けていると言わざるを得ませんorz

右脳×男脳タイプ
■浪費の傾向 欲しいものがあるとブレーキがきかない
■ルール 「消費」「浪費」「投資」の見直しを徹底する
     気軽に買い物ができるクレジットカードは持たない
     財布に余分なお金を入れない



まずはお金の使い方を徹底して見直すことにします。定期的にこの本に関しては記事にしていきたいと思います。タイプ別の家計簿というのがわたしの胸にヒットし、また、そのタイプが痛いところをずけずけとついてくるので・・・トホホ。



Amazonでチェックする。




著者の横山光昭さんは『年収200万円からの貯金生活宣言』で有名な方。snowwhiteも読みました。ただ実践は・・・できていませんでした。


今回こそ、40になる前のこの機会に徹底してお金の使い方を見直し、老後のそこそこ生活を目標に頑張りたいと思います!


関連記事

ブログを移転しました。新しいブログは下記になります☆
わたしの日常



2014/03/18 13:01 [edit]

category: 節約。

thread: 頑張れ!主婦!! - janre: 結婚・家庭生活

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://30overmylife.blog114.fc2.com/tb.php/1512-62a81e80
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログを移転しました。

プロフィール

検索フォーム

意識して生活したい。

記事カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

リンク

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。