--.

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログを移転しました。新しいブログは下記になります☆
わたしの日常



--/--/-- --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --
現在、わたしは最低限の医療保険に入っております。毎月払ってもたいして懐が痛まない程度の。

ま、現実には多少、家計に響いているのですが、支払が苦にならない超ささやかな金額。そう、わたし個人の保険は非常にシンプルです。一方で主人にはがっちりと保険をかけており、家庭内で保険に関しては 主人>>>(越えられない壁)>>>わたし というぐらいの格差が出ております。支払金額でも万が一の時の保障の手厚さでも、差が出まくり。

それはそれでいいのです。結婚をしたときにそういうものだ、と割り切ったので。

でね、毎年、この時期、保険会社から更新の通知が届き、ついでにより保障の厚い「こういうプランへの変更などいかが?」という案内が届きます。それを見てねー心が揺らぐわけですよ・・・終身医療に関して。


20140314_サイコロ




若い頃は。


保険は最低限でよい、と思っていました。無いよりはマシな程度だととらえておりあました。そして、保険に回すお金を他のことに回すことに忙しかったのです。

今思うと若さゆえの驕りですね。。。

しかし、ここ数年、身内の闘病が相次ぎ、医療保険に関していろいろと心揺れております。

簡単に貯蓄をしていれば保険は不要というけれども・・・現実はそんなに簡単ではないだろう。

また、10年後、20年後、30年後は今より医療が発達し、治療のシンプル化、入院期間の短縮などが予想されるのではないか?いや、より高度な医療になり、より医療費が高騰するのか?何より超高齢化社会で高額医療費制度などのありようも変更されるのではないか?などと予測のつかない将来への不安があります。

そう、予測できない将来。

将来が予測できないからこそ、終身医療保険をかけておこうか、と安易に思ってしまうのです。ま、その場合も60歳か65歳で払い込みが終えるものを検討すると思うのですが・・・。一方で終身医療保険はある種のギャンブルであり、不安につけこんだ詐欺である、という気持ちも根強く・・・汗。

ま、要するに、揺れております。

40歳を目前にして、老後に対する備えなどをぼんやりとですが、考えるようになりました。



やはり勉強は必要。


それでもやはり保険は「万が一の時のお守り」程度ととらえるほうがいいと個人的には考えております。なので、やはり最低限の保障でいい、とも。

ただ、その最低限が自分の中で揺らいでおります。

4月で39歳。

この1年で終身医療だけではなく、じっくりと保険全般について見直しをかけたいと思いました。自分の家計を見直すのは自分と主人しかいませんからね。








関連記事

ブログを移転しました。新しいブログは下記になります☆
わたしの日常



2014/03/13 14:20 [edit]

category: 節約。

thread: 頑張れ!主婦!! - janre: 結婚・家庭生活

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://30overmylife.blog114.fc2.com/tb.php/1504-519849bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログを移転しました。

プロフィール

検索フォーム

意識して生活したい。

記事カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

リンク

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。