--.

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログを移転しました。新しいブログは下記になります☆
わたしの日常



--/--/-- --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --
2014年1月23日に■反省、空気清浄機、マメに掃除をしよう。と記載しました。

それから月日は流れ・・・本日、空気清浄機を掃除しました。我が家の空気清浄機は下記の製品を使っております。



何故か?なぜならわたしに花粉症の症状が出ておるからorzああ、もうやんなっちゃう、そんな季節になってきたんですねー遠い目。

とりあえず掃除をしたらすっきりとしました。



【2014年】スギ花粉飛散予想。


概ね、今年は花粉が少ない、もしくは例年並みという予測が目立ちますね。

2014年スギ・ヒノキ花粉飛散量は「例年とほぼ同じで、やや少ない」「昨年より少ない、やや少ない」です。
2013年10月のウェザーニュースや気象庁の発表によると、2014年は2013年より全国的に2割ほど少ないと予想されています。2013年が多かったので、例年並みに近いと予想されています。
(略)
東北~関東~九州まで…
地域別の2014年スギ花粉飛散量予測

東北では、2013年の量の約50~80%で、例年並みです。
関東では、2013年の量の約50~80%で、例年よりやや少ないです。
東海、中部では2013年の量の約50~90%で、 例年並みかやや多いです。
近畿では2013年の量の約90%で 例年並みです。
中国四国では2013年の量の約80~90%で、 例年よりやや多いです。
九州では2013年の量の約80~150%で、 例年並かやや多いです。

と地域差がありますが、東日本では少なく、西日本では、多く、例年並みです。


2014年春の花粉飛散予測(第3報)
~九州や東海地方の早いところは2月上旬から飛散開始~




花粉症対策。


●室内に入る花粉を防ぐ
 花粉が付着しやすい素材の衣服着用は避ける。また、家に入る前には、衣類や髪に付着した花粉をはたき落とす。
●室内での飛散を防ぐ
 スギ花粉は湿気を含むと重くなって落下します。このため加湿器を利用し、室内の湿度を上げれば空中での浮遊を防ぐことができます。
●体に入る花粉を防ぐ
 外出時にはマスクや眼鏡、帽子を着用することで体に入る花粉を効果的に防ぐことができます。普通の眼鏡でも、目に入る花粉量を3分の1くらいまで減少できますが、花粉症用の眼鏡は4分の1くらいまで減少できるといわれます。
 また、マスクは最も効果的な花粉症防護グッズです。普通のマスクでも水で湿らせたガーゼを中にはさむことによって90%以上の花粉をシャットアウトできます。
http://www.myclinic.ne.jp/imobile/contents/medicalinfo/gsk/top_topic/topic_31/mdcl_info.html


これからの外出は眼鏡&マスク必至だわ・・・

花粉症の皆様、頑張って乗り越えましょうね!

関連記事

ブログを移転しました。新しいブログは下記になります☆
わたしの日常



2014/02/17 16:25 [edit]

category: 家事。

thread: 頑張れ!主婦!! - janre: 結婚・家庭生活

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://30overmylife.blog114.fc2.com/tb.php/1456-c86fda60
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログを移転しました。

プロフィール

検索フォーム

意識して生活したい。

記事カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

リンク

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。