毎年、この時期になると結露に悩みます。

隙間風が常時であった実家にいた頃は、結露に悩んだことはありません。ま、その分、実家は乾燥が激しいのですが。それだけに結婚後、結露には振り回されました。

結露対策グッズなどもあり、いろいろと試しました。が、結論としては・・・


・毎朝、窓を拭く。
・喚起をマメにする。



が一番かな、と思うようになりました。すみません、裏技も何もなくて。

20140216_結露




結露はなぜ起こる?


結露の正体は空気中の水蒸気。

暖かく湿った空気が冷たいものに触れると、その空気は水滴へと変化します。冷たい飲み物が入ったグラスや冷蔵庫から出したばかりのビール瓶に付いた水滴・お風呂場の曇った鏡等も、結露と同じメカニズムです。
結露が発生しやすい場所は、湿気が多くて空気が滞留しやすい場所や温度差が大きなところです。その中でも、冷たい外気にじかに接する窓ガラスは、家の中で最も結露が発生しやすい場所です。また、マンションは気密性が高いため、木造の一戸建て住宅などに比べて、結露が発生しやすい環境にあります。


ということで部屋の温度と外気の気温差が大きければ大きいほど結露が発生しやすい印象を受けます。つまり、寒ければ寒いほど結露も酷い。

今年の冬は結露が酷い印象があります。



結露対策グッズ。


Amazonで「除湿・結露対策グッズ」をチェックするといろいろとヒットします。この中でわたしが使ったことがあるのは・・・


・除湿機
・結露防止シート
・結露取りワイパー
・結露防止スプレー



まったく効果がないとはいいませんが、結局は結露が発生する → そのあとはどうするのだ?という感じですね。

まず、除湿器。除湿機は冬には辛い。乾燥肌の身には辛い、ということで断念。他の商品はお試しで終わった感じですね・・・。結露取りワイパーはわりと使ったけれど、今やもう処分されてありません。だって、窓に滑らせると水分が飛び散るんですもの・・・

結露防止シートはもう一度使ってもいいかぁ~でも、そんなに安くもないし、結局、カビが・・・となるし。



結局のところ、「拭く」「換気」が一番。


朝、起きたら拭く、簡単にでいいから拭く、そして換気。

これで窓も綺麗になるし、空気も一応入れ替わるしで文句ありません。

とにかく、いい加減でもいいからとにかく拭く。少々の水気が残っていても、それは換気で綺麗に乾きます。細かいことは気にしないで、「拭く」と「換気」を習慣づけると結露ってこんなもん、と割り切れるようになりました。どうにかね。ようやく極意を見つけた気分ですwww

ちなみに下記の商品を使って拭いております。



オススメです。これを使うとタオルには戻れません・・・

関連記事

ブログを移転しました。新しいブログは下記になります☆
わたしの日常



2014/02/16 19:09 [edit]

category: 家事。

thread: 頑張れ!主婦!! - janre: 結婚・家庭生活

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://30overmylife.blog114.fc2.com/tb.php/1454-ab3c14c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログを移転しました。

プロフィール

検索フォーム

意識して生活したい。

記事カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

リンク

▲Page top