--.

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログを移転しました。新しいブログは下記になります☆
わたしの日常



--/--/-- --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --
向田邦子という作家はどうなんでしょうか?

若い頃は彼女の作品の良さがさっぱりと分りませんでしたが、大人になってから観るとなんだかしみじみとしますな~それだけわたしが年を重ねたということでしょうか?

今回は向田邦子原作の映画『阿修羅のごとく』。





物語のメインを彩る4姉妹を大竹しのぶ、黒木瞳、深津絵里、深田恭子が演じます。



映画『阿修羅のごとく』概要。


* 監督 森田芳光
* 原作 向田邦子
* 出演 大竹しのぶ/黒木瞳/深津絵里/深田恭子/小林薫/中村獅童/RIKIYA/桃井かおり/坂東三津五郎/木村佳乃/益岡徹/佐藤恒治/長澤まさみ/紺野美沙子/八千草薫/仲代達矢
* あらすじ
昭和54年の冬。竹沢家の三女・滝子が突然3人の姉妹全員を呼び集めた。滝子は探偵の証拠写真を示し、70歳になる父・恒太郎に愛人と子供がいると伝える。4人は母には知らせないようにと約束する。だが、彼女たちも互いに人には言えない問題を抱えていた。華道で生計を立てる未亡人の長女・綱子は、妻子ある男性と付き合っている。次女・巻子は夫の浮気を疑い始めていた。潔癖症の滝子は、父の調査を頼んだ内気な青年との恋が足踏み状態。四女・咲子は売れないボクサーと同棲中。母・ふじだけが、何も知らずに平穏な日々を過ごしているようだった…。


豪華な出演者!それぞれがそれぞれの役を丁寧に演じており、楽しめました。



映画『阿修羅のごとく』感想。


映画で描かれていることは4姉妹を通して見られる、家族や恋人との普通の日常。

はからずも父親の浮気を知り、緊急会議を開く4姉妹。何も結論は出ないけれど、とにかく「お母さんには何も言わない」ということで一致団結をみて、その場を解散します。70を超えた父の浮気に動揺しながらも、4姉妹はそれぞれの生活を過ごします。


妻のある男と不倫をしている長女を大竹しのぶ。 → 不倫する女
夫に浮気されている次女を黒木瞳。 → 不倫される女
男っ気がなさそうな三女を深津絵里。 → 愛されて結婚する女
男と同棲している四女を深田恭子。 → 愛して結婚する女


そして、この4姉妹のうち、三女以外は皆、父の浮気とは別に自らが抱えている浮気にも翻弄されます。なんなんだ、この高確率は!ありえねーだろ、と一人突っ込みながら眺めておりました。

長女の大竹しのぶVS本妻桃井かおりの戦いが面白く、笑って眺めました。お互いにベテラン役者であり、お互いが楽しんでその役を演じていることを感じました。面白かったです。

一方で次女の黒木瞳と愛人の木村佳乃の戦いは背筋が凍るような恐ろしさを感じました。特に木村佳乃の底知れぬ色気とそれに圧倒されながらも本妻である意地で対抗する妻、黒木瞳。そんな間を小器用に不器用に彷徨う夫(小林薫)の存在は笑いを誘いましたが、できた本妻VSできた愛人の戦いは本当に恐ろしや、恐ろしや。

わたしは黒木瞳にも木村佳乃にもなれないわ・・・と一人なんだか遠い目をしてしまいましたことよ・・・

それに比べると地味で堅物の三女深津絵里は挙動不審だけれど(汗)愛してくれた男(中村獅童)と結婚し、地に足をつけたような結婚生活を送ります。ここの男は不倫しそうにないけれど、分からいわね~向田邦子にかかると。

そして、四女深田恭子は愛したプロボクサー(RIKIYA)の子供を身ごもり、できちゃった結婚をします。彼は不実な男で身勝手な男。尽くしてくれる女を平気で袖にする男。でも、四女は愛した男にすべてをささげます。


そんな日常生活(?)を向田邦子流に味付けすると実に女の厭味ったらしさが露出され、それでいて、クスリと笑える世界がスクリーンの向こうに広がります。


これぞ向田邦子マジック。


そして、母は子供の上手をいっていました。すべてを知っていた、とオチに「そうだろうな~」としみじみとしました。昭和の夫婦という感じですね。


そして、いったい誰が阿修羅な女であったろうのか、と観終えた後に思いました。



Amazonで『阿修羅のごとく』をチェックする。




原作が気になってきました。





関連記事

ブログを移転しました。新しいブログは下記になります☆
わたしの日常



2014/02/13 16:59 [edit]

category: 映画。

thread: 頑張れ!主婦!! - janre: 結婚・家庭生活

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://30overmylife.blog114.fc2.com/tb.php/1444-7e673fe9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログを移転しました。

プロフィール

検索フォーム

意識して生活したい。

記事カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

リンク

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。