先ほど、■久しぶりに佐伯チズさんの美容論に触れました。と書きました。その中で化粧品は使い手の意識によって大きく効果をもたらしたり、また、反面、逆の効果をもたらしたりすることもある、と。

つまり3000円の化粧水を1万円の化粧水にするか、1000円の化粧水にするかは使い手の意識にかかっているのです。

意識して、「綺麗になる」ことを信じて、丁寧にお肌と向き合うこと、それが長じて綺麗なお肌に繋がるということを説かれています。そして、無意識にそこらへんでそれなりの金額の化粧水を漫然と使う使い方、それはお肌にとって本当に有効だろうか、と。すんなりと納得をしました。

いかに無造作に、いかに無意識に化粧品を使っていたのだろう、と愕然としました。

そして、これって生活全般に当てはまるよな、と思いました。



無意識に生活をしているわたし。


一日の生活の中で意識をキチンと持って、目の前の行動や出来事に向き合っていることはどれだけあるでしょうか?

人によるでしょうが、改めて考えるとわたしは意識的に生活をしているようで、かなり無意識に生活をしていることに気づかされました。


起床後、顔を洗う、洗濯機を回す、お弁当を作る、朝食を食べる、食器を洗う、歯を磨く、洗濯物を干す、風呂場を洗う、掃除機をかける、PCに向かう、買い物へ出かける、昼食を食べる、昼寝をする、PCに向かう、ウォーキングに出かける、夕食を作る、主人と顔をあわせる、夕食を食べる、食器を洗う、テレビを見る、風呂に入る、歯を磨く、寝る準備をする、そして、布団の中へ・・・


そこにわたしの意識はあるのだろうか、と思いました。


20140211_リース


それらは毎日のリズム、毎日の習慣となり、わたしはただ漫然と日を過ごしているだけなのではないだろうか、と考え込んでしまいました。

そして、その無意識の行動はわたしに何をもたらしているのでしょうか?



せわしなさ、ガサツ、大雑把さ、荒っぽさ。


そう、上記のサブタイトルの通り。

生活の中において、「せわしなさ、ガサツ、大雑把さ、荒っぽさ」が蔓延しております・・・

無意識に、片手間に生活をするとどうしてもわたしの中の地である「わたし」を構成している「せわしなさ、ガサツ、大雑把さ、荒っぽさ」が大きく前面に出てきてしまい、生活のすべてがそんな雰囲気になっています。イラチ、せっかち、大雑把、いい加減・・・ああ、なんだか落ち込みましたわ。

小さい頃から、廊下を走っては「あんたは落ち着きがない!」「ドタドタしない!」と母に怒られて育ったのに、ちっとも反省せず、そのまま大人になり、今でも落ち着きなく、ドタダタ走り回って、一人で心の中でテンパっているわたし。

落ち着きというものはわたしの中のどこかに少しでもあるのだろうか?と悲しく、悲しく受け止めました。



無意識の領域を排除することを意識する。


無意識の領域を排除することを意識する、それはわたしにとって、「意識すること、生活をゆっくりとゆっくりと、そして丁寧に過ごす」ということ。


現在、無意識のうち=せわしなさ、ガサツ、大雑把さ、荒っぽさと共に過ごしている生活を「ゆっくりとゆっくりと、そして丁寧であること」であるように、少しずつ少しずつ改善していきたいと思います。

そう、


 意識すること、生活をゆっくりとゆっくりと、そして丁寧に。


はじめは意識して生活をゆっくりとゆっくりと、そして丁寧にすることを念頭においておきます。そして、いつかはそれがわたしの当たり前であることにもっていければな、と高い志を抱いておきます。



【メモ】
今回のこのエントリー内容をツラツラと考えていると、久しぶりに『暗黙知の次元』を読みたくなりました。



機会があれば入手して、再読しようと思います。なまった頭を鍛えなおすにも最適かもしれません・・・。それにしても文庫本があるとは!

関連記事

ブログを移転しました。新しいブログは下記になります☆
わたしの日常



2014/02/11 20:47 [edit]

category: ■心の整理。

thread: 頑張れ!主婦!! - janre: 結婚・家庭生活

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://30overmylife.blog114.fc2.com/tb.php/1442-4bdc548a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログを移転しました。

プロフィール

検索フォーム

意識して生活したい。

記事カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

リンク

▲Page top