--.

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログを移転しました。新しいブログは下記になります☆
わたしの日常



--/--/-- --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --
ちなみに現在、愛用しているのは『緑の魔女』の洗濯洗剤です。これを使い始めてからか弱い主人のお肌の調子がよくなっているようなので、当分、これを使い続けようと思っています。

個人的な好みではいうと『バイオ洗剤 浄』がよかったのですが・・・敏感肌には液体洗剤のほうが無難、という話だったので、『緑の魔女』に切り替えました。まぁ、『緑の魔女』も同じバイオ系の洗剤ですので感触は悪くないです。使い勝手も非常によろしいですし。

ただ、個人的には香りが気になっていたのですが、最近は慣れたのか全く気にならなくなりました。残る問題は梅雨の時期の室内干しにどれだけ耐えられるかですね・・・



ざっくりとわたしの洗剤遍歴。


わたしの母はシャボン玉石鹸のヘビーユーザーです。そのため、洗濯洗剤もシャボン玉で、娘のわたしもそうあるべきだと思い込み、シャボン玉石鹸の洗濯洗剤とクエン酸を使っておりました。

難点としては白いシャツが黄色くなる、洗濯槽が汚れるなどでしょうか?

その後、知人から『浄』の存在を聞きました。彼女は妊娠出産を機に粉石けんで洗濯をしていてけれども、使い勝手の悪さから、『浄』に乗り換えた、とのこと。彼女はいわゆる環境に優しい生活を心がけているひ女性だったのでその彼女が言うことなら・・・とわたしも『浄』を使い始めればいいものを何故か「海へ・・・」を使うことに。

これは非常に感動しました。

石鹸洗剤ではありえない楽さ、そして、洗い上がりの柔らかさ、コスパの良さに感動しました。しかし、洗濯槽の汚れが半端ない。。。ここで、知人の言葉を思い出し『浄』にチャレンジをしました。確かに絶賛もむべなるかな、という使い勝手の良さですね。何よりも感動したのは洗濯槽が非常に綺麗になったこと!本当にうれしかったです。「海へ・・・」を使っていたころは常に洗濯槽の汚れを意識していましたが、『浄』のころはまったく意識しなくなりました。

しかし、お肌がか弱い主人にはイマイチな感じ。

で、お肌が弱い人は液体洗剤のほうが無難、ということを知りました。粉では洗い流したつもりでも洗い流せていないものがあり、それがお肌に刺激を与える可能性がある、と。そこで同じバイオ系の洗剤である『緑の魔女』に乗り換えました。

主人の肌は現在は、すこぶる好調のよう。

もちろん、他にもいろいろと対策をとっておりますので、必ずしも『緑の魔女』だけが要因だとは言えないかもしれませんが。でも、『緑の魔女』は敏感肌の主人のお肌には悪くない洗剤です。

つまり、ざっくりと並べると・・・

 石鹸 → 海へ・・・ → 浄 → 緑の魔女

と変遷をしております。 



石鹸洗剤。


わたしの実家は現在も石鹸洗剤を使って、洗濯をしております。母はおそらく20年以上、高いお金を払ってシャボン玉石鹸の洗剤を使っております。



もちろん、箱買いですが、おそらくすんごーい速さで無くなることでしょう。だって、7人家族だからねwww

わたしも結婚当初は使っていましたが・・・誘惑の道というのは甘いもので(?意味不明)今から戻るか、と言われると正直、微妙なところです。。。コスパも半端なく悪いですしね・・・。洗濯槽も汚れやすいし。



海へ・・・


石鹸洗剤から切り替えた当初に使っていた洗剤です。非常に感動した洗剤でもあります。洗い上がりの柔らかさ、石鹸洗剤のゴワゴワに慣れていた身としては感動する柔らかさでした。ふわふわ~と。世間の人が柔軟剤には走る気持ちがわかる!と感動しました。そして、ほのかに漂うラベンダーの香り。Amazonのレビュー評価が高いのもむべなるかな、という感慨です。



そのコンセプト、使い勝手の良さ、ほのかに漂うおしゃれ感、少量の洗剤で洗える、コスパもまぁまぁいい、すべてがわたしの好みに合致しており、おお、これぞ運命の洗剤、と思いました。

しかし、しかし、甘い話には落とし穴がありました。

そう、洗濯槽を掃除すると愕然としました。なんだ、このワカメの群れは・・・と衝撃を受けました。なくなくお別れをした洗剤です。でも、いつかまたつかいたい、バイオ系の洗剤とうまくとりあわせての使用を今は考えているところです。

楽天市場で「海へ・・・」をチェックする。



善玉バイオ洗剤浄 JOE。


「海へ・・・」で洗濯槽が半端なく汚れたのに懲りたわたしは洗濯槽を綺麗にしてくれるらしい「善玉バイオ洗剤浄 JOE」に飛びつきました。で、確かに綺麗にしてくれます。「海へ・・・」を使った時のような胸のときめきはまったくないけれど。笑。

洗濯槽を掃除をしてもワカメは少ししか登場しません。常にクリーン、常に快適、で心が落ち着きました。洗濯をしても不安がよぎることはまったくありませんでした。



すすぎは1度でいいと書かれていましたが、粉=洗濯物に残留する可能性あり=お肌が荒れるかも?というこで必ず2度すすぎ洗いをしておりました。でも、主人の柔肌にはイマイチ。やっぱり液体洗剤じゃないないといけないのかなぁ、というわけで次の「緑の魔女」です。

楽天市場で「浄」をチェックする。



緑の魔女。


で、現在は「緑の魔女」。昨年末から使い始めたのですが、シリーズを通して、かなり気に入っておりますね。笑。


現状の感想
・香り 多少しますが、個人的には全く気になりません。
・あわ立ち ほぼない。わたしは気にしませんが、気にする人は気になる?
・洗い上がり 文句ありません。
・柔らかさ わたしは柔らかさをもとめません。なのでこれで十分です。
・部屋干し あの部屋干し独特な嫌な香りは全くありません。
・使用量 液体ですので、粉よりもやはり減りが早いように感じます。
・820リットルの容器そのものに対して
非常に使いやすいです。使用する分だけ本体を押して、上部のキャップに洗剤を溜めるタイプです。量も分かりやすいですし、使い勝手が非常によろしい感じ。5リットルの容器をそのまま使うのは現実的ではないでしょう。手持ちの容器を代用するのも有りだと思いますが、まずは820リットルの容器購入をオススメします。


そして、付け加えるとしたら、主人のカサカサ敏感な柔肌にも非常に効果的でした。それだけでも、当分、これを使い続ける価値があるように感じます。

コスパもそんなに悪くないかも?液体なので減りが早いだろうな~と危惧をしていたのですが、きちんと計量をして使用すれば夫婦二人暮らしの我が家では5ℓで半年弱もつんじゃないだろうか、と算段をしております。そう考えると、「浄」よりもはるかにお安いですね(浄は1年で8箱使用=一万円ぐらいを見込んでいましたので)。

楽天市場で「緑の魔女」をチェックする。



結論、「緑の魔女」これで落ち着きたい。


そう、落ち着きたい、そう思っております。

理想を追い求めればキリがない、と今にしてようやくシミジミとしておりやんすw


洗剤を買う時、何を基準で選びますか?


関連記事

ブログを移転しました。新しいブログは下記になります☆
わたしの日常



2014/02/03 10:31 [edit]

category: 洗濯。

thread: 頑張れ!主婦!! - janre: 結婚・家庭生活

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://30overmylife.blog114.fc2.com/tb.php/1420-5941f506
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログを移転しました。

プロフィール

検索フォーム

意識して生活したい。

記事カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

リンク

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。