日経ウーマンオンラインにて面白い連載がありました。画像をクリックしていただくと元サイトに飛びます。


日経ウーマンオンライン


これを基に自分の現状を見直してみたいと思います。



30代に捨てる&やめるべきこと。


わたしは30代なので、30代をチェックします。

自分の価値観を大切にして人と比べる心を捨てる
 結婚、出産、転職などを経験する人も増え、人によってライフスタイルが多様化する時期。人と比べたり、他人の価値観に流されたりしてしまいがち。「焦る人も多いかもしれませんが、30代は十分若い。自分の価値観で判断することを心がけて」(有川さん)。職場では受け身の姿勢は捨てて、責任ある仕事にも積極的に手を挙げ、経験を積もう。「30代後半から求められるのは専門性。どんな道に進むかを考えながら、仕事に取り組んでみましょう」(高村さん)

NG
他人が決めた“年齢制限”に振り回される

「30代になると『35歳までに第1子』など、年齢を意識して焦る人も。しかし周囲に振り回されては進みたい方向から道を外すことに。優先順位を決めて焦らずこなしましょう」(有川さん)

NG
やりたいと思っていることを行動に移さない

「仕事で実績も積みつつある30代は、やりたいことに思い切り挑戦できる時期。どんな可能性が広がるか分からないので、今の仕事と多少関係がなくてもやってみましょう」(高村さん)

NG
人と自分の生き方を比べる

結婚や出産、転職などライフスタイルが多様化する30代。つい他人と比べてしまいがち。「ただ、他人と比べても何も意味はありません。自分の生き方を前向きに捉え、自信を持ちましょう」(高村さん)

NG
親の言うことを鵜呑(うの)みにする

「30代になると結婚や出産に対する親からのプレッシャーも強くなる。しかし親世代とはライフスタイルが変化しています。時代背景や経済状況が違うことを考慮し、自分なりの幸せ像を持ちましょう」(高村さん)

NG
受け身の姿勢のまま仕事をする

30代は、仕事により前向きに取り組む姿勢が求められる。「受け身のままでいると、職場での居心地も悪くなるはず。できること、誰もやっていないことを探して挑戦しましょう」(有川さん)

NG
プライドを高く持ちすぎる

「プライドを持つのはいいこと。しかし高すぎると周囲から反感を買い、味方を減らします」(有川さん)。他人の目を気にしすぎる必要はないが、他人からどう思われているか考えをめぐらそう

NG
噂したり、陰口をたたいたりする

仕事や職場環境に慣れ、噂や陰口をたたいてしまうことも。しかし「自分が対象になることも。職場では節度を持ちましょう」(有川さん)。また、「他人の噂に振り回されないよう注意して」(高村さん)

NG
他人に干渉する

「自分の価値観を人に押しつけるのはNG。人と自分とは違うということを受け入れましょう」(有川さん)。「他人の考えや選択に口出ししすぎるのも×。人それぞれの考えがあるものです」(高村さん)


基本的に働いている女性向けに記載されていますが、いろいろと身に当てはまることが多すぎてグサリグサリと胸に突き刺さっております。

「他人が決めた“年齢制限”に振り回される」や「人と自分の生き方を比べる」、「プライドを高く持ちすぎる」この3つが特に胸にグサリグサリと突き刺さりました。思い当てはまるところが多々ありすぎて、どこからどうやって修正をしたらいいのかしら・・・汗。

20代、40代も何かと参考になります。特に20代は・・・ああ、20代のことでしみじみと痛感しているようでは人間的成長がなさすぎですね・・・。



3ステップでOK!「捨て方」の見極め方


「捨てることが苦手な人は、狭い範囲からスタートすると、きちんと終える達成感も得られていいですよ。キッチンの引き出し、本棚の1段など、まずは1カ所ずつ始め、続けていくと、徐々に頭のなかで片づけのスイッチが入り、捨てる作業もどんどんスピードをアップしてできるようになります」

1. 同じ種類のモノをすべて出す
「捨てベタさんは、範囲を決めて狭いところからスタートしましょう。練習にいいのは、ペン立てや文房具の入った引き出しです。まずは、“筆記具”など同じ種類のモノをケースから出して、1カ所に集めましょう」

2. 今の自分が使っているモノを選ぶ
「たくさんのモノのなかから『捨てるモノ』を選ぶのは、難しいですよね。発想を変えて、『自分が今使っているモノ』を選びましょう。つい『まだ使える』『いつか着る』といった基準で選びがちですが、『よく使っている』『最近着ている』といった現在進行形が大事。使われないモノなら、無駄になっているだけなのです」
迷ったら、保留もOK!
「それでも、『これは、使うときが必ず来る気がする』『思い入れがある』と捨てにくいモノは、保留してもOKです。その場合は、箱など保留のスペースと、『半年間』などと期限を決め、その時期が来ても使っていなければ処分の決断を」

3. 選ばなかったモノを、捨てる!

「2で選んだ『今使っているモノ』と、保留したモノを分けたら、そのほかは『必要のないモノ』です。思い切って一気に処分しましょう。まだ使えてきれいな状態のモノは、リサイクルショップに持っていったり、人に譲ったりしてもいいですが、中途半端に手元に残さないのがポイントです」


基本原理は断捨離やときめきと同じですよね。

かなり処分をしたつもりができていない部分があるな・・・と反省なう。

今年は次のことに意識を強く持ち、現在の手帳であるシンプル生活手帳2014を手元に1年かけて部屋と心をすっきりとさせたいと思います(■2014年度の手帳は金子由紀子さんの『シンプル生活手帳2014』にしました。)。


・モノを買うときにワンクッション。
・捨てるときにはすっきりと。



20130201‗部屋



そしてすっきりとした40代を。


そう、すっきりとした40代を夢見ております。

20代から30代に入ったときは軽く絶望しました。当時は仕事が忙しく、心に余裕がありませんでした。今も余裕はありませんがorz

30代最後の年で人生と生活の棚卸をしたいと思います。


どうぞよろしくお願いします。



関連記事

ブログを移転しました。新しいブログは下記になります☆
わたしの日常



2014/02/01 21:00 [edit]

category: 手放す。

thread: 頑張れ!主婦!! - janre: 結婚・家庭生活

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://30overmylife.blog114.fc2.com/tb.php/1416-075eb8bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログを移転しました。

プロフィール

検索フォーム

意識して生活したい。

記事カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

リンク

▲Page top