--.

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログを移転しました。新しいブログは下記になります☆
わたしの日常



--/--/-- --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --
さて、過日ノートパソコンをXPから8.1に買い換えました。ちょっとまだ四苦八苦しておりますが、何とか使いこなせるようになっております。

懸念だった画像編集ソフトはGIMPをインストールすることで解消しました。8.1でもいけるのかどうか甚だ心許なかったのですが、8に使用可能なら8.1もいけるだろーと見切り発車したら、使えました。ありがとう、GIMPさん。

バカ高いPhotoshopを使っていた身としては「これが無料か!無料なのか!!」と激しく感動しております。GIMPは想像以上に優秀な子でした。これからぼちぼちと研究をしていきたいと思います。

窓の杜 GIMP

さて、やはりおニューのパソコンに慣れると古いパソコンにはなかなか戻らないかも?という危惧が発生してきました。

それにネットにつなげないでオフラインで使うってわたしの使い方に合致しないわwと今更ながらに気づきました。

■XPのパソコンはどうするか?オフラインで使い続ける予定だが・・・。

そこでLinux仕様にしてみようかと思い始めました。それならばポンコツのXPも生まれ変わり、ネットワークに繋げるようになるみたいだし。



Linuxとは。


わたしには説明できません~。

だって使ったことがないんだものー画面だけ見たことありますが、なんだか黒かった!というイメージしかありません。なので、IT用語辞典から下記を引用させていただきます。

Linuxは既存のOSのコードを流用せず、0から書き起こされた。GPLというライセンス体系に基づいて、誰でも自由に改変・再配布することができる(ただし、改変・追加した部分はGPLに基づいて無償で公開しなければならない)。開発当初はIntel社のx86系マイクロプロセッサを搭載したコンピュータでしか動かなかったが、多くのプログラマによって、Alpha、SPARC、PowerPCなどのプラットフォームに移植された。

Linuxは他のOSに比べ、低い性能のコンピュータでも軽快に動作する。また、ネットワーク機能やセキュリティーに優れ、また非常に安定しているという特長を持つ。いらない機能を削ぎ落とし、必要な機能だけを選んでOSを再構築することができるという点も他の多くのOSには見られない特徴である。


知識としてこれぐらいのことは知っているのですが、では、実際にはどうなのか、と言われると困りますが・・・。今回、重要なのはココ。

Linuxは他のOSに比べ、低い性能のコンピュータでも軽快に動作する。また、ネットワーク機能やセキュリティーに優れ、また非常に安定しているという特長を持つ。

XPのまま使用を続けるのはどう考えても危ない。セキュリティ的に恐ろしく、オフラインで使用か、と考えていました。が、それをLinux仕様にするとセキュリティはより強固になり、なので安心してインターネットも使える!という素晴らしいメリットが!

いろいろと夢が広がりますなぁ。Linux仕様にするとなんとなく主人のおもちゃになるイメージもありますが、積極的に考えたいと思っております。



XP → Linux。


主人曰く・・・

・現状のXPをバックアップ
・XPを初期化
・Linuxの搭載(?)

という流れになるらしい。windowsXPからLinuxにも詳細が記載されていますね。

不安な要素はわたしの旧ノートパソコンがNECだということ。NEC独自のなんちゃらがあったら、どうなんだろう、と呟いておりましたが、そこは主人がなんとかしてくれると信じております。

スケジュールとしては3月か4月に行う予定です。花粉が飛び交い、家から出ない季節に主人と二人、家に閉じこもり格闘するつもりです。


linux.jpg


このHPを見るだけで素人のパソコンに疎いわたしは挫けますが・・・Linux初心者の会などを参考になんとか使えるようにして見せます!



以下は補足記事です。参考になれば幸い。


XPサポート終了でLinuxは普及するのか


ちょっと興味深く眺めましたので一部記載しておきます。元記事はこちらになります・

XP時代のPCでも、WindowsユーザーがLinuxに移行して困らないかどうか、7つの観点で検証してみた。(1)操作性、(2)データの移行性、(3)ハードウエアの自動認識、(4)代替アプリケーション、(5)動作速度、(6)デスクトップのカスタマイズ、(7)セキュリティだ。以下、結果だけを列挙しよう。

(1)Linux(ここではUbuntu)とWindowsの操作性は、さほど変わらないし、似たような操作性に変更することもできる
(2)XPに蓄積した画像や音声、Microsoft OfficeなどのデータをLinuxで利用できる
(3)周辺機器の多くは自動認識されるが、USB接続ワンセグチューナーのように一般的ではない製品はほとんど利用できない
(4)主要なWindowsアプリケーションと同等の機能を備えるソフトがLinuxでもそろっている
(5)最新のLinuxだと重いが、軽量Linuxを使ったりカスタマイズしたりすれば軽量かつ高速起動する(図2)
(6)デスクトップを選択でき、好みのものを選べば操作性が向上する
(7)不具合が早期かつ着実に検出される可能性が高い


 周辺機器の問題さえクリアすれば、おおむね問題ないはずだ。特に、XPよりも高速に動作する点は、古いマシンのリサイクルにも役立つ。サポートも続いているので、機械が壊れるまで使い切れる。

 個人ユーザーにXPからLinuxへの移行を勧める形になったが、企業での普及の希望も捨てたわけではない。もしAndroidタブレットがWindows PCを追い越したとしても、あくまでWindowsデスクトップの置き換えが悲願だ。とはいえ、上記の技術的観点とは違った課題が大きい。アプリケーションやデータを含めた移行工数、慣れない操作をカバーするヘルプデスクの整備、これらを担うベンダーのスキル、といった課題がクリアできれば、Windows 7のサポート切れとなる2020年1月が大きなチャンスとなるだろう。



関連記事

ブログを移転しました。新しいブログは下記になります☆
わたしの日常



2014/01/29 09:28 [edit]

category: PC。

thread: ノートパソコン - janre: コンピュータ

tb: 0   cm: 2

コメント

興味深い記事でした。

よくわかりませんが・・・
XPのサポートが終了といっても、今までからセキュリティソフトは入れていましたよね。
それはマイクロソフトが頼りないからですか?
Macにはそういう話は聞きませんよね?

だったら、これからも今のままでいいんじゃないかと思うのですが・・・
ダメですか。

私もXPのPCが2台あります。




GIMPはときどき使いますよ。

http://charry.cocolog-nifty.com/blog/2008/03/gimp_e601.html
こういうサイトもありますね。

URL | rato #- | 2014/01/29 13:08 | edit

ratoさん
大丈夫、書いているわたしも何が何だかさっぱりと分っていませんww

ただ、XPをこのまま使い続けるのは不味いという認識がわたしにはあります。主人の洗脳かしら?わたしの口からは説明できないので下記のページをご覧あれ。

http://30overmylife.blog114.fc2.com/blog-entry-1385.html

いろいろと調べていくなかで、やはりマイクロソフトのサポートがないOSを使うのは怖い。昨今のPCを使った犯罪状況(?)を見ていると怖い、という認識がわたしの中にはあります。ま、それはわけが分からないがゆえに怖いのかもしれませんが・・・

マックのセキュリティ関係はさっぱりですが、下記のサイトを読んだら何となく納得しました。

http://blog.avg.co.jp/2013/09/mac%E3%81%AB%E3%82%BB%E3%82%AD%E3%83%A5%E3%83%AA%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%BD%E3%83%95%E3%83%88%E3%81%AF%E4%B8%8D%E8%A6%81%E3%81%A3%E3%81%A6%E6%9C%AC%E5%BD%93%EF%BC%9F/

OSは普及していれば、普及しているほどクラッカーとウィルスの温床なのでしょう。

URL | snowwhite #- | 2014/01/29 15:03 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://30overmylife.blog114.fc2.com/tb.php/1407-f5ad0400
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログを移転しました。

プロフィール

検索フォーム

意識して生活したい。

記事カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

リンク

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。