3年ほど前、友人からこの神社の存在を聞きました。

当時、彼女は色々と苦悩が多かった時期であり、悪縁を切り、良縁と手を結ぶために参拝をした、と。その効果は・・・まぁ、ご想像にお任せしますが、その存在を聞いたとき、1度、訪問をしたいな、と思っていました。

その機会がようやく訪れました。想像をしていたよりも小ぢんまりとした神社でした。


◆安井金比羅宮の公式サイト 

20140126 _ 安井金比羅宮サイト

http://www.yasui-konpiragu.or.jp/

上記サイトによりますと、安井金比羅宮は・・・

あらゆる悪い縁を切り、良縁を結ぶ
 主祭神の崇徳天皇は、讃岐の金刀比羅宮で一切の欲を断ち切って参籠(おこもり)されたことから、当宮は古来より断ち物の祈願所として信仰されてきました。

 また、戦によって心ならずも寵妃阿波内侍とお別れにならざるを得なかった崇徳上皇は、人々が御自身のような悲しい境遇にあわぬよう、幸せな男女のえにしを妨げる全ての悪縁を絶切って下さいます。男女の縁はもちろん、病気、酒、煙草、賭事など、全ての悪縁を切っていただいて、良縁に結ばれて下さい。

 良縁に結ばれたご夫婦やカップルがお参りされても縁が切れることはありません。更にお二人がより深くより強く結ばれる御利益をいただけますのでご安心を。


とのこと。

昨年はいささか悪縁に恵まれた感じがややありましたので、良縁を求めてきました。それにしても崇徳院が主祭神とは・・・!平清盛で井浦新さんが演じた美しくも激しい崇徳院を思い出すとシミジミとします。


20140126 _ 安井金比羅宮5


20140126 _ 安井金比羅宮1


これが縁切り縁結びの碑です。

 高さ1.5メートル、幅3メートルの絵馬の形をした巨石で、中央の亀裂を通して神様のお力が円形の穴に注がれています。

 「○○君と幸せに結婚できますように」という可愛いらしいお願い事から、「夫と浮気相手との縁を切って下さい」といった事まで、皆様の様々な願いが書かれた「形代(かたしろ)」(身代わりのおふだ)が貼られ、碑が見えないほどになっています。

 御祈願の方法は、まずご本殿にご参拝下さい。次に「形代」に切りたい縁・結びたい縁などの願い事を書き、「形代」を持って願い事を念じながら碑の表から裏へ穴をくぐります。これでまず悪縁を切り、次に裏から表へくぐって良縁を結びます。そして最後に「形代」を碑に貼って下さい。


貼られた「形代」に参拝された方の気持を感じますね。100円を支払い、わたしも「形代」を貼ってきました。

そして、穴もくぐってきましたが、願いを念じるのを忘れていました・・・汗。

20140126 _ 安井金比羅宮3


20140126 _ 安井金比羅宮4


上記の写真では閑散とした印象があるかと思いますが、実際には若い女の子が多く訪問していました。恋愛の縁結び的な人気があるのかなぁ、と眺めておりました。

安井金比羅宮は東山の山麓にあり、近くには清水寺や八坂神社、 高台寺、知恩院、円山公園といった神社仏閣・名所や史跡が数多くあります。また、祇園も近いですよ~。

歴史を楽しみながら、また、切りたい縁、結びたい縁を考えながら、是非、訪問をしてみてはいかがでしょうか?


◆アクセス
安井金比羅宮
〒605-0823 京都市東山区東大路松原上ル下弁天町70
TEX:(075) 561-5127 / FAX:(075) 532-2036

JR・近鉄
JR新幹線・東海道本線・近鉄「京都駅」から
市バス206系統北大路バスターミナル行、「東山安井」下車、南へ徒歩1分

京阪電車・阪急電車
京阪本線「祇園四条」駅から徒歩10分
阪急京都線「河原町」駅から徒歩15分






kindleユーザーの方、2014年1月26日現在、下記の本が無料ですよ♪




今回は基本的に東山参道を歩いている感じになります。

詳細な地図はこちらで確認ください。

http://www.kodaiji.com/sight/

同様の地図が現地でも配布されています。

関連記事

ブログを移転しました。新しいブログは下記になります☆
わたしの日常



2014/01/26 22:10 [edit]

category: 京都。

thread: 京都 - janre: 地域情報

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://30overmylife.blog114.fc2.com/tb.php/1396-b54d46e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログを移転しました。

プロフィール

検索フォーム

意識して生活したい。

記事カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

リンク

▲Page top