昨夜、Mr.サンデーを見ていると、浜松市の小学校児童のノロウイルス集団食中毒に関してのニュースがあり、感染源とされるパン工場について取り上げられていました。

そこで知ったのはその感染元とされる工場は食中毒等の対策についてかなりしっかりとした対策をとっている工場だということです。なんとなくわたしのイメージで杜撰な衛生管理の結果かと思っていたのですが、ニュースによると、そうではなく、きちんと対応をしていたにもかかわらず、今回の結果に繋がったということでした。

ノロ、加熱後のパンに付着か パン工場「心からおわび」
 「心からおわびします」。浜松市の小学校児童のノロウイルス集団食中毒で、原因となった給食パンを製造した同市東区の菓子製造業「宝福(ほうふく)」の太田雅之社長(53)は17日夜、市内で記者会見を開き、謝罪した。「衛生管理に努めてきた。冬はウイルスの危険性があると指導はしていた」とも話したが、欠席者数1133人、小中学校、幼稚園の17校を閉鎖に追い込んだ代償はあまりにも大きい。
 工場内からノロウイルスが検出されたことについて、「食パンが原因だと思っている」と話し、加熱後のパンに工場内でウイルスが付着した可能性が高いとの考えを示した。
 同社によると、小学校などで嘔吐(おうと)・下痢被害が相次いだ前日の14日の給食に、同社で製造した食パン685本を計24校の小学校や中学校に配送したという。
 パン製造の加熱後の工程には作業員23人が携わっており、13日に食パンの製造を終えて箱詰めしていた。同社では約20~30品目のパンを製造しており、中区、東区、浜北区、天竜区などの幼稚園、小学校84校に納入しているという。
 ノロウィルスの感染源に質問が集中したが、太田社長は「人間からなのか、あるいは作業所からなのかはまだ断定はできていない」と述べ、「客観的な結果を待って誠意を持って対応していきたい」と話した。
 同社の衛生管理については、「冬はウイルスの危険性があると指導はしていたつもりだが、こうなったことは真摯(しんし)に受け止め、反省している」と述べた。
 また、11日に工場で働く男性作業員1人が「体調が悪い」と訴え、同社が12日から15日まで出勤停止を命じていたことも明らかに。この男性は検査の結果、ノロウイルスは陰性だったという。
 15日、16日に製造されたパンは自主回収する予定だが、回収する個数は明らかにしなかった。



そして、昨日、初めて知ったのですが・・・


 ・ノロウィルスには潜伏期間がある
 ・感染しても発症しない人がいる=でも、菌は保有している・・・
 ・アルコール消毒は効かない
 ・予防にはとにかく手洗い、煮沸消毒



とのこと。自分には症状が出ていないから安心♪ではなく、この時期、とにかく手洗いを徹底して、料理をすることの必要性を認識しました。

以下は厚生労働省のノロウイルスに関するQ&Aより引用しております。

ノロウィルスの感染経路
(1)患者のノロウイルスが大量に含まれるふん便や吐ぶつから人の手などを介して二次感染した場合
(2)家庭や共同生活施設などヒト同士の接触する機会が多いところでヒトからヒトへ飛沫感染等直接感染する場合
(3)食品取扱者(食品の製造等に従事する者、飲食店における調理従事者、家庭で調理を行う者などが含まれます。)が感染しており、その者を介して汚染した食品を食べた場合
(4)汚染されていた二枚貝を、生あるいは十分に加熱調理しないで食べた場合
(5)ノロウイルスに汚染された井戸水や簡易水道を消毒不十分で摂取した場合

ノロウイルスに感染するとどんな症状になるのですか?
A8
 潜伏期間(感染から発症までの時間)は24~48時間で、主症状は吐き気、嘔吐、下痢、腹痛であり、発熱は軽度です。通常、これら症状が1~2日続いた後、治癒し、後遺症もありません。また、感染しても発症しない場合や軽い風邪のような症状の場合もあります。

手洗いはどのようにすればいいのですか?
A15
 手洗いは、調理を行う前(特に飲食業を行っている場合は食事を提供する前も)、食事の前、トイレに行った後、下痢等の患者の汚物処理やオムツ交換等を行った後(手袋をして直接触れないようにしていても)には必ず行いましょう。常に爪を短く切って、指輪等をはずし、石けんを十分泡立て、ブラシなどを使用して手指を洗浄します。すすぎは温水による流水で十分に行い、清潔なタオル又はペーパータオルで拭きます。石けん自体にはノロウイルスを直接失活化する効果はありませんが、手の脂肪等の汚れを落とすことにより、ウイルスを手指から剥がれやすくする効果があります。

調理台や調理器具はどのように殺菌したらいいのですか?
A16
 ノロウイルスの失活化には、エタノールや逆性石鹸はあまり効果がありません。ノロウイルスを完全に失活化する方法には、次亜塩素酸ナトリウム※、加熱があります。
 調理器具等は洗剤などを使用し十分に洗浄した後、次亜塩素酸ナトリウム※(塩素濃度200ppm)で浸すように拭くことでウイルスを失活化できます。
 また、まな板、包丁、へら、食器、ふきん、タオル等は熱湯(85℃以上)で1分以上の加熱が有効です。

 なお、二枚貝などを取り扱うときは、専用の調理器具(まな板、包丁等)を使用するか、調理器具を使用の都度洗浄、熱湯消毒する等の対策により、他の食材への二次汚染を防止するよう、特に注意するよう気をつけましょう。

※塩素系の漂白剤(使用に当たっては「使用上の注意」を確認しましょう。)



改めてみると当たり前のことが記載されていますね。が、ついつい疎かになりがちなことでもあります(個人的には)。


20140120 _ 手洗い場


特に手洗いは割りといい加減だったりするので・・・家事を預かる身としては引き締めてかかりたいと思います!わたしが感染したら、十中八九、主人も感染しそうだしね。汗


ノロウィルスかどうかは分かりませんが、過去2回ほど、感染性胃腸炎にかかったことがあります。そのときの悶絶するような腹痛と嘔吐、下痢、発熱、そして驚くような寒さを思い出すともう二度とかかりたくありません・・・><

気を引き締めていきたいと思います!

皆様もどうぞお気をつけあそばせ。


【ノロウィルスに関するHP】
厚生労働省 ノロウイルスに関するQ&A
感染症情報センター ノロウイルス感染症とその対応・予防(家庭等一般の方々へ)
ノロウイルス・ロタウイルスの症状・感染経路

関連記事

ブログを移転しました。新しいブログは下記になります☆
わたしの日常



2014/01/20 13:42 [edit]

category: 家事。

thread: 頑張れ!主婦!! - janre: 結婚・家庭生活

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://30overmylife.blog114.fc2.com/tb.php/1379-039e924a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログを移転しました。

プロフィール

検索フォーム

意識して生活したい。

記事カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

リンク

▲Page top