--.

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログを移転しました。新しいブログは下記になります☆
わたしの日常



--/--/-- --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --
先日、拝見した記事が非常に印象に残っております。ちょっとどこの記事なのか失念したのですが・・・



ネットでモノを買うということは頭でモノを買うということ。



感覚や感触、気持ではなく、その機能性ゆえにモノを買うのだと。非常にストーンと胸に入ってきました。

実際に商品に触れることなく、商品説明やレビュー、口コミなどを参考に頭で決断をして、買い物をします。もちろん、そこにいたるまで写真や動画に触れて心動かされて買う、ということもあるでしょう。でも、それ以上にその商品に付随する説明文やキャッチ、口コミ、レビューにも頭が動かされていることを感じます。

それが悪いと決め付けておられるのではなく、実際にモノに触れて、感触を楽しみ、心動かされて、買うのとは違う次元がそこにはある、と展開されていました。確かに違う次元があるのかもしれない、と思いました。


また、そこから思い出した記事に下記の記事があります。


牛、羊、ヤギ・・・家畜はネットで買う アフリカで急成長する個人売買サイト


まず、タイトルにドキリとしました。「家畜をネットで買うのか?」と。会員登録をしないと全文が表示されませんが、無料ですので興味のある方は是非、どうぞ。記事の内容時代はオーソドックスにケニアで普及する個人売買サイトについての苦労話などの顛末が書かれており、家畜に関しては非常にサラリと流されております。

ここでの家畜の売買ということも基本的には必要に迫られて頭で買う、ということなのだろうか、と考えてしまいました。


最近、書店で本を手にしたときに、よほどのお気に入りの作家でないかぎり、ついつい携帯電話を開き、アマゾンのレビューをチェックしてしまうわたしがいます。そう、アマゾンの星はどんな状況にあるのか、レビューはどんな感じだろうか、買うに値する本なのか、購入しても後悔をしないだろうか、などと確認をするためにアマゾンの該当ページをチェックするのです。

それを合理性ととる人もいるでしょう。

でも、わたしはその行為に非常に情けなく感じるときがあります。自分でその本を見て判断することが出来なくなっている自分がそこにいることを感じます。

その点、ネットショッピングに抵抗を示す主人はじっくりと本をチェックし、自分の見た目を信じて購入しています。それを羨ましく思いながらも、他人の評価、世間の評価を気にして本を購入する判断基準にするわたしがいます。


20140120 _ パソコン


今更、ネットショッピングを完全にやめようとは思いません。この便利さ、この楽チンさを知った以上、ネットショッピングの世界から逃れることは難しいでしょう。

でも、もう少し比重を考えてみたいと思います。本当に思います。

現状が・・・


 ネットショッピングでの買い物 >>>> 店舗での買い物


になっています。圧倒的にこうなっております。特にアマゾンプライム会員になってからその傾向が甚だしいですね><

なので、これを今後は・・・


 ネットショッピングでの買い物 = 店舗での買い物


にしたいな、と思いました。そして、自分の感性、自分の感覚を信じられるようになりたいです。切実にそう願います。


【余談】
先週末頃から某掲示板等で話題になっていたコレ。

米アマゾン、注文前に商品出荷するサービス検討中
米ウォール・ストリート・ジャーナル系「Digits」は17日(現地時間)、米アマゾンが取得した特許からの情報を元に、同社が「顧客が商品を購入する前に、商品を出荷するサービス」を検討していることが明らかになりました。もはや何を言っているのかサッパリ分からない…といった状況ですが、配送速度にこだわるアマゾンはかなり本気のようです。
具体的には、ユーザーが商品を閲覧していた時間やマウスカーソルの滞在時間(例えば、購入ボタンなどの上で押すか・押さないかで迷っていたなど)、過去の購入履歴を元に「購入する可能性が高いか否か」を判断。まさにビッグデータの有効活用ともいえる仕組みを通じて、先読みで商品を出荷してしまおうというものです。なお出荷については、ユーザーが居住する最寄りのハブ(拠点)かトラックとなっています。
日本でもアマゾンの倉庫が増えるに伴い、大型商品やニッチ商品において「お急ぎ便」の効果が薄れつつあります。例えば、首都圏在住者が西日本に在庫がある商品を注文する場合、お急ぎ便であっても翌日配達といった状況が多発しており、ユーザーからは不満の声が挙がっていました。
仮に上記のシステムが採用されれば、在庫を流動的に動かしてお急ぎ便の効果を高める事が可能です。もちろん、推測の精度が極めて高いことが前提条件となり、精度が低ければ低いほど輸送コストがかさむだけに諸刃の剣そのもの。しかし、国土の広い米国ではハブ間輸送が日本以上に課題になっていると思われるだけに、今回のシステムがもたらす効果は大きいのではないでしょうか。
近い将来、注文してから30分で届く未来が訪れるかもしれません。


注文する前に発送って・・・汗。

この記事も色々と考えさせられるものがありました。人間の行動はある程度、予測のつくものだろうなどなど。。。



関連記事

ブログを移転しました。新しいブログは下記になります☆
わたしの日常



2014/01/20 10:17 [edit]

category: 買い物。

thread: 頑張れ!主婦!! - janre: 結婚・家庭生活

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://30overmylife.blog114.fc2.com/tb.php/1377-a21d9f50
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログを移転しました。

プロフィール

検索フォーム

意識して生活したい。

記事カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

リンク

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。