--.

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログを移転しました。新しいブログは下記になります☆
わたしの日常



--/--/-- --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --
昔、女友達が言いました。



「少々の難が目に付くけれど・・・結婚して一緒に生活をすれば慣れるってことあると思う~?」



と。

当時、彼女は既婚で付き合った期間も含めれば10年以上、ご主人と一緒におり、二人の子持ちになりました。

彼女にとってご主人は三人目の彼氏(だっと思う)。その前に付き合っていた彼氏には彼女が熱烈に恋をして、そして破れました。その傷心をつくようにご主人が彼女に猛アタック。


彼女を見て思っていました。わたしはいつも思っていました。



「女はやはり愛されて結婚するのが幸せなのよね」



その彼女から出た冒頭の台詞にちょっと考えさせられました。

彼女は多分、好きというベクトルでは昔の彼のほうが上だったのだろう。遥かに上だったと思う。でも、彼とは結ばれなかった。というか、結果として、彼女は捨てられるような形になりました。そして、熱烈に愛してくれるご主人と若くして結婚をして、子供にも恵まれ、家も購入して、パート主婦ライフ。彼女は幸せだと思っていました。

会えば、いつもご主人とご主人の家族というか親族の愚痴をこぼすけれど、それも結婚した女の嗜み(?)みたいなもんよね、と捉えていました。


その彼女から冒頭のセリフが出てきて色々と考えるものがありました。


わたしの返事は正直に答えました。


「結婚前に無理なものが結婚していい方に好転するってことはなかなかないんじゃない?」


と。やおら彼女は遠い目をして、呟きました。


「そうだよね・・・」


と。

何を言いたいのか知りませんし、分かりません。ただ、うっすらと想像はつきます。が、そんなことは結婚前から分かっていたこと、それが結婚して15年近くたとうとしている今にして目に余るようになったのでしょうか?いや、15年近く経ったから、忍耐が切れ掛かっているのだろうか、と思いました。

それともご主人の愛のベクトルが薄れかかっており、彼女にきいていたマジックが切れ掛かっているのだろうか?



よく言われるのは恋愛において男は加点方式、女は減点方式。つまり男はロマンティスト、女はリアリスト、ということでしょうか。

男は昔のよいことを思い出にし、女は恨みを忘れない、みたいな。(笑)いつまでも、いつまでも恨みは忘れない、とw



この理屈でいくと彼女にとってご主人への減点がついに「0」点になったのかなぁ・・・となんだかシミジミとしちゃいました。で、昔は無視できた「難」が目に付くようになったのか、と。


ハッピークリスマスメールを見ながら、そんなことを思い出しました。

ま、それでも、今夜は家族で楽しいクリスマスを過ごすのでしょうが。



20131224 _ クリスマス写真



メリークリスマス!

皆様も楽しいクリスマスをお過ごしください。


関連記事

ブログを移転しました。新しいブログは下記になります☆
わたしの日常



2013/12/24 14:58 [edit]

category: 女友達。

thread: 主婦のつぶやき - janre: 結婚・家庭生活

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://30overmylife.blog114.fc2.com/tb.php/1316-65f999f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログを移転しました。

プロフィール

検索フォーム

意識して生活したい。

記事カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

リンク

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。