--.

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログを移転しました。新しいブログは下記になります☆
わたしの日常



--/--/-- --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --
わたしはkindleユーザーです。なので、電子書籍は全てAmazon.co.jp(アマゾン)で購入し、kindleで読んでおります。はじめは本は紙に限る、と思っておりましたが、慣れると電子書籍は電子書籍で魅力がたっぷり。

ITmediaにおいて、amazonのkindleストアに関する記事がありました。

Amazon「Kindleストア」を徹底解剖する

これがなかなか詳細に分析されており、なかなか面白いので紹介をさせていただきます。わたしは電子書店に関してはAmazon.co.jp(アマゾン)のkindleストアしか知らないので、それで十分、満足をしておりますが、これを読んでみると「なるほど、確かに」と思う部分が多々ありました。

また、以下の事をしり、ちょっと感動中。笑

購入した作品には再ダウンロード期限などは設けられていないので、クラウド上にある本棚から何度でもダウンロードできます(☆+0.5)。端末の故障によるファイル紛失といった心配は原則としてありません


そうなのか!と。

総括として、

 もともと紙の本の通販で強い基板を存分に生かした電子書店なので、探しやすさという点では飛び抜けています。ラインアップは当初より確実に増えており、ベストセラー作品の網羅率はかなり高いものがあります。さまざまなセールや、Kinde連載などの仕掛けは、ユーザーの高い満足度が得られているでしょう。

 他方、Kindle for PCの日本語版がいまだに提供されていないこと、Androidアプリにはコレクション機能がないなど他のデバイス向けビューワに比べ劣っているといった、残念な部分もまだまだ見受けられます。定期刊行物を配信する「ニューススタンド」メニューも、日本ではまだ稼働していません。日本へ上陸した黒船はあっという間に大きなシェアを獲得しましたが、まだまだ改善の余地は多く残されている状況だと感じられます。


とまとめられています。

が、kindleしか知らないとこれで意外と満足をしちゃうんですよね。で、kindleで読めないとマーケットプレイスで中古本を探そう、そっちのほうが安いときもあるし、と頭をすぐに切り替えできるところがAmazon.co.jp(アマゾン)のいいところでもあると思います。


また、わたしは元々、Amazon.co.jp(アマゾン)でよく買い物をします。楽天市場よりも愛用している、と思います。やはり個人商店の集まりである楽天市場よりも、総合百貨店形式のAmazon.co.jp(アマゾン)は比較も買い物も容易、そして、送料も無料、返品交換も容易、注文から発送も迅速、という点でAmazon.co.jp(アマゾン)の凄みと強さを感じます。まぁ、日本経済的にはどうか、と思いますが・・・おまけに電子書籍には関係ないですが・・・

個人的にはAmazon.co.jp(アマゾン)のヘビーユーザーにはkindleストアは向いている、と思います。洗脳されているのかもしれませんが、やはり慣れているため、使いやすい、探しやすい、注文しやすい、そしてダメならリクエストかマーケットプレイスへ、というノリでいけますので。


しばらくこのシリーズを追いかけようと思います。

この機会に他の電子書店もチェックをしてみようと思いますので。でも、kindleという端末で他の電子書店の本も購入できるのか?などということも知らないので~汗。


こちらも参考にどうぞ。

Amazon、Kobo、ソニー――出そろった各社の電子書籍端末新モデルを比較
Amazonの新型電子書籍リーダー「Kindle Paperwhite 2013年モデル」を使ってみた
電子書籍ストア比較


関連記事

ブログを移転しました。新しいブログは下記になります☆
わたしの日常



2013/12/06 17:44 [edit]

category: PC。

thread: タブレット関連 - janre: コンピュータ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://30overmylife.blog114.fc2.com/tb.php/1271-66a802cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログを移転しました。

プロフィール

検索フォーム

意識して生活したい。

記事カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

リンク

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。