--.

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログを移転しました。新しいブログは下記になります☆
わたしの日常



--/--/-- --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --
さて、いよいよ福岡でのGPFがはじまりますね。

高橋選手の調子も気になりますが、チャンスが転がり込んできた織田選手になんとか「ここに織田信成あり」という存在感を魅せてもらいたいです!

<フィギュア>GPファイナル5日開幕…浅田、町田ら出場
上位6人・組が出場する。日本からは女子に昨季のGPファイナル女王、浅田真央(中京大)が出場。男子は、町田樹(たつき)=関大、羽生結弦(ゆづる)=ANA、織田信成(関大大学院)の3人が出場する。高橋大輔(関大大学院)が右すねのケガにより辞退し、織田が繰り上がった。成績はソチ五輪代表選考の参考になり、日本人最上位メダリストは代表に大きく近づく。また、大会終了後に、ソチ五輪団体に出場できる10カ国・地域が発表される。【芳賀竜也】

 ◇浅田、連覇に死角なし…女子

 浅田が頭一つ抜けており、ファイナル連覇への期待が高まる。浅田はGP2戦連続で合計200点超と安定。看板のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)をショートプログラム(SP)で1回、フリーで2回の計3回跳ぶ目標も掲げている。表現力を示すプログラム構成点もライバルの追随を許さない。

 浅田を追うのがロシアが地元のソチ五輪を見据え強化してきた若手たちだ。14~17歳の4人が出場。筆頭格のユリア・リプニツカヤはGP2連勝で臨む。高難度の3-3回転連続ジャンプが武器だ。

 ◇町田、王者に挑む…男子

 世界選手権3連覇中のパトリック・チャン(カナダ)の優位が揺るぎそうにない。フランス杯で世界歴代最高得点を塗り替え、合計点は前人未到の300点台に達しそうな勢いだ。だが、4回転ジャンプの精度にばらつきがあり、付け入る隙(すき)もある。

 日本勢は、GP2連勝の町田に注目。ロシア杯では調子が下降気味だったが、勢いはある。2種類の4回転ジャンプをそろえる羽生も安定。織田も、五輪代表レースでのアピールの場にしたい。


それと同時にゴールデンスピンにて今シーズン初めてキム・ヨナ選手が登場します。彼女がそこで見せる滑り、そして、点数に注目をしたいところです。彼女はどれほどの完成度をもってして登場するのか。ニュースによると現在は100%だそうですが・・・

それに伴い、フィギュアスケート有名ブロガーの動きがなかなか面白いものがあります。

特定の選手に対するアンチ派、擁護派、ISU陰謀派、ISU順法派、審判買収派、などなど。現在のフィギュアスケート界ではあらゆる戦いが繰り広げられているといっても過言ではありません。いずれにしてもいささかやりすぎのような気がしますが・・・単純なファン心理で片付けられない怖さがあります。


そんな中で今更に思ったのは、セクシーvs可愛い、どちらが有利か、というどうでもいいこと。


ここにきて、日本において韓流の失速が言われるようになりましたが、韓流(特に歌手)は分かりやすく「セクシーかつ格好いい」をウリにした流れだとわたしは認識しています。だからこそ、「可愛い」が主流の日本市場において、それなりに受けたのだ、と。

だが、日本人の根本的なアイデンティティには「かわいい」が染み付いており、韓流は珍しさが消えれば失速は当然でしょう。


が、世界的に見て日本の「かわいい」文化はどれほど浸透しているのだろう、などと思いました。そして、フィギュアスケートの世界において、セクシーさとかわいさのどちらが有利なのだろうか。


キム・ヨナ選手がセクシー、浅田真央選手がかわいいを売りにしているとは言いません。

今シーズンの浅田真央選手は「かわいい」選手ですが、フィギュアスケートにおいて「かわいい」を売りにしているとは決していえません。彼女の表現力は確かな滑りと高難度の技術を売りにした力強いものだと思います。浅田真央にしか出来ない高みに到達しつつあると思います。

一方でキム・ヨナ選手はその選曲からして、明らかなセクシーさをアピールしてくることだと思います。

わたしはキム・ヨナ選手が分かりやすくセクシーを売りにしたのは韓国文化の流れもありますが、それ以上に高難度の技を持ち、芸術性あふれる浅田真央選手に分かりやすく対抗するために持ち出した戦略の一環でしょう。そして、それが頂点に達したのがバンクーバー五輪でしょう。キム・ヨナ選手はバンクーバーという大舞台でこれ異常ないほど完璧、かつ、分かりやすいセクシーさでアピールをしました。彼女の勝利は疑う余地ありません。


それから4年。


ソチ五輪に向けて、浅田真央選手は苦難のときを乗り越え、今まさに大輪の花を咲かそうとしています。彼女はセクシー路線に走ることはありませんでした。彼女は年と経験を重ねるにつれて、円熟した大人の女性になりましたが、やはりどこか色濃く「かわいい」を残しています。日本人ゆえの感性なのかもしれませんが、わたしにとって浅田真央選手は「かわいい」選手です。

一方、キム・ヨナ選手は試合に出る回数は減りました。が、たまに見る彼女はやはりセクシーな選手だと思います。分かりやすいほどにセクシー。だからこそ、彼女はジャッジに受けるのでしょう。積み重ねた実績と共に。

今回のゴールデンスピンにてキム・ヨナ選手は優勝するでしょう。出場する選手を見ていると優勝以外ありえないでしょう。そして、ある程度の高得点をたたき出してくるでしょう。彼女には積み重ねた実績と審判にアピールするセクシーさがあるのですから。ただ、どこまで持ち直してくるか、そこが非常に気になるところです。キム・ヨナは強い選手です。キム・ヨナがキム・ヨナである所以がその強さにあるのですから。


ソチ五輪では浅田真央選手に金メダルを獲得することを願ってやみません。


ま、実際のフィギュアスケート競技においてはセクシー、かわいい、云々よりも技術が問われますが、審判へのアピールにはセクシーさのほうが分かりやすいのかな、と思います。


何よりも・・・


浅田真央にしかできない高みに到達し、ソチ五輪で完璧な滑りを披露することを願ってやみません。


冷たく燃える季節。


毎年、この時期は異が痛くなりますね。





関連記事

ブログを移転しました。新しいブログは下記になります☆
わたしの日常



2013/12/04 09:28 [edit]

category: スポーツ。

thread: フィギュアスケート - janre: スポーツ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://30overmylife.blog114.fc2.com/tb.php/1265-238b2292
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログを移転しました。

プロフィール

検索フォーム

意識して生活したい。

記事カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

リンク

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。