--.

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログを移転しました。新しいブログは下記になります☆
わたしの日常



--/--/-- --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --
タイトルに再読と記していますが、実際には何度目か不明。でも、かなり久しぶりであることは確かですね。内容もちょっとあやふやになってしまいました。汗。



年末に向けて何かと入り用のこの時期。

改めて己の財布を引き締めたいと思います!


買っても大丈夫、買わなくても大丈夫。
お金があっても大丈夫、お金がなくても大丈夫。



その心境にはなかなか至れそうもなれず・・・


●ただ、何となく/習慣でつい
 (例)用もないのにコンビニへ行って、何かを買う。
●安いから/お得だから
 (例)好みのためではなく、「節約のため」「お得だから」で買う。
●面倒だから/時間がないから
 (例)「もうコレでいいや」という中途半端な選び方。
●ストレス解消のため/自分にご褒美
 (例)嗜好品や趣味のものに。
●皆が持っているから
 (例)「テレビでみた」「雑誌に載っていた」等がきっかけとなる買い物。



でも、そうやってちまちま繰り返すムダ遣い、実は結構な金額になるんですよね・・・


「将来が不安」→「お金を使いたくない」→「節約する」→「ストレスが溜まる」→「小さなムダ遣いをする」→「お金が貯まらない」→先頭に戻る


わたしはこの悪循環になんだか見覚えがあります。小さなムダ遣いあたりに・・・では、この悪循環が抜け出すために・・・どうすればいいのでしょうか。


そう!買わなければいいのです。


過剰摂取(買いすぎ=ムダ遣い)を止め、お金の流れを適正規模に戻すためにはデトックス(買わない)を試みましょう。



何を買わないか。その前に現在の暮らしの棚卸しする必要があります。暮らしの棚卸しとは「持っているモノの数を調べる」こと。具体的には衣服類、食器、調理器具、食品、消耗品、文房具など。そうすることで自分が保有しているものに気づくとともに、その数を把握することができます。

そうしたうえで「買わない習慣」に入ります。


20131119_金子由紀子 買わない習慣


ここでいう「買わない習慣」とは全く何も買わない、ということではなく、「つまらないモノ」を買わない習慣を身につけることを指します。

「つまらない」とは個人の暮らしにとってつまらない、暮らしを豊かにしてくれないという意味です。基軸は自分という個人です。

自分が捨ててきたもの。そして、収納として眠っているもの。生活の中で眠っているもの。さらに、形のない商品、「サービス」や「娯楽」の中でつまらないものがなかったか。

過去を振り返り、部屋を振り返り、自分のものを見直しましょう。

そして、それらを買った場所に近づかないようにしましょう。具体的には・・・

100円ショップ
コンビニエンスストア
大型ホームセンター/ディスカントストア
バーゲン、セール
ファミレス/ファストフード/チェーン飲食店
郊外型メガモール



つまり、「人がいない店=コミュケーションがない店」。ものを手に入れてもその買い物そのものには満足をしていないのかもしれません。


買わずに楽しく暮らすためには・・・


①解像度をあげる
②速度を落とす
③角度を変える



身近な世界をよく眺め、そして、それらを大切にし、愛しく思う心を持とう、ということかなぁ、と解釈をしています。現状に不満をぶつけるのではなく、いかにして現状をゆるりと眺め、現状に満足できるか否か、その違いって結構、大きいな、と思います。

そして、その生活の中、買わずに切り抜ける技術も身につけるべき。自分で作る、借りる、シェアをする、もらう、拾うなどなど。それはある意味、今までお金を払って済ませていたことを自分の頭と手、豊かなコミニュケーションの中、生み出すもの。

また、医療費を捻出しないで済むように健康的な躰を作る生活を意識する、図書館を利用する、お弁当を楽しんで作る、ペットボトルのお茶ではなく、自分でお茶をいれる、そして、何よりも人と比べない。

 何もない大きな真っ白な壁をしばらく見つめてください。すぐに目が回り、気分が悪くなるはずです。視覚によって自分の位置を確認できなくなると、人間の感覚はたちまち狂い始めるのです。
 人と比べるのは無意味なこと、そう思っても、人は自分を、何かと比べることでしか認識できません。どんなに快活でいようと努めても、優雅な暮らしをしているように見える人を見ると、ついつい情けない気分になってしまう。
 しかし、その「位置」は定められたものではありません。自分も、周囲も、その位置は時々刻々と変わります。現在の自分を「属性」ではなく、「状態」と捉えれば、いたずらに自分を卑下したりせずに済みます。心のバランスは、買わない暮らしにとってとても大切なものなのです。


「属性」では「状態」と捉える。

属性
 ある事物に属する性質・特徴。

状態
 人や物事の、ある時点でのありさま。


うっすらと言わんとすることは分かります。

属性ではなく状態。人は変わるもの、移ろうもの。そんなものに振り回されてどうするのか?


「買わない一週間」チャレンジレポートを読んで、とりあえず、毎月1回、買わない一週間の週をつくるよう意識しようと思います。明日から・・・と言いたいところですが、すでに買い物を開く予定が有。様子を見て111月中にチャレンジをしたいと思います。


そして・・・やっぱり買うことも大切。

現実問題、現代日本で何も買わないで生活をしていける人はごく少数でしょう。やはり、生活を送るうえで最低限の買い物が必要。そして、その買うものは決してつまらないものではなく、生活に何かしらの潤いを与えるもの。その基準は人それぞれだと思います。それぞれの価値観の中で潤い、楽しみ、明るさを与えてくれるものを購入すればよいのではないでしょうか。

わたしにはやはり「モダンデザインの父」であるウィリアム・モリスの言葉を。画面左のプロフィール欄にも戒めとして記載をしているのですが・・・何故か忘れますね・・・


役に立たないもの、美しいと思わないものを家に置いてはならない。



これを生活全般に応用できるといいのですが。刹那の欲望、快楽に負けるのではなく、いかにして自分を律し、自分の生活に鮮やかな彩りを与えてくれるものを選択できるか・・・そこにわたしという人間の個性が問われるのでしょう。

そんなことを思いました。


とりあえず、「買わない一週間」を実践したいと思います。



【金子由紀子さん関連記事をまとめました。】
■金子由紀子著『買わない習慣』を読む。
■『何も買わない生活』をできるだろうか。
■買わない週間をやろうと思う。
■何ゆえにこんなに多いのか。
■金子由紀子著『時間上手の暮らし方』を読む。





関連記事

ブログを移転しました。新しいブログは下記になります☆
わたしの日常



2013/11/19 08:24 [edit]

category: 節約。

thread: 頑張れ!主婦!! - janre: 結婚・家庭生活

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://30overmylife.blog114.fc2.com/tb.php/1238-a59f6d8e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログを移転しました。

プロフィール

検索フォーム

意識して生活したい。

記事カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

リンク

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。