--.

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログを移転しました。新しいブログは下記になります☆
わたしの日常



--/--/-- --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --
読み始めた当初、なんとなく、わたしは『花より男子』を思い出しました。でも、今は全く別物として認識をしておりますが・・・

現在、はまっているネット小説。


謙虚、堅実をモットーに生きております!


ネット小説・・・山ほど読みましたが、本当にカスみたいな作品もある中で、たまにおお!!!というレベルの作品があったりします。まさに玉石混淆の世界。そのおお!!という作品にたどり着くまでが大変なのですが・・・

上記の作品はその「おお!!!」から「今後、どうなるの~ワクワク」「書籍化されたら買うよ(多分・・・)」レベルの作品です。あくまでもわたしの中では。

わたしはやっぱりファンタジー系やら異世界トリップものや転生ものにははまれないのですが、ネット小説の世界にはその類の小説がゴロゴロ。そして、この謙虚、堅実をモットーに生きております!もその類に入るのかな?

小学校お受験を控えたある日の事。私はここが前世に愛読していた少女マンガ『君は僕のdolce』の世界で、私はその中の登場人物になっている事に気が付いた。 私に割り当てられた役は、庶民である主人公をいじめ倒し、主人公と恋に落ちる通称皇帝と呼ばれる御曹司との仲を引き裂く、典型的な悪役お嬢様、吉祥院麗華だった。 物語の最後で、麗華は皇帝から報復され家ごと破滅させられる。悪役は消え、主人公達は苦難を乗り越えて結ばれる。めでたしめでたし。 ってそんなの困るー! マンガはそれで終われるけど、私には没落後の人生があるんだから! 主人公達は恋だ、愛だとどうぞお好きに騒いでいてくれてて結構。私は皇帝の怒りを買わないように、存在消してます。 えっ?悪役がいないから物語が上手く進まない? でも私は没落後を見据え、貯金と勉強に忙しいんです。少しでも破滅を回避する為に、皇帝には関わりたくないんです。運命のカップルなら、障害がなくても自力で盛り上がって下さいよ。 前世はド庶民。現世はお金持ちの家の悪役お嬢様。ジャンクフードの味が忘れられず、こっそり家を抜け出して、ポテチ買いに行ってます。


愛読していた漫画の悪役令嬢として蘇った(?)主人公が外面お嬢様、内面庶民でウキウキワクワクの高校生活ライフを送ります。

そのウキウキワクワクの学生生活ライフをうま~く、飽きさせず読ませるんですよね~。ネット小説のため、市販の本にあるように起承転結、コンパクト!に物語をまとめる必要も無く、ただ、ただひたすら麗華様のお嬢様ライフが描かれています。

そして・・・

決して皇帝に近づくまい、決して皇帝に恋するまい、決して皇帝の視界に入るまい、とする主人公。

それがいきすぎ、現在、ヒロインは皇帝を小馬鹿にしまくっています、ええ、心の底から。「あれが皇帝か?」と。そして、原作では紛うことなきヒロインでり、お嬢様の敵だったはずのヒロインはなんだか妙に逞しいし、でも、妙に彼女に保護欲をそそられている主人公。


これ、いつ終わるのか不明ですが、現在、168話。。。

今から読む方にはご同情申し上げます。

わたしが読み始めたとき、50話ぐらいまで進んでいました。が、それでもしんどかった記憶があります。一話、一話が意外とボリューミーなのよね・・・


恐らく、作者は全てを一気に書き上げた後、毎日、少しずつ投稿している(23時58分頃が多い)と思います。なので、作者の中では主人公の吉祥院麗華が誰と恋に落ちるのか、はたまたぼっち村をひたすらゆくのか、そして、吉祥院家は没落するのか否か、すべてがもう定められていると思います。

作者の手に踊らされていることを感じます・・・

分かっているんです~

でも、読まずにはいられない。気分は少女マンガにはまった女子高生の気分です。


個人的に麗華様の恋の相手にはあ~たんこと梅若飛鳥をオススメしたいのですが・・・物語的に梅若は添え物的?しかもライバルはベアトリーチェ?そのライバルさえ受け入れることが出来たならば(?)、梅若はいいと思うよ~好きになった相手には一途で情熱的だと思う。何せベアトリーチェで証明されているしwww

もしくはやはり、残念皇帝、鏑木がいいのか・・・と思ったり、いやいや、腹黒円城のほうが・・・うーん、違う、常識男水崎くんが一番いいか♪と迷う日々。笑。あ、過去世の運命の人だった成ちゃんもいるなぁ~。ひょっとして大穴の中の大穴、未だに名前が不明な委員長!?意外と麗華様を理解しているしwww

ま、いずれにしても相手が麗華様に惚れないとね笑

また、現在のところ、残念皇帝ですが、いずれ、皇帝の株が上がる場面があると思います。この作者、とりあえず、重要と思われる人物は一度、好感度を下げて、そして上げる、という読者にカタルシスを呼び起こす作戦を用いているように思いますので・・・なので、いつか、皇帝・鏑木の株は必ずあがると、あがると!信じております(駄洒落じゃないよw)。

で、やっぱり麗華様×皇帝になるんじゃないかな~・・・と。

麗華様が「嫌だ、我が家の没落が~」と騒いでいる横で、皇帝が麗華様の腕をがしっと掴み、高笑いをしている絵姿を勝手に思い描いております。


この作者、かなりの博識なんじゃないかしらね~それとも本物のお嬢様だから書ける世界なのかな~たまにはさまれる薀蓄とかトリビア的な知識は勉強になります。


【追記】
一応、念のためにPDFデータをわたしのためのバックアップデータとしてマイPCに落としています。いつ何時、書籍化→消える!ルートにのってもよいようにwww皆様にもオススメいたしますわ~


関連記事

ブログを移転しました。新しいブログは下記になります☆
わたしの日常



2013/11/18 12:07 [edit]

category: 読書。

thread: 読書感想 - janre: 小説・文学

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://30overmylife.blog114.fc2.com/tb.php/1236-38218a3f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログを移転しました。

プロフィール

検索フォーム

意識して生活したい。

記事カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

リンク

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。