--.

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログを移転しました。新しいブログは下記になります☆
わたしの日常



--/--/-- --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --
【 第1グループ 】
1:コンスタンティン・メンショフ(ロシア)147.75点(技術点78.19点、演技構成点69.56点)合計221.32点
冒頭、4T単独。4T2T。それにしても第1グループの1番滑走から4回転をいれてくるとは・・・時代が変わったことを感じます。ベテランらしく手堅くまとめてきました。演技終了後、ちょっと微妙な表情?正直なところ、面白みに欠けたかなぁ・・・


2:マックス・アーロン(米国)147.14点(技術点78.20点、演技構成点68.94点)合計223.35点
アーロンのその髪型はいけているつもりなんかなぁ~・・・?なんとなく映画『トランスフォーマー』のシャイア・ラブーフに似ておる、と今日、気付いた。困った顔、という雰囲気。

4回転を3個組み込み、後半に5つのジャンプを配した鬼プロ。冒頭の4T、高さも幅もあって素晴らしい。曲は『カルメン』。振付けパスカーレ・カメレンゴ。カメレンゴらしいドラマティックな音楽。ジャンプが決まれば盛り上がるプログラムの雰囲気。今日はジャンプが安定しませんでしたね・・・演技終了後、ため息を感じました。


3:ジェレミー・アボット(米国)158.63点(技術点78.25点、演技構成点80.38点)合計237.41点

20131108_ジェレミー・アボット

曲は『エクソジェネシス:交響曲第3部』。冒頭の4T→3T。一気に空気が変わりますね。音楽の曲調のせいもあるかもしれませんが、静謐な優雅なうっとりするような世界が目の前に広がります。美しい。演技終了後、頭を抱えて喜んでいます。

細かいミスはぽろぽろありましたけれど、「魅せる」ということをよく知っているんだろうなぁ、という感じでした。

アボットはソチへ行けるのかしら・・・と本当に気をもむけれど、ナショナルでの神演技を期待したい。


4:セルゲイ・ボロノフ(ロシア)141.38点(技術点68.96点、演技構成点72.42点)合計221.18点
ちょっと衣装が・・・何故、その組み合わせ?黒のレース上衣にボルドーのパンツ。冒頭の連続が単独の4Tに。次も単独の3Aに。ちょっとジャンプが安定しませんでした。

ソチにロシアは男子1枠しかないのですが・・・やはり華麗なる復活を遂げたプルシェンコが持っていくのでしょうか。


第1グループが終わった時点で・・・

1位 ジェレミー・アボット usa米国 237.41
2位 マックス・アーロン usa米国 223.35
3位 コンスタンティン・メンショフ rusロシア 221.32
4位 セルゲイ・ボロノフ rusロシア 221.18




【 第2グループ 】
5:無良崇人(日本)147.25点(技術点72.75点、演技構成点74.50点)合計227.22点
曲を変更したためか、安定している無良くん。パーフェクトではないけれど、前回のカナダを思い出すと格段の出来。天井カメラ、やめてー。終わりのポーズ、やっぱりステキね。最後の2回のジャンプが残念。でも、あとは全日本までもっと整えてきてくれることを期待したいです。


6:アダム・リッポン(米国)151.46点(技術点73.60点、演技構成点77.86点)合計233.71点
曲は『牧神の午後への前奏曲』。いいねー正統派、という感じがします。この曲は美少年にこそ舞ってほしい~~~それにしても佇んでいるだけで美しい・・・はぁ。

優雅です。終わりのポーズ、ス・テ・キ。ちょっと残念そうな顔でしたが、優雅でひたすら優雅ですな。完成形を見たいものです、是非。リッポンにも是非、ソチへ行ってもらいたいものです。


7:織田信成(日本)170.46点(技術点88.62点、演技構成点81.84点)合計253.16点
ローニ・ニコル振付『ウィリアム・テル』。冒頭4T3Tが3T1Tに・・・でも、その後はなんとか持ち直しました。織田選手らしい美しいジャンプですね。最後のジャンプを決めてガッツポーズ。いかにもローリーらしい振付ですね。優雅で叙情性あふれる前半に盛り上がる後半のステップ!今日はスピンのとりこぼしなどないといいのですが。。。


8:ハビエル・フェルナンデス(スペイン)145.67点(技術点66.03点、演技構成点80.64点、減点1点)合計230.45点
フェルナンデス、今シーズンの衣装はどういうセンスなのかしら・・・?フェルナンデスも鬼構成。後半に4回転を含む怒涛のジャンプ構成。しかし、ジャンプが安定せず・・・演技終了後、「やっちゃった・・・」という顔。初戦だからでしょうか・・・オリンピックメダルも狙える選手。立て直してくることを願ってやみません><


9:高橋大輔(日本)172.76点(技術点81.42点、演技構成点91.34点)合計268.31点

20131109_高橋大輔1

ドキドキ。『ビートルズメドレー』。今シーズンのこのフリーの曲はあんまり好きじゃなかったりします~涙。いくつかのミスが散見されましたが、腕の振りとかステップとか世界観が違いますよね~。PCSが91点とは・・・すげーなぁ。。。とシミジミ。

優勝、おめでとうございます!

こうなってくると高橋選手、織田選手共GPFに行けるかな?あと、町田選手、羽生選手もいけるかな、という雰囲気(?願望ですが・・・)。残り二人は・・・まず、パトリック・チャンが入ってくるでしょう。あと一人は誰になるだろう?ハンヤン?そうなると全てアジア系になりますね・・・


1位 高橋 大輔 jpn日本 268.31
2位 織田 信成 jpn日本 253.16
3位 ジェレミー・アボット usa米国 237.41
4位 アダム・リッポン usa米国 233.71
5位 ハビエル・フェルナンデス espスペイン 230.45
6位 無良 崇人 jpn日本 227.22
7位 マックス・アーロン usa米国 223.35
8位 コンスタンティン・メンショフ rusロシア 221.32
9位 セルゲイ・ボロノフ rusロシア 221.18



終わってからしみじみと思ったのが、フェルナンデスが5位とは意外でした。しかし、シーズン初戦ですから、今後ののびに期待。


【 NHK杯 男子FS プロトコル 】
http://www.isuresults.com/results/gpjpn2013/gpjpn2013_Men_FS_Scores.pdf
【 スポーツナビ フィギュアスケート:NHK杯・男子FS 速報 】
http://live.sportsnavi.yahoo.co.jp/live/sports/figureskate_all/1896
【 NHK男子シングル動画 】
http://www1.nhk.or.jp/sports2/figure/movies/index.html
【 GPシリーズポイント表 】
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/sports/figureskate/all/1314/ranking/64/6


さて、晩御飯の準備をしないと~

高橋大輔、復活Vも「まだまだ足りない」=フィギュアNHK杯
 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第4戦・NHK杯第2日が9日、東京・代々木第一体育館で行われ、男子フリースケーティングでは高橋大輔(関西大学大学院)がフリー172.76点、ショートプログラムとの合計268.31点で2年ぶり5度目のNHK杯優勝を飾った。

 高橋は冒頭の4回転トゥループを成功。続く2度目の4回転トゥループは3回転になってしまい、またトリプルアクセルでもバランスを崩して手をついてしまうなど、細かいミスはあったものの、その後は3連続のコンビネーションジャンプ、ステップ、スピンとしっかりとまとめあげ、場内は大歓声のスタンディングオベーションで高橋の演技を称えた。

 まさかの4位に終わった前回スケートアメリカからの巻き返しに成功し、「スケートアメリカから成長した演技だったと思います。このペースで気持ちを入れて練習をしていきたい」と充実した表情を見せた高橋。エース復活を印象付けたNHK杯だったが、高橋本人は「細かい部分ではまだまだ足りない」と100%満足はしていない。ソチ五輪代表獲得へ「五輪に向けての良いスタートにできたという形にしたい」と気持ちを引き締めた。

 以下は演技後の高橋のコメント。

■高橋大輔「この大会は五輪に向けてのリスタートとしたい」

「かなり今日は緊張感があるなかでの試合でした。気持ち的に弱気になってしまった部分が出てしまったのはあると思いますけど、スケートアメリカから成長した演技だったと思います。少しは自信になったかなと思います。6分間練習で4回転の失敗があったので不安はあったんですけど、曲が始まってからは前向きに滑ることができました。4回転を失敗したあとはすぐにトリプルアクセルに切り替えていましたし、次のことをずっと考えていました。ジャンプメインに考えて試合に入っていましたし。2回目のアクセルで手をついてしまったりしたのは悔しいですけど、スケートアメリカよりは良くなったと思うので良かったです。次はどの試合になるか分からないですけど、時間はあるし、このペースで気持ちを入れて練習をしていきたいと思います。100パーセントの演技ではなかったんですけど、スタンディングオベーションをいただいたり、大きな声援をくれたので、自分はとても幸せだと思いますし、あと少しの時間なので、いままで応援してくれた人に恩返しをできるように、もうちょっと自分自身、気を引き締めていかないといけないですね。五輪まではまだ現段階では遠い道のりだと思うので、少しでも近づけるように、五輪だけじゃなくメダルにも近づけるように、いま自分が何をしなきゃいけないかを日々考えながら頑張っていきたいと思います。

(滑る前にコーチに何か言われた?)特にはないです。ジャンプはたとえ失敗しても見た目としては良い状態だと言ってはもらえました。自分次第なのでやることだけ考えてやりました。(自信はどの程度回復した?)SPは良い感じで滑れましたけど、FSでは不安な気持ちが大きかったし、集中し過ぎて疲れてしまったし、そういう細かい部分ではまだまだ足りないですね。急にはできないので、少しずつという意味では回復しているのかなと。この大会は五輪に向けてのリスタートとして、スケートアメリカから気持ちを切り替えて、これを良いスタートにできたという形にしたいです。

(4回転は)6分間練習で成功しなかったので、本番では思い切りやるしかないという気持ちでした。1本目は成功したんですけど、2つ続ける自信はなかったです。(靴を変えたことについて)あまり不安はなかったです。やってダメだったら仕方ないんで。(変えて良かった?)まあ、そうなんでしょうね。滑り自体も良かったし、ジャンプはばらついていますけど感じ自体は悪くないので。(気持ちの変化はあった?)シーズンに入るときとNHK杯に入る前とでは全然違いますね。平常心でいたつもりでしたが、逆に気持ちが緩んでいたのかなと思います。(GPファイナルや全日本選手権を考えると)今回、NHK杯に臨むにあたってGPファイナルのことは特に考えていませんでした。行けなかったら行けなかったで仕方ないし、とりあえず全日本に向けて練習したいと思います。少し前進できたかなというだけ。

(4回転の1本目と2本目の感覚で違いは?)1本目は思い切り行けたんですけど、2本目は『失敗したくない』という感じで、そういう気持ちでうまくコントロールできませんでした。まだ未熟ですね。久々に2本挑戦したいので、次に向けて良い場になりました。(ここまでは気持ちと体の問題、技術の問題?)いろいろですね。靴を変えたというものありますし、気持ちが乗らなかった部分もあります。いろいろなことが重なっていましたけど、最後は気持ちだと思うので頑張ります!」





関連記事

ブログを移転しました。新しいブログは下記になります☆
わたしの日常



2013/11/09 17:57 [edit]

category: スポーツ。

thread: フィギュアスケート - janre: スポーツ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://30overmylife.blog114.fc2.com/tb.php/1210-b810e55c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログを移転しました。

プロフィール

検索フォーム

意識して生活したい。

記事カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

リンク

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。