--.

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログを移転しました。新しいブログは下記になります☆
わたしの日常



--/--/-- --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --
巨人杉内、楽天美馬のそれぞれの先発ではじまった昨夜の試合。

いやー、昨夜も見ごたえがありましたね。でも、なんとなく杉内が出てきた時点で、「あ、楽天が勝つかも・・・」と思いました。前回の崩れを彷彿とさせるように今回もまた崩れ・・・なんだか、ちょっと哀れに思いました。

一方、美馬は尻上がりによくなっていき、なんで、交代~!?と叫びそうになりました。。。もっと見たかった。

とはいえ、昨夜の継投リレーは豪華でしたね。

美馬→則本→田中でその年の楽天を勝利を支えたピッチャー陣で締めましたね~。


それにしても今年の日本シリーズはハンパねぇー!!!とマジで思いました。笑


そもそも楽天が日本シリーズに初出場、ということに興味を持ち、更に無敗男マー君がどこまでいくかとハラハラし、そして、実際の試合展開が超ハンパねぇー!って興奮させられ、そして、そして、肝心の結果は7戦までもつれこむ・・・と本当にハラハラドキドキの展開ものでした。

最近は野球にあんまり魅力を感じなくなってしまっていましたが、今年の日本シリーズは違ったね~いやー、痺れたわぁ~。

マー君締めた 楽天、悲願の初日本一
<コナミ日本シリーズ2013:楽天3-0巨人>◇第7戦◇3日◇Kスタ宮城

 楽天が球団創設9年目で初の日本一に輝いた。3勝3敗で迎えた最終決戦は、今シーズンを象徴する全員野球の白星だった。

 初回、相手の失策で先制点を奪うと2回には岡島が適時打。4回には牧田のソロ本塁打で突き放した。先発美馬学は6回1安打無失点の好投。2番手則本昂大も2イニング無失点でしのぎ、最後は前夜160球を投げきったエース田中将大が9回を締めて、完封リレーを完成させた。

 星野仙一監督(66)にとっても中日、阪神時代を通じ、指揮官として4度目の日本シリーズ出場で初の「日本一監督」の座をつかんだ。

 最優秀選手には、シリーズ2勝をマークした美馬が選ばれた。

 雨が降りしきるKスタ宮城に地響きのような「タナカ」コールがわき起こった。3点リードで迎えた9回、マウンドに向かったのは前夜160球の力投も実らず、無念の完投負けを喫したマー君だった。

 「昨日は情けないピッチングだったので、今日出番がもらえるならいつでも行くぞという気持ちで準備してました」。

 今季「鉄腕」と呼ばれた稲尾和久氏のシーズン20連勝超えなど数々の記録を塗り替えた“無敗男”に疲労の心配は無用だった。

 田中は、9回は2死一、三塁のピンチを招くも最後は代打矢野を空振り三振に仕留めた。

 田中は両手を突き上げガッツポーズ。胴上げ投手となった田中の元に選手が歓喜の輪を作った。田中は、ベンチからゆっくりマウンドに歩を進めてきた星野監督とガッチリ握手、熱いハグをかわした。指揮官の体をチームメートとともに仙台の夜空に向かって9度、持ち上げた。心地よかった。

 「このKスタで東北の皆さんの前で胴上げすることができて、本当にうれしかったです」。

 シーズン無敗を誇った田中は第6戦で土をつけられ、ポストシーズンを含めた連勝記録は30でストップした。試合後には、落ち込むことなく悔しさを糧にした。すぐさまツイッターで「次が大事」と前を向いた。この日は星野監督に志願してベンチに入り、リベンジの舞台を待っていた。

 「日本一になったぞ~」。弱小球団と呼ばれた低迷期を乗り越え、ついに頂点に立った。田中の甲高い声は、仙台ファンと選手の胸に響き渡った。

 [2013年11月3日23時29分]



0-26大敗から初の日本一/楽天球団歩み
<コナミ日本シリーズ2013:楽天3-0巨人>◇第7戦◇3日◇Kスタ宮城

 楽天が球団創設9年目で初の日本一を達成した。球団の歩みは以下の通り。

 ◆04年に近鉄とオリックスの統合計画を端緒に、球界再編問題が浮上。選手会のストライキなどを経て、インターネット商取引大手の楽天とIT関連企業のライブドアが新規参入を申請。11月に楽天が承認された。

 楽天は分配ドラフトで近鉄、オリックスの40選手を指名。オリックスへの移籍を拒否した岩隈、礒部、戦力外の山崎武、新人の一場らを加え、田尾安志監督のもと、宮城県を本拠地としてパ・リーグに加盟した。

 1年目(05年)。開幕戦こそ岩隈の好投でロッテに勝利も、翌日の第2戦で0-26の大敗。結局1年目は97敗を喫して勝率2割8分1厘。レギュラーシーズン1位のソフトバンクから51・5ゲーム差、5位日本ハムからも25ゲーム差をつけられぶっちぎりの最下位に終わった。

 2年目(06年)は野村克也監督を迎えたが2年連続の最下位。07年が4位、08年が5位。09年に初のAクラスとなる2位に入りCS進出も日本シリーズ出場はならず。野村監督はこの年で退任。

 10年はブラウン監督を迎えたが再び最下位に。

 11年から星野監督を迎えた。同年は5位。12年は4位。同監督3年目の今季初のリーグ優勝を達成。CSを勝ち抜き、巨人を破り日本一に輝いた。本拠地は仙台市の日本製紙クリネックススタジアム宮城(Kスタ宮城)。三木谷浩史オーナー。

 [2013年11月3日22時21分]



本当におめでとう、楽天。


そして、いい試合を見せてくれてありがとう、巨人。


マー君、大リーグへ行っても活躍してねー。





次は今週末の日本台湾戦もひそかに楽しみ~。ま、今週末はフィギュアスケートのNHK杯と思いっきりかぶりますが・・・

関連記事

ブログを移転しました。新しいブログは下記になります☆
わたしの日常



2013/11/04 07:06 [edit]

category: 日々。

thread: 野球全般 - janre: スポーツ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://30overmylife.blog114.fc2.com/tb.php/1196-e07ed979
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログを移転しました。

プロフィール

検索フォーム

意識して生活したい。

記事カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

リンク

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。