--.

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログを移転しました。新しいブログは下記になります☆
わたしの日常



--/--/-- --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

Thu.

■ソチへ行くのは。  

今週末はCoC(中国杯)ですね~

日本人選手は小塚選手と村上選手、今井選手が出場しますね!個人的にはコストナー選手、ソトニコワ選手がどれほど仕上げてくるのか非常に興味があります。また、李子君選手の仕上がりも!

また、男子は宋楠選手、アモディオ選手などでしょうか。デニス・テン選手も病気を抱えながら出場するようですね!


一方でこれらのGPSを眺めながら、いったい、誰がソチへ行くのか?と非常に興味津々です。個人的に女子は浅田選手、鈴木選手、村上選手でほぼ決まりかな、と思っているのです。安藤選手はちと厳しいだろう、と。

一方、男子がねぇ~非常に混沌としておりますね~。

世界が注目 激戦フィギュア日本代表 お国柄が出る海外サイト、閲覧のすすめ
 フィギュアスケートシーズンの本格スタートとなるグランプリシリーズのうち、スケートアメリカとスケートカナダの2大会が終わった。この2大会に、日本勢は、男子シングル選手は6名、女子シングル選手は2名、アイスダンスは1組登場した。
 ソチ五輪の各国出場枠の最大「3」を持っているものの、その「3」枠では足りない今の日本の男女シングルの状況を海外の人々はどう見ているか、報道やファンたちのフォーラムなどをのぞいてみると……。

海外ファンも注目、日本男子「3枠」の行方
 スケートアメリカの報道では、優勝した町田樹について「staged a dazzling display of jumps, including a flawlessly rendered quadruple toe(完璧に着氷した4回転トウループを含む素晴らしいジャンプを成功させて)」(Washington Post)とジャンプについて絶賛している。そして「高橋大輔と小塚崇彦という実績のある、世界でよく知られた2人に勝ったことが素晴らしい」と評価しているものが多かった。また「高橋がいつものような演技ができなかったのは驚き。彼のトーンは落とされ、情熱的な彼らしさは見られなかった」といった記事もあった。小塚に関しては、去年のスケートアメリカのチャンピオンであることが触れられている。

 先週のスケートカナダでも日本選手たち(羽生結弦、織田信成、無良崇人)は注目されていたものの、自国カナダの選手で世界選手権3連覇中のパトリック・チャンが出場したことから、大きな注目は優勝したチャンに集中した。
 昨シーズンの終わりころから、ファンのフォーラムでは、「日本男子6名のうち、誰がソチに行くのか?」は頻繁に話題に上っている。例えば……。

「ハニュウ、タカハシ、マチダだろう。このうち、ハニュウのみ確定かな」

「タカハシが五輪に行けないなんて考えただけで胸が苦しい。でも、ユヅルとマチダとオダが一番ありえそうかな、いまのところ」

スケートアメリカは4位となった高橋。海外報道では「驚き」との声も
 など、ファンはそれぞれの意見を発表しあっている。静かな人気を博している小塚も、昨シーズンの世界選手権8位の無良も、それぞれ名前を挙げられている。
 そして、日本男子たちが今シーズンをどう戦っていくべきか、グランプリファイナルで日本選手として表彰台の一番上に立てなさそうな状況の選手は全日本に絞ったほうがいいのでは、など、それぞれ意見を出し合っている。
 世界中のファンが、日本男子選手たちの動向に思いをはせながら、「こんなにたくさんの(トップ)選手たちが1国にいるなんて(素晴らしい)!」とか、「日本のスケーターたちは、ほんとすごいすごい! フィギュアスケートに競争と興奮を運んでくれた」と、日本男子選手たちが繰り広げる世界をまるごと愛している。

本物のスター浅田真央 鈴木明子の内面に強い関心
 女子については、グランプリシリーズに浅田真央、鈴木明子の2名しか出場していない現段階では、五輪に出場する3人は誰になるか、という話題はあまりない。海外メディアの注目は、浅田、鈴木のそれぞれのこれまでのストーリーに集中している。

 スケートアメリカについて報じる新聞で「the one truly global superstar at Skate America this weekend is Japan's Mao Asada(今週のスケートアメリカでの本物の国際的なスーパースターは日本の浅田真央)」(NBC Sports)と評された浅田は、前回バンクーバー五輪後の数シーズン、ジャンプを一から時間をかけて見直し、昨シーズンの世界選手権では銅メダルを取るまでに戻ってきたことなど、丁寧に触れられている。アメリカでの大会ではあるが、優勝した浅田は、アメリカ人のアシュリー・ワグナーと同じくらいの記事の量で、好意的に受けとめられている。

 スケートカナダでは優勝したロシアの15歳、ユリア・リプニツカヤに注目が集まったものの、観客の心をとらえた2位の鈴木明子の演技や彼女の内面にも、強い関心が寄せられている。世界中のスケートファンが訪れるサイト『Absolute Skating』には、スケートカナダ開催のタイミングでフィンランディア杯での鈴木のインタビューが掲載されている。
 今シーズンのプログラムや振り付けについてのインタビューを読み、スケートカナダでの叙情的な演技を見たファンたちは、彼女を「mature(円熟した)」スケーターだと呼んでいる。
 村上佳菜子や宮原知子、今井遥については、今週末の中国杯以降の4大会での活躍が待たれる。

おおらかな海外報道に目からうろこ
 海外での報道を見ていて感じるのは、1つの試合で少しミスをしてしまっても、それがすべてではない、というおおらかな雰囲気だ。もちろん、自国選手のことになると熱い論調になり「そんなことまで言ってしまうのか?」と思うような言及もあるが、スケーターの長いシーズンには浮き沈みがあり、それをそれぞれ経験として蓄積して五輪や世界選手権にむかっていく姿を流れとして俯瞰する姿勢をよく見かける。そういう見方もあるのか、と目からうろこが落ちることも少なくない。

 日本でフィギュアスケートが注目されるようになって久しいが、日本選手中心の報道になりがちだ。それは当然なのだが、さらにもう一歩、海外の記者やファンたちが日本選手をどう見ているのか、また、日本選手たちがフィギュアスケートの世界の中でどう捉えられているのか、まで知るようになると、フィギュアスケートの新しい世界がそこにあることに気づく。五輪シーズンの今年は、日本選手たちが海外メディアに取り上げられることも多い。現在は、翻訳サイトという強い味方もある。英語の記事に限らず、アネクドート(ロシアの小話)や不思議な比喩が入ったロシア語インタビューや、これまでなかなか知ることのできなかった中国選手たちの生の声が見られる中国版ツイッター「微博(ウェイボー)」、自国選手や連盟にもキツいフランス紙、日本語訳もよく出ている韓国語の記事など、それぞれの報道に触れながら、各国のお国柄もぜひ楽しみたい。



個人的希望も込めてわたしが選ばれると思っている男子選手は・・・羽生選手、織田選手、小塚選手です。


すみません、高橋選手、町田選手、無良選手のファンの方々。。。でも、現実的には点数的に羽生選手、土壇場に強い高橋選手が鉄壁として、第3の枠を小塚選手、町田選手、織田選手、無良選手で争う形になるのでしょうか。うーん、個人的には小塚選手に是非、勝ってもらいたい!!!


出場選手発表までハラハラドキドキする日を過ごしそうです。









関連記事

ブログを移転しました。新しいブログは下記になります☆
わたしの日常



2013/10/31 19:14 [edit]

category: スポーツ。

thread: 頑張れ!主婦!! - janre: 結婚・家庭生活

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://30overmylife.blog114.fc2.com/tb.php/1189-a1d32d38
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログを移転しました。

プロフィール

検索フォーム

意識して生活したい。

記事カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

リンク

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。