--.

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログを移転しました。新しいブログは下記になります☆
わたしの日常



--/--/-- --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

Tue.

■それにしても。  

親戚づきあいは疲れます。

身内のお通夜、お葬式は何度も参列しており、そのたびに会う顔ぶれも同じです。

その事実に疲れます。


わたしは元々、こういうフォーマルな場が苦手なほうです。まぁ、得意な人もそうそういないと思いますが。

何よりも親戚同士の会話に疲れます。



そして、子供がいないこと。



こういった場では、その事実を突きつけられる場面が多々あります。

傷つく、傷つかない、という以前にその事実になんだかなぁ、と思います。一方で子供がいることの大変さも目の当たりにします。

どちらに転んでも人生は喜びも苦しみも悲しみもある。



そして、死は悲しいことではない、苦しいことではない、むしろ、解放なのか、とも思いました。

今まで色々な通夜・葬式に参列しましたが、そのことを初めて思いました。



発言小町で下記のトピを拝見しました。


50~60代で旅立てたらいいなと思います


わたしも同じことを思います。勝手なことを思いますが。


関連記事

ブログを移転しました。新しいブログは下記になります☆
わたしの日常



2013/10/22 10:15 [edit]

category: 日々。

thread: 頑張れ!主婦!! - janre: 結婚・家庭生活

tb: 0   cm: 3

コメント

私も好きじゃありません・・・

むしろ嫌いです、親戚づきあい。
特に家内の方の親戚は裕福で家柄もよろしくて。
私の両親とは全く釣り合いません。

最近・・・特に思うようになりました。
何をって?

『朝、起きたら死んでたらどんなに楽で幸せだろう』
いや、死んでいたら起きないのはわかっています。

今まで一生懸命に働いて病気もせず、入院もせず。
ひたすら真面目に納税して。
さぁ、これから年金をいただいて第二の人生を・・・

と、いうときに死んでしまったら損な人生なんでしょうか?
払った分ぐらいは頂かないとね。

こんな愚痴を書いてしまってすみません。
なんだかタイムリーな記事ですたので・・・。

URL | rato #- | 2013/10/23 05:12 | edit

問題があれば削除してね

公開しなくてもいいですよ。

m(__)m

URL | rato #- | 2013/10/23 05:14 | edit

ratoさん

問題は無いので公開しました。
もし、不都合がありましたら連絡ください。削除いたします。

>今まで一生懸命に働いて病気もせず、入院もせず。
>ひたすら真面目に納税して。
>さぁ、これから年金をいただいて第二の人生を・・・

わたしはそれぐらいがいいかなぁ、と思ったりもします。
わたしの老後のころ、年金とかあやふやなものになっていそうですし。。。

人の死に触れると色々と胸をよぎります。
そして、それにつきまとう親戚づきあいにも辟易します。

主人と二人で過ごす生活は繭の中にいるようないかにささやかな幸福であることか、と改めて気付かされます。

URL | snowwhite #- | 2013/10/23 07:19 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://30overmylife.blog114.fc2.com/tb.php/1177-70bebc3b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログを移転しました。

プロフィール

検索フォーム

意識して生活したい。

記事カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

リンク

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。