--.

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログを移転しました。新しいブログは下記になります☆
わたしの日常



--/--/-- --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

Mon.

■映画『ピンポン』視聴。  

ストーリーとか展開とか流れとかまんま王道青春スポコン物、という感じですね。大学時代にこの漫画を読んだ記憶がありますが、どうにも絵柄が受付なかった・・・遠い目。

■百田尚樹著『ボックス!』。に通じるものがありました。





一言。

スマイル、格好良すぎ!!!王道眼鏡男子!!!イケメン、長身!!!でころっっと恋に落ちました。演じるは井浦新さん。

やはり、この顔、好みだな~。大河ドラマ『平清盛』での崇徳院の役に萌えましたが、それに通じる(?)萌えがありました!いいねー眼鏡フェチのわたしにはたまらん!!!あ、ちなみにスマイルのメガネの形は我が旦那と同じ。久しぶりに旦那にも萌えましたことよ。笑

 卓球をこよなく愛し、勝つことに絶対的な自信を持ちながら天真爛漫で気分屋のペコと、“卓球は暇つぶし”と公言するクールなスマイル。二人は幼なじみで、小さい頃から近所にある卓球場、タムラに通っていた。高校生になった二人は共に片瀬高校卓球部に属していたものの練習にはまともに参加しない毎日を送っていた。そんな二人が対戦すると必ずペコが優位に立つ。しかし、日本卓球界の星と期待された過去を持つ卓球部顧問・小泉はスマイルの才能に目を付け、執拗に指導しようとする。しかし、クールが信条のスマイルはそんな小泉の熱血指導を拒絶するのだったが……。
http://info.movies.yahoo.co.jp/detail/tymv/id237383/



yahoo映画のレビューとか拝見しておりますと軒並み絶賛ですね。

http://info.movies.yahoo.co.jp/userreview/tymv/id237383/

結局、話としては卓球の天才、秀才、凡人、それぞれの生き様というか葛藤というかありようというかを比較させた感じの作品になるのでしょうか。

わたしはスマイルを天才、だと思っていましたが、真の天才はペコであり、ドラゴンやチャイナは秀才だったのでしょう。では、スマイルは?

最後まで見たけれど、このスマイルのキャラクターがつかめなかった。「卓球なんか死ぬまでのヒマつぶし」という口。そのつかめなさ、クールさ、無表情、色彩の透明さ、それら全てがスマイルの魅力を際立たせていた。というか、単なる好みだっただけかもしれませんが。


ストーリーは冒頭に書いたように王道的展開。

個人的な願望としては最後、ペコはドラゴンに負けてほしかったかなぁ~。。。わたしは映画でしかストーリーを認識していないのですが、あこは負けてほしかった。そして、決勝でスマイルとドラゴンの戦いを見たかったな~という個人的願望です。天才の挫折が好きなもんで。物語的にはもう挫折した形になっているけれど、もっと挫折させたかったの。←サド。

でも、ああしないと結末に繋がらなかったのでしょう。


あ、余談ですが夏木マリさん演じるおばばを「ヒロシですが」のヒロシかと思った。笑。マジで、へぇ、映画も出ていたのね、とのんきに考えておりました。


何も考えないでスカッとと観るにはピッタリでした!




関連記事

ブログを移転しました。新しいブログは下記になります☆
わたしの日常



2013/09/30 09:35 [edit]

category: 映画。

thread: 映画レビュー - janre: 映画

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://30overmylife.blog114.fc2.com/tb.php/1156-6030dba0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログを移転しました。

プロフィール

検索フォーム

意識して生活したい。

記事カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

リンク

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。