--.

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログを移転しました。新しいブログは下記になります☆
わたしの日常



--/--/-- --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

楽天田中が開幕20連勝 稲尾氏に並んだ
<楽天3-2日本ハム>◇6日◇Kスタ宮城

 もう、誰にも止められない。楽天田中将大投手(24)が日本ハム戦で今季7度目の完投勝利を挙げて開幕20連勝を飾り、「鉄腕」と呼ばれた西鉄(現西武)の稲尾和久が57年にマークした同一シーズン20連勝のプロ野球記録に並んだ。日本ハムの注目ルーキー大谷翔平投手(19)と初の投げ合いで、4回までに2点リードを許したが、味方打線が逆転し、勝利に導いた。08年岩隈(楽天)以来となる20勝投手が誕生した。チームは2連勝で、貯金は今季最多タイの20。優勝マジックを2つ減らし「20」とした。

 最後まで、田中は冷静だった。3-2の9回2死三塁。一打同点のピンチ。日本ハム佐藤に対し、カウント2-2からの5球目だった。154キロが内角ボールでフルカウント。ここで、一息入れた。プレート板を外し、上半身で軽くシャドー投球。「ただ勢いで投げるだけではダメ」とバランスを再確認した。6球目。スプリットは少し高かったが、外に決まって見逃し三振。右の拳を力いっぱい握って喜んだ。

 冷静だったから、流れを取り戻せた。二刀流ルーキー大谷との投げ合いには「何も(意識は)なかった」。いつも通り臨んだが、序盤は制球がやや乱れ、2点リードを許す。球数も4回までに67球と多かった。転機は5回だった。1死から西川に右前打を打たれ「流れが悪かったし、相手もいろいろ考えてきていた。調子に乗らせても面白くない。刺しにいきました」と、一塁に2度けん制した。さらに3度目。素早いターンで、西川を刺した。

 風向きが変わった。その裏、藤田が同点打を放ち、6回に松井が勝ち越しソロ。田中は「先輩たちに引っ張られて、良いリズムになりました」と感謝した。5回から8回までの4イニングでわずか39球。テンポよく投げ、けん制で引き戻した流れを手放さなかった。

 開幕から積み上げた白星は、ついに「20」の大台に達した。高まる一方の注目度に「窮屈さを感じてきているけど、やるのは自分。(不調だった)WBCから始まってこうなるとは、誰も想像しなかったでしょう」と言った。やるべきことをやった結果だった。稲尾氏に並ぶ1シーズン20連勝のとんでもない数字にも「今はいいでしょう」と感慨は見せなかった。

 2年前もそうだった。19勝で沢村賞に輝いた11年。18勝目を挙げた後、首脳陣から2つの選択肢を提示された。中6日の西武戦か、中7日の日本ハム戦。前者なら、19勝目の後、中3日でシーズン最終戦に中継ぎ待機が可能だった。状況に応じて、20勝目を取らせようというベンチの親心。だが、田中は後者を選んだ。19勝目を挙げ、自身のシーズンを終えた。「そこまで無理してというのはなかった。(20勝に挑む気は)全くなかった」と振り返った。

 記録のための記録に興味はない。お立ち台では「本当に欲しいものは優勝です。そこに向かって1つ1つ頑張っていきます」と声を張り上げた。記録よりも、ファンを喜ばせるものを知っている。球団史上最多2万2316人が集まったKスタ宮城で、心から誓った。【古川真弥】

 ▼田中が開幕から20連勝、昨年8月26日日本ハム戦からの連勝は24に伸ばした。1シーズンで20連勝は57年7月18日大映戦~10月1日毎日戦の稲尾(西鉄)に並ぶ記録となり、シーズン連勝、開幕連勝、シーズンをまたいだ連勝と、プロ野球の連勝記録すべてに名前を残した。20勝を記録したのは08年岩隈(楽天=21勝4敗)以来だが、田中は登板23試合目で20勝0敗。これまで20勝到達時に敗戦数が少ないのは58年金田(国鉄)の2敗で、登板数が少ないのは37年春沢村(巨人)の24試合目(20勝3敗)。0敗(20連勝)だけでなく、登板23試合で20勝も沢村を抜く最速記録となった。

 ◆大リーグの連勝記録はいずれも殿堂入りしたジャイアンツ勢が記録。シーズン連勝「19」は1888年にキーフ、1912年のマーカードは開幕から記録。2シーズンにまたがる連勝記録「24」は、ハッベルが36~37年にかけてマークした。



すんばらしーーーーー!

すごいね、マー君。

個人的にはいつか途切れるっしょ。ぐらいな目で見ていましたが、全く途切れる気配なし。すみません、すみません、疑ってすみません。最終的にどこまでいくのかしら?このまま負け無し、防御率1点台を保ったらすごいなぁ、とマジで思う。今後、これ以上の成績をあげるピッチャーがあらわれるだろうか?

マー君のピッチングもすごいけれど、彼の勝利のために野手がものすごーく努力しているんだろうな、とも思う。すごい、すごい、今年の楽天の勝利のうち3分の1弱をひとりで稼ぎ出しているのか・・・もはや何もいうことはない、何もいえない。そのまま俺様ロードを突っ走ってくらはれ。

ピッチャーとしてマー君はそれほど好みではないのですが、強いのはやはりこういうタイプなんだろうな、と改めて実感しました。


それにしても、今年の野球は見事に以下の様相を呈していますね。


 セリーグ 打高投低
 パリーグ 投高打低



参考URL 日本野球機構オフィシャルサイト http://bis.npb.or.jp/2013/stats/

で、阪神ファンのわたしは能見が投げるたびにグチグチ文句を言っていましたが、こうやって成績でみると能見はセリーグでは善戦しているんだよなぁ~とシミジミしました。次回からは少し褒めることにしよう。だって、能見ってわたしが見ているとき、いつも負けるんだもん・・・クスン。



おまけみたいになってしまいますが、代打の神様、檜山が引退ニュースにちょっとホロリと。そんなに好きな選手じゃなかったけれど、わたしが一番阪神タイガースに熱中していた頃、イチオー中軸選手だったからなぁ~しみじみ。

もう今の選手は顔と名前が一致しない・・・il||li(つд-。)il||li


サッカーも好きだけれど、野球は子供の頃から馴染んでいたからなぁ、もう日常生活の一部みたいな感じ。

熱心にチェックすることはないけれど、たまーにチェックして、一喜一憂する感じでしょうか。昔は一試合ごと、いや、一マウンドごと、一回ごと、1球ごとに一喜一憂していたけれど、そういう情熱はもう枯れちゃいました。


まぁともあれ、今年の野球界最大のニュースはマー君の記録がどこまで伸びるか、どういう形で終わるか、ということに尽きますね!



関連記事

ブログを移転しました。新しいブログは下記になります☆
わたしの日常



2013/09/07 11:09 [edit]

category: 日々。

thread: 頑張れ!主婦!! - janre: 結婚・家庭生活

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://30overmylife.blog114.fc2.com/tb.php/1135-683ff71b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログを移転しました。

プロフィール

検索フォーム

意識して生活したい。

記事カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

リンク

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。