--.

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログを移転しました。新しいブログは下記になります☆
わたしの日常



--/--/-- --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

Sat.

■百田尚樹著『ボックス!』。  

※ネタバレあります。



20130823_ボックス!



いやー、雨が降り、ジメジメしてる中、すかーっとするわぁ。

アホでおちゃらけだが天才的ボクシングセンスを持つ鏑矢義平。
彼の所属する恵比寿高校ボクシング部に幼なじみでいじめられっ子だった木樽優紀が入部した。
特進コースで成績トップクラスの木樽の入部は周囲を驚かせる。
木樽には強くなりたい理由があった。

大阪の下町を舞台に二人の少年の成長と挫折を感動的に画き出し
全国の読者を感動の渦に巻き込んだ傑作青春小説、待望の文庫化!!


書店で立ち読みをして、「おもろいなぁ」と思い、購入。結果、楽しみました、泣きました、笑いました、すかーっとしました。青春ってええなぁ~なんて思うたわ。

自分が運動部で燃える子やあらへんかったから、こういう青春・・・少しずつ少しずつ、自分を鍛え、自分の成長を変化を楽しむ過程って経験したことがあらへん。そやさかい、なんや、キラキラ眩しい世界やわぁ~となんや羨ましくて一気に読んでしもたわ。。

個人的な好みでいうと、木樽くんが好きやわぁ。

優等生に弱いねん、うち。

鏑矢くんみたいなちょっとアホでテンション高い子はかなんなぁ・・・ごめんねぇ、鏑矢くん。



と頑張って関西弁を使って文章を書いてみましたが、難しいもんですね。苦笑。

日常生活ではバリバリ関西弁やのになぁ~関西弁を文章にするって難しいわぁなんて思いました。


と、本の感想。

超ストレートな青春群像物、という感じでした。いやもうストレートな分かりやすい青春物。キラキラ青春。

でも、予想外なところもあり、ちょっと悲しかったような、嬉しかったような・・・

個人的には鏑矢くんには無敵の男でいてほしかった。最後まで木樽くんの憧れの強い、強い男でいると思っていた。無冠の帝王かぁ~

でも、鏑矢くんは負けて、挫折して、逃げて、最後に向き合った。喧嘩というか戦いというかスポーツのエリートみたいなオトコだったからより切なさと格好良さが際立ったなぁ。鏑矢くんはええオトコや、と思う。でも、個人的には木樽くんが好き、みたいな。

ちょっとオチが木樽くんに都合よすぎ、というか、あんた、格好良すぎるやろ!みたいな終わり方でしたが、それも読後の爽快感を強めたかな。それが青春小説だよね~となんだかシミジミしました。

それにしても稲村、強すぎーーー怖いーーー

楽しい本でした。



また、個人的には奈良育ち、大学は大阪、というわたしには超馴染み深い地名がわんさかわんさかでそのあたりも楽しめました。

ちなみにわたし、ボクシングの試合はテレビでやっていたら見る程度です。個人的にボクシングはスポーツだと思って楽しんでいます。弟も昔、ボクシングをやっていました。


【amazon】
ボックス! 上
ボックス! 下
【楽天】
ボックス!(上巻) [ 百田尚樹 ]
ボックス!(下巻) [ 百田尚樹 ]



関連記事

ブログを移転しました。新しいブログは下記になります☆
わたしの日常



2013/08/24 21:04 [edit]

category: 読書。

thread: 読んだ本。 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://30overmylife.blog114.fc2.com/tb.php/1121-718a3f31
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログを移転しました。

プロフィール

検索フォーム

意識して生活したい。

記事カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

リンク

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。