--.

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログを移転しました。新しいブログは下記になります☆
わたしの日常



--/--/-- --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

Thu.

■気になるのは。  

■弟が彼女を連れてきた。


そして、その弟はやはり結婚するそう。おめでとう、と一言告げる。そして、会う約束をする。カラン、と彼女の胸の中で何かが倒れる音が聞こえた気がする。


カラン、カラン・・・


と。



先日、久しぶりに従兄弟の話を聞いた。

わたしの数多のイトコは二人を残して皆、既婚である。そして、皆、もうそれなりに距離のある付き合いでしかない。彼らの両親とやり取りをしても、イトコたちとは年賀状のやり取りもしない。


まだ独身として残っている二人のイトコ。二人とも男。1人は20代後半、もう1人は30代半ば。

彼らは揃って親に溺愛され、名門私立高校に通い、そして、1人は国立大学へ、1人は私学へ進学した。そのあたりまでは記憶があるし、わたしも彼らと会っていた。

が、その後・・・この20代後半のイトコはまだいい。

まー彼は未だに相当にフラフラしているが、イチオー働いた実績もあるし、彼女もいる(らしい)。なんていうか永遠のモラトリアムを気取るようなオトコだ。彼とわたしは性格が似ている。そう思っていることは内緒。わたしも彼もクラゲ要素満載なのだろう。ちょっと笑える。


問題は30代半ばのイトコだ。

彼は・・・どうしているのだろう。本当に幼い頃の笑顔の彼しか記憶にない。丸顔の素直そうな少年だった。祖父の葬式で久しぶりに出会った彼はヒョロリと背ばかり伸びた色白の少年だった。それが最後の記憶。その後、彼は私立大学に進学した。そして、就職をしなかった。

そのあたりが少し曖昧。

わたしも仕事が忙しい時期でイトコのことなどさして興味がなかった。ただ噂はもれ聞こえてくる。よいのかよくないのか分からない噂。

どうしちゃったんだろうね、彼。

と、妙に胸の中に棘が刺さっている。でも、わたしがどうこう言うことではない。




わたしは友人の弟をこのイトコたち程度には知っている。

メールをもらったとき、思ったことは。


そっか、あの弟くんが結婚・・・



なんだかこうやって人との繋がりはできて、ほどけ、そして、うっすらとまた繋がり、ほどけを繰り返すのだろう、と思った。




関連記事

ブログを移転しました。新しいブログは下記になります☆
わたしの日常



2013/07/11 10:38 [edit]

category: 女友達。

thread: 頑張れ!主婦!! - janre: 結婚・家庭生活

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://30overmylife.blog114.fc2.com/tb.php/1086-feb384a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログを移転しました。

プロフィール

検索フォーム

意識して生活したい。

記事カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

リンク

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。