--.

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログを移転しました。新しいブログは下記になります☆
わたしの日常



--/--/-- --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --
シャンプーとリンスは基本的に石鹸とクエン酸(お酢)でした。

母がそうだったのではっきりとしているのは物心ついた頃からずーっとそう。で、色気づいた頃にたまにヴィダルサスーン(高校の頃とかね)とかアミノ酸シャンプーに手を出したりしていました。でも、ベースはずっと石鹸とクエン酸。


TAMANOHADA SHAMPOO


で、今回は今更ながらにしてノンシリコン系に手を出してみようと思いました。

かなり衝動的。





香りは強烈でクラクラ。

商品説明によると・・・

004GARDENIA-官能的な甘さを持ちながらも、毅然とした印象のクチナシの花の香り。



とのこと。

そう、クチナシの香りだから甘いだろうと予想はしていたけれど、想像以上の香りの強さだった。

わたしの髪の毛からは基本的に石鹸とお酢の香りしかしない(笑)。それに慣れている主人はビックリするかも。いきなり嫁の髪からこんな香りがすると。そう思うとちょっと笑える。


これがもしよかったらしばらくこのシリーズを使ってみたい。


だって、なんだか女心を刺激する香りなんですもの。



本家サイトはこちら http://www.tamanohada.co.jp/



関連記事
スポンサーサイト

ブログを移転しました。新しいブログは下記になります☆
わたしの日常



2013/07/29 11:33 [edit]

category: 美容。

thread: 頑張れ!主婦!! - janre: 結婚・家庭生活

tb: 0   cm: 0

Sun.

■信じられない。  

我が母校が県代表として甲子園へ出場することになりました!


奈良県はずーっと智弁学園、天理、郡山が夏の甲子園出場をしていて、それが当たり前だと思っていました。

わたしの母校が甲子園へ行く日がくるなんて夢のそのまた夢でしかありませんでした。

というかわたしが生きている間にそんなことあるかなぁ~ぐらいの感覚でした。

元女子高だったし、今も女子のほうが多いだろうし(多分)。


が、今年はなんだか順調にきているなーと眺めていました。

準々決勝あたりから、「お、準決勝に行けるかな?」「決勝に行けるかな?」ぐらいの淡い期待を抱いておりましたが、よもやのよもや・・・泣いちゃいました。


試合を見ていても落ち着かなかったなぁ~


ああ、今年の高校野球は久しぶりに燃えそうです。

関連記事

ブログを移転しました。新しいブログは下記になります☆
わたしの日常



2013/07/28 16:15 [edit]

category: 日々。

thread: 頑張れ!主婦!! - janre: 結婚・家庭生活

tb: 0   cm: 0
書店で雑誌を立ち読み。

なかなか興味深い言葉だけを仕入れてきました。


まずはガラケー女子、ガラケー男子。かくいうわたしもガラケー女子、いえ、ガラケー主婦。

で、ガラケー女子・ガラケー男子とは・・・


スマホ女子はかわいくない?男性がガラケー女子に萌える理由5選
ガラケー男子はなぜ、こんなにモテるのか?


らしいです。ま、これは若い子限定でしょうが。笑。確かに10代、20代とかではガラケーの子は少ないのかもしれませんね。アラフォー世代のわたしの周囲でもほぼスマホになっておりますwww

今日、読んでいた記事では逆にスマホを持たないガラケー+タブレットPC派についての記事で色々と興味深く眺めました。うまく使いこなしたいです。今、悩んでいるのはガラケーを通話とメールオンリーにしてしまい、タブレットPCにモバイルルーターとかつけたほうがいいのかな~なんて悩んでいるところです。そうしても通信料が現在の携帯電話代とあんまり変わらない気がするし。。。

最近、思うことはタブレットPCに慣れてしまうと今度は逆にスマホのあの小さい画面に我慢できないなぁ~なんてこと。下手したら、わたしは今後、スマホユーザーにならないのかもしれませんね。



もうひとつ、心引かれたのは、デジタルデトックスなる言葉。

ああ、重度のネットオラク状況である、今のわたしには必要なシチュエーション・・・・・

スマホ断ちで気分一新 「デジタルデトックス」に注目
ネット依存から脱し、自分の時間に集中

■病院のネット依存外来に月30人が来院

 シマンテックの2012年の調査によれば、日本人のインターネット利用者は1週間に平均49時間をネットに費やす。1日7時間、スマホやパソコンを見ている計算。特にスマホの普及で交流サイト(SNS)、ツイッターなど、デジタル空間で他人とつながる機会は一段と増えた。便利である一方、つながりを確認することが強迫観念になってしまう場合もある。心理的に「一人きり」「二人きり」になれないといった弊害だ。

 インターネット依存専門外来を昨年開設した久里浜医療センター(神奈川県横須賀市)には月に30人ほど来院する。健康がすぐれない、会社に行かなくなったなど過度のネット利用で生活に支障をきたした人たちだ。うち6割がゲーム漬け。SNS依存は1~2割を占める。樋口進院長は「パソコンの場合は部屋から出なくなるなど自覚しやすいが、移動中も利用できるスマホではネット依存なのか判断がつきにくい」と指摘する。



デジタル・デトックス、あなたは何日(何時間)できそう?
電車の中であたりを見渡せば、ほとんどの人がスマートフォンや携帯ゲーム機を覗き込んでいるようなこのご時世、「デジタル・デトックス」という気になる言葉が。これはパソコンや携帯電話などの画面から離れる時間を意識的に設けようというもの。実際にやってみると、思っていた以上にネット中毒だった自分の生活が見えてきました。

「1週間で笑顔や目の輝きが増した」と聞いて

最初は人から聞いた話でした。アメリカやカナダで、デジタル・デトックスというムーブメントがある。インターネットの利用を控えて、散歩やキャンプなどを楽しむ。バーチャルではなくリアルな世界で過ごす。これを1週間実施した小学校で、子供たちの笑顔や目の輝きが増したというのです。

「なるほどなあ」と思いました。モニターをじっと見つめるのではなく、体を動かし、人と語らい、五感をフルに刺激して過ごしたほうが、生き生きとした表情になるだろうなあという「なるほど」。柔軟性の高い子供には、変化が大きく表れるだろうなあという「なるほど」。そして正直なところ、大人は仕事でネットやメールが必要な人が多いから1週間も離れていられないだろうけれど、子供が学校で取り組むなら、実現できるかもしれないなあという「なるほど」もありました。

そして、この話を聞いてすぐに連想したのがマンガ『ママはテンパリスト』のワンシーン。公園で遊んでいるときに、ダンゴ虫が苦手なお母さんに、息子のごっちゃんが「ママ けーたいみてて!ねっ」と言うのです。

わが家の1歳9か月の娘も、夜の寝かしつけのときに、私が携帯電話を充電器から外して寝室に入るのをすっかり覚えてしまいました。早く寝ようよと言う代わりに、携帯を指さすのです。娘の目に、携帯の画面を覗き込む自分の姿はどう映っているのでしょうか。

仕事や育児関係の調べもので必要なときもあるけれど、急ぎでもないものをダラダラと見ている時間のほうが多かったかもしれません。一度、後者の「ダラダラ」の時間をきっぱりと切り捨ててみてはどうだろうかと思いました。

そこで、4月第1週、携帯電話を機種変更すると同時に、自分なりの「デジタル・デトックス週間」を実行することにしました。


ちょっと明日からノート型PC、タブレットPC、ガラケーなどとの付き合い方を見直してみようと思いました。

そして、週末にはガラケーもタブレットPCも持ち歩かない日を設けよう、と。

関連記事

ブログを移転しました。新しいブログは下記になります☆
わたしの日常



2013/07/22 16:29 [edit]

category: PC。

thread: 頑張れ!主婦!! - janre: 結婚・家庭生活

tb: 0   cm: 4

ブログを移転しました。

プロフィール

検索フォーム

意識して生活したい。

記事カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

リンク

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。