--.

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログを移転しました。新しいブログは下記になります☆
わたしの日常



--/--/-- --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --
今日は友人とランチをしました。

議題は友人の仕事の愚痴。

いえ、仕事の愚痴というよりも職場における人間関係の愚痴、といったほうが正しいでしょうか。

彼女の話を聞きながら背筋が凍る思いを抱きました。そして、「女の世界は面倒くさいね」となんだか遠い目をしてしまいました。



同じ職場の同僚に。


同じ職場の同僚に仕事の愚痴をこぼしたら・・・想像がつくかと思いますが、その愚痴の内容に尾ひれをつけられて職場内に広げられました。

それはもう見事なほど、唖然とするほどの手際の見事さだった様子。反論をする、ということすら考える余地がなかったとのこと。

その結果、周囲の人が彼女を見る目が日ごとに変わっていくのを感じた様子。想像するに彼女の人格を貶めるような内容として広がったのでしょう。


「呆然と・・・ただ茫然と」


そう言う彼女は、そう、久しぶりに会った彼女は少し面変わりをしていました。職場におけるストレス故に白髪が増え、加えて、過食に走り、体重が増えてしまった、とのこと。そう、確かにわたしが怯むほど面変わりをしていました。

彼女は強い女性です。男勝りの勝気なサバサバとした性格もあいまり、わたしの想像では職場ではある種の怖い存在としていると思います。

その彼女が。

でも、生活のために働かないといけない、と悲壮感を漂わせていました。

それらを愚痴と笑い話にくるみながら、二人でしんみりと話し合いました。その結果、わたしが告げたアドバイス。


「仕事の愚痴は職場の人にするなかれ」


これはわたしが働いていた頃、自らに戒めていた教訓。



派遣社員として。


派遣社員として複数の会社を渡り歩いたわたしが自らに戒めた教訓。

派遣社員という外様という立場であることを常に自覚するように自らに言い聞かせていました。正社員の方の愚痴を聞き頷くことはあっても、わたしは正社員の方に愚痴をこぼすことを意図的に避けました。立場が異なると思っていたからだ、と思います。それゆえに愚痴の本質も異なる、と。

そして、派遣社員であるわたしは自分を一時的な存在である、と認識をしていました。それゆえの、外様であるがゆえの気楽さを享受するためには「正社員と同じように考えない」と。その割り切りが今、思うと非常に楽でした。


が、遡って考えてみると・・・正社員時代はその境目がやや緩かったかもしれません。

それゆえの面倒くさいもめごと(?)とかを経て、そういう風に考えるようになったんだよなぁ・・・シミジミ。


20140421_オフィス


派遣社員として働く人には上記のような考えをする人は少なくないと思います。


職場の人とはひたすらあたりさわりなく、穏やかに表面的な会話に終始する。それが一番無難だと思いますわ・・・遠い目。

そして、仕事の愚痴は同じ職場の人ではなく、家族や友人にとどめておくべきだと思います。もしくは徹底して匿名のところで。間違ってもFacebookはアウト。笑


そんなことを思いながら二人でランチを過ごしました。


スポンサーサイト

ブログを移転しました。新しいブログは下記になります☆
わたしの日常



2014/04/22 09:43 [edit]

category: 仕事。

thread: 頑張れ!主婦!! - janre: 結婚・家庭生活

tb: 0   cm: 0
さて、個人的にはじめた2月のノー外食月。

ようやく20日目に到達しましたが、特に問題もなく続けられています。


■2月はノー外食月にしようと思う。
■ノー外食月5日目、今のところ順調。
■ノー外食月9日目、今朝の夢が・・・心って恐ろしい(?)。
■ノー外食月15日目、まだまだ大丈夫。


友人との外食も何とかスルーでき、またお付き合いの外食もありません(寂しいけれどorz)。完璧なノー外食です。ここまでくると、このままどこまで外食を我慢できるかやってみたくなりました。

意識するとできるじゃん!と自分で自分をほめたい気分です。

20130205_お茶漬け

まだ、お茶漬けのお世話にはなっておりませんことよwww




ノー外食で得られたこと。


毎日、食べたいものは何か?ということを真剣に考えるようになりました。

意外でした。

そして、そのことによってわたしが作る料理にバラエティが若干でてきました。

思えば、主婦業になれてしまい、毎日のご飯づくりもなんだかルーティン化していたことを実感します。それがこのノー外食によって、外食できない=外食で食べたいものは?=それって作れるの?で自分に課す料理の種類が嫌でも増えました。これはよかったこと。

写真は勘弁してね。わたし、盛り付けのセンスがあんまりないので。



そして、気づいたこと。


いかに無意識にご飯、お味噌汁、煮物、魚(たまーに肉)と作り、そしてたまに外食でガッツリコテコテの揚げ物系やパスタ系、ラーメン系、イタリアン系に走っていたことか、と愕然としました。食事ワンパターン、外食で変化をつけるが習慣になっていました。

そこで考えなおしました。


ベースは・・・

 ご飯 お味噌汁、煮物、魚

で文句がないと思うの。それにプラスして、シチューやカレー、オムレツ、麻婆豆腐、から揚げ、パスタ、ハンバーグなどのガッツリ系と申しますか洋食系も意識して取り入れようと思いました。

そうすればおのずと外食への欲求も減っていくでしょう。



そして、楽しく美味しく外食を。


そして、いつ来るのかわからない外食予定を楽しみにしています。

希望としては4月のわたしの誕生日に主人と二人で美味しい外食をしたいな、と思っています。

それまで妄想にひたるもよし、欲望にひたるもよし。

ウキウキとしてきました。








ブログを移転しました。新しいブログは下記になります☆
わたしの日常



2014/02/20 12:33 [edit]

category: 仕事。

thread: 頑張れ!主婦!! - janre: 結婚・家庭生活

tb: 0   cm: 0
最近、派遣会社からの電話はことごとく避けていますが、先日、うっかりととってしまいました。

そこで紹介されたお仕事。

詳細は避けますが、ある条件、その一点のみが光り輝いており、それ以外は「・・・」という内容でした。今までなら時給を聞いた時点でにべもなく断る話です。

が、その一点の条件の職場で今まで働いた経験がなく、ちょっと憧れのような気持で話を聞いておりました。しかし、主人はその一点が「どうなのか?」と。「俺は逆に不安になるね」と。

確かに・・・言われてみればそうだわ。怖いこともあるかもしれない。

グラグラ。

でも、最近、引きこもりがちだし、これも出掛けるきっかけと思い、エントリーしたら、社内選考に通り、顔合わせに来てくれ、という話になりました。でも、あくまでも外出の口実に顔合わせをするだけで、肝心の仕事そのものはわたしは断る気満々でした。

派遣会社のコーディネーターにも断言をしていました。「断りますよ、多分。それでもいいんですね?」と。派遣会社のコーディネーターは「それでもいい」と断言。こりゃ、よっぽど他に紹介できる人員がおらず、切羽詰っているのね、と思っていました。

とはいえ、営業には話が通っていないんだろうな・・・と思っていたら、案の定、通っておらず。。。ま、いいけれど、でそれなりに熱心に質問をもし、働きたいです、残業OKアピールもしておきました。あくまでも派遣会社のために。

で、お断りしました。


正直に書くとぐらつきました。その一点の条件はわたしにとってとても魅力的でした。そういう職場で働きたいと思っていましたが、なかなかめぐり合うことなく叶いませんでした。それがここにきてのめぐり合い。なので、とりあえず顔合わせだけでも。すっごーく魅力的だったら働けばいい、とはちょこっとだけ思っていました。でもねー、主人の言うことがある意味、「尤も」で、それを励みにお断りしました。


しかし、敵(派遣会社の営業・コーディネーター)もさるもの。

手をかえ、品をかえ、説得を何度も重ねてきます。さすがはプロ。こうやって数多の派遣社員を就業させているのね!と勉強になりました。それを断る勇気が出たことが今回の大きな収穫でしょうか。不安を感じたまま働いてもねー・・・


実は今まで顔合わせをして仕事を断ったのは1度だけ。

この1度はどう考えてもこの職場では働けません、すみません、という話でした。顔合わせで絶句しちゃったもの・・・で、断ったら、派遣会社の態度がガラリと変わり、急に冷たくなり、それがちょっと想像を絶するほどの冷たさでした。

で、小心者のわたしにはそのことがトラウマになっていました。

以来、派遣会社との良好な関係のためにも、顔合わせをする=わたしは断らない(断れない)、という方程式がわたしの中で出来上がっていました。というか、そうでないとダメだ、と思い込んでいました。いや、頭の中では顔合わせをして、気に入らないところがあれば断っちゃっていいんだよーと理解はしていたつもりです(いや、派遣会社的には嬉しくないだろうけれど・・・)。

でも、その一度が大きなトラウマになっておったわけですよ・・・奥さん。



が、今回は断れたよ!



派遣会社との仲は壊れたかもしれませんが(いや、コーディネーターはまたいい話があれば、と至って友好的でしたがw)・・・断れた己の勇気にカンパイ。うだうだとここがちょっと・・・と言うよりも、はっきりと「断るために電話をかけた。就業する気はない」と告げると、向こうも説得を諦めてくれました。よかった・・・話の分かる人で。


しかし、顔合わせ後に断るのはしんどいですね・・・

やはり、顔合わせ前にすべてをきちんと確認しておく必要があと認識しました。



ブログを移転しました。新しいブログは下記になります☆
わたしの日常



2013/12/06 15:02 [edit]

category: 仕事。

thread: 頑張れ!主婦!! - janre: 結婚・家庭生活

tb: 0   cm: 0

ブログを移転しました。

プロフィール

検索フォーム

意識して生活したい。

記事カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

リンク

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。