投稿をすっかりと忘れておりました。

今年の2月にLow Fat Kitchen MADRE(マドレ)さんにランチへ行きました☆

20130506_マドレ5

ちょっと記憶が超怪しいのですが、578年創業で世界最古の企業としてギネスブックにも登録されている(ハズ)の金剛組の近くにありました。もちろん、四天王寺の近くになります。

20130506_マドレ2

20130506_マドレ3

店内は可愛いインテリアで飾られていました。わたしが入店したときはお客さんがゼロでしたが、帰る頃には2人ほど待っておられたように記憶しています。

20130506_マドレ1

メニューです。多分、本日の日替わりの内容がイマイチ気に入らなかったのだと思います・・・汗。

なので、黒ごま坦々麺を注文しました。

20130506_マドレ4

味は普通に美味しかったと思います。ぴりっと辛さもあり、好みの味付けでした。意外とヘビーでどっしりときました!そして食べ終わった後、汗が止まらなかった~汗。

機会があればまた訪問をさせてもらいたいと思います♪


ちなみに店名にも採用されているLow Fatの意味はマドレさんのHPより以下に引用させていただきます。

マドレさんのHP http://madre.main.jp/
マドレが提案するのは菜食主義のような極端なものではなく、「無理なくローファット」な食生活。 いつもは油っこいお料理を油脂量だけ減らして味はそのままに。 玄米ごはんやたっぷりの野菜と組み合わせて身体に優しいバランスごはんに仕上げました。




Low Fat Kitchen MADRE

昼総合点★★★☆☆ 3.5



関連ランキング:カフェ・喫茶(その他) | 四天王寺前夕陽ケ丘駅恵美須町駅天王寺駅


ブログを移転しました。新しいブログは下記になります☆
わたしの日常



2013/05/06 06:31 [edit]

category: 大阪。

thread: 大阪 - janre: 地域情報

tb: 0   cm: 0
ベトナム料理、『puttu』でランチ。

店内のインテリアは可愛い感じ。レジ・厨房前に売り物の雑貨も並べられていました。どれもキッチュで可愛い雰囲気でしたよ~。

入って右手にソファー席。

201302puttu1.jpg

左手にテーブル席が並んでいました。わたしが訪問したとき、そのテーブル席にいかにも近所のマダーム達が楽しそうに談笑されていました。この日のランチはわたしとこのマダームだけだったのかも・・・もっとお客さんが入ってもいいと思うんだけれどね。

201302puttu2.jpg

店内のインテリアはベトナムチック。ベトナムの雑貨は可愛いよね☆

201302puttu3.jpg

注文したのは「野菜たっぷりベトナムのつけ麺 ブンチャー」。

説明文に「自家製豚のつくね入りのタレに、揚げ春巻き、レタス、香草、ビーフン、錦糸たまご、レモン等をつけていただきます。別添えのフライドオニオンをお好みで入れてください。」と書かれています。

201302puttu4.jpg

このビーフンがなかったのか、代わりに豚肉の何か(すみません、忘れました)に変えてもよろしいですか?とのことで「いいですよ~」と軽く答えました。結論として大変美味しかったように思います。

201302puttu5.jpg

スープに一緒に運ばれてきた野菜をがーっと全部、放り込みました。そして、麺も。

一口、口に入れた瞬間。

意外でした。

意外な味でした。確かにエスニック調の味。でもなんだか想像していた味よりもスパイシーであっさり、それでいてしっかりとした味付け。うまくいえないのですが、舌に感じる初めの刺激、そして、喉を通る刺激が微妙に異なります。美味しいです!想像以上に美味しかったです!

201302puttu6.jpg

この団子も美味しかったな~

201302puttu7.jpg

機会があればまた訪問したい味でした。

あ、そうそう、店員さんも店長さんもいい感じの風合いをかもし出していました。なんだかエスニック調というか、レゲエ調というか。お店の雰囲気と綺麗にマッチしていました。




関連ランキング:アジア・エスニック料理(その他) | 四天王寺前夕陽ケ丘駅大阪上本町駅谷町九丁目駅



ブログを移転しました。新しいブログは下記になります☆
わたしの日常



2013/02/24 10:44 [edit]

category: 大阪。

thread: 近畿地方(滋賀・京都・大阪・兵庫・奈良・和歌山)の各府県の駅前路線情報 - janre: 地域情報

tb: 0   cm: 0
昨日、大阪市立自然史博物館へ行ってきました!

お目当ては恐竜!恐竜!!

そんなに好きと言うわけではないけれど、久しぶりに博物館へ行きたくて。なんだか燃えましたよ~激しく!

発掘!モンゴル恐竜化石展 看板

入場料1,100円(ちなみに割り引きに関して最下段に記しています☆)を支払って一歩足を踏み入れると・・・

そこはなんだかドキドキする空間でした。

こんなんとか・・・

発掘!モンゴル恐竜化石展 恐竜4

こんなんとか・・・

発掘!モンゴル恐竜化石展 恐竜2

こんなんとか・・・

発掘!モンゴル恐竜化石展 恐竜1

こんなんとか・・・

発掘!モンゴル恐竜化石展 恐竜3

がゾロゾロ。


話は変わりますが、わたし、恐竜って爬虫類の一種だと思っていました。←汗

が、主人によるとどっちかというと鳥なんですね!鳥というか恐竜から分岐進化したのが鳥類なんですね。知らなかった~大腿骨を見ろ!見ろ!としつこいほどに訓示をいただきました・・・ありがと・・・

恐竜の二足歩行形態は、現在では子孫の鳥類へと受け継がれている。しかし、祖先と異なる点としては、尾が短縮したことで重心が前方へと移ったため、大腿骨がほぼ身体に対して水平に保持されていることである。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%81%90%E7%AB%9C


わたし、生物が苦手だったのよ・・・物理のほうが得意だったのよ・・・ブツブツ

ま、ともあれ、実際に化石を見ると改めて恐竜の大きさにハッとさせられました。また、恐竜の化石に触れることもできました!ツルツルでした~笑。

そして想像以上の化石の保存ぶり!綺麗に残るものは残っているんですね、何万年も。感動的ですらありました。

モンゴル産の実物化石を多数展示!
モンゴル・ゴビ砂漠。1920年代に、アメリカの調査隊が恐竜の卵の化石を発見したことから、世界でも有数の恐竜産地として知られるようになりました。その後も続々と、世界を驚嘆させる化石が発見されてきました。
1992年に日本とモンゴルの研究機関による共同調査が始まり、今年で20年が経ちます。その間にも、ほぼ全身の骨が保存された子どものタルボサウルス、巣の中で化石になった15体のプロトケラトプスの赤ちゃん化石、恐竜で初めて尾羽のつく尾端骨がみつかったノミンジアなどの発見が続いています。
今回展示する標本は、日本とモンゴルの共同調査隊が発掘した標本をはじめ、ほとんどが"実物化石"で、日本初公開のものも多く含みます。細部まできれいに保存されたゴビ砂漠ならではのすばらしい化石は、古生物学者だけでなく、見る人すべてを魅了することでしょう。

会期 2012年11月23日(金・祝)~2013年6月2日(日)

http://www.gobidinosaur.com/





以下は常設展の恐竜。

発掘!モンゴル恐竜化石展 恐竜 常設展

こちらはモンゴル恐竜化石展のチケットがあれば無料で見ることが出来ます☆全体的に「昭和」の香りがプンプンとしていました~。

でも、大阪にこんな恐竜がいたんだ!と妙な発見と感動がありました。大阪に居たということは奈良にもいたんだろうな~と遥かなる古代に思いを寄せることができました。

大阪市立自然史博物館
特別展 発掘!モンゴル恐竜化石展
☆100円割引券はこちら。モノクロで裏面だけの印刷でも余裕でいけましたよ~



ブログを移転しました。新しいブログは下記になります☆
わたしの日常



2013/02/10 21:59 [edit]

category: 大阪。

thread: 水族館・動物園・美術館・博物館など - janre: 地域情報

tb: 0   cm: 0

ブログを移転しました。

プロフィール

検索フォーム

意識して生活したい。

記事カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

リンク

▲Page top